Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

シュトゥトガルト遠藤!今節のベストプレーヤーに選ばれる!! その他複数のメディアでベストイレブンに!

【トランスファーマルクト】

ベストイレブン!
4スコアポイントの遠藤!最多得票でベストイレブンに!


elf-des-23-bundesliga-spieltages-2020-21-1614609477-57779.jpg

シュトゥットガルトは5:1でシャルケに勝利したが、トランスファーマルクトのユーザーはその守備的ミッドフィルダーを選んでいる。遠藤航は、今シーズン2度目の選出となったが、2ゴール2アシストの後で73.3%という最多得票を集めて選ばれている。



スポンサーリンク


さらにドルトムントのジェイドン・サンチョが5度目の選出となっているが、今年に入ってから好調を維持し、2021年のヨーロッパのスコアラーとしてトップ5入りを果たしている。


シュトゥットガルトからはさらにキーパーのグレゴール・コーベル、そしてボルナ・ソーサが選ばれている。


シュトゥットガルトと同じぐらいの選手が選ばれたのはバイエルンだ。バイエルンのレヴァンドフスキーはケルン戦で今シーズン27、28ゴール目を決めて5:1の勝利に貢献している。さらにセルジュ・グナーブリーも4度目の選出、そしてゴレツカが初選出となっている。


それ以外ではライプツィヒのゼルロートがグラートバッハ戦で1ゴール1アシストを決めて選ばれている。またブレーメンからはゴールを決めたゼラシーが、そしてヴォルフスブルクからも得点を決めたラクロワが選ばれている。




【ビルト】

ビルトベストイレブン

・カスティールス(ヴォルフスブルク)
・ラクロワ(ヴォルフスブルク)
・ハウウェレーフ(アウグスブルク)
・ケンプ(シュトゥットガルト)
遠藤(シュトゥットガルト)
・ゴレツカ(バイエルン)
・ダフード(BVB)
・グナーブリー(バイエルン)
・ヘラー(フライブルク)
・レヴァンドフスキー(バイエルン)
・ゼルロート(ライプツィヒ)




【キッカー】

キッカーベストイレブン

・コーベル(シュトゥットガルト)
・ゼラシー(ブレーメン)
・ジャン(BVB)
・ラクロワ(ヴォルフスブルク)
・ソーサ(シュトゥットガルト)
・遠藤(シュトゥットガルト)
・ゴレツカ(バイエルン)
・ヘラー(フライブルク)
・サンチョ(BVB)
・レヴァンドフスキー(バイエルン)
・ゼルロート(ライプツィヒ)


ベストプレーヤー


遠藤航

センターバック、サイドバック、6番だろうが、これらのポジションの選手が新聞の見出しを賑わすことはあまりない。

これらのポジションは攻撃の選手の後ろで統率をもたらすべく、騎士でさえも輝く鎧よりも鎖帷子を身に着けなければならないのだ。遠藤航はまさにこの典型的な例だ。ボールの扱いは安定しており、技術も戦術にも優れている。信頼出来てさらにチームプレーができるのだ。彼のような継続性を発揮している選手はあまりいない。

シャルケ戦でこのシュトゥットガルトの副キャプテンは2ゴール2アシストを決めている。しかしこの日本代表選手またしてもそのショーを奪われてしまっている。今回はストライカーではなく、力強いプレーをみせたキーパーのグレゴール・コーベルに。





以上です。

遠藤選手が3つのメディアでベストイレブンに選ばれていましたが、キッカーでベストプレーヤーに選ばれましたね。これは本当にすごいですね。これからもできるだけフル出場を継続してほしいですね。

[ 2021/03/02 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。