ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ御意見番マテウス、香川らファンタスティック4好調の理由に言及!!《ドイツの反応》



前回の記事で、スポーツビルトのファンタスティック4の特集記事を取り上げられましたが、実は続きがあります。
スポーツビルトにはドイツのサッカー界のご意見番ロータ・マテウスがコラムを掲載しているのですが、今回はBVBのファンタスティック4に関するものとなっておりました。その中では当然香川選手にも触れられています。彼のコラムを翻訳して紹介します。






ローター・マテウス(54才)
1990ワールド・カップ優勝時のドイツ代表キャプテン。代表150試合出場は歴代記録。バイエルンとインテルミランでリーグ優勝。UEFAカップ優勝。現在スカイ解説者。

entry_img_585.jpg


ドルトムントはトゥヘルの下で再び真のバイエルンハンターになるだろう!!


ボルシア・ドルトムントが生まれ変わったのは僕にとっては全然驚きではない。昨シーズンの前半戦は本当に壊滅的で、本来チームを牽引すべき選手たちの何人かは力を出せなかった。例えばギュンドガンやロイスの負傷だったり、フンメルスや他のワールド・カップ優勝者は、優勝の栄光の後で状態が低下してしまっていた。

でも今のBVBを見てみると、そんなのはほとんど全然見当たらない。もう結論を出しても良いだろう:クロップとのお別れは分別のある決断だった。関係はもうすり減るところまできてしまったんだ(注:限界まできてしまっていた)。それに対して、ドルトムントはトーマス・トゥヘルという監督を見つけ、彼は周りにも良く適合した。彼は選手たちとオープンな話し合いをし、そして選手の以前の力強さを呼び戻したんだ。



スポンサーリンク



僕はここでゲッツェ作用について話したい。
彼を見れば一目瞭然だが、彼が監督の信頼を得た時、いかに彼が花開くかが見て取れる。彼のドイツ代表でのパフォーマンスとバイエルンでのパフォーマンスの違いはもの凄く大きい。なぜなら彼が代表ではレーヴ監督の信頼を得ているからだ。


こうした現象は、ドルトムントでは香川真司とヘンリク・ミキタリアンに見ることができる。トゥヘルはこの二人に手を差し伸べ、うまく行かなかった時でも手助けし、保護したんだ。彼らは二人共繊細な選手だ。そして彼らには正にこうした対応が必要なんだ。そして:彼らはそれから大きな利益を得ているね。今はプレッシャーは少なくなっている。昨シーズンのドルトムントは弱々しかっただけに、今後のドルトムントにはポジティブな面で驚かされることになるだろう。

entry_img_529.jpg



香川とミキタリアンはオバメヤン、ロイスと素晴らしい攻撃クワルテットを形成している。彼らを語る際に区別しなければならないのは、ミキタリアン、ロイス、そして香川が素晴らしいテクニックを有した選手であるのに対して、オバメヤンはその点で少し劣っている点だ。僕は彼らの役割の違いをこう表現してみようと思う。

まず大きな戦術理解力を持った3人の魔法使いがいて、その前でパスを有効に活かす特急電車だ。そしてそれはすごく良く機能している。もちろんそれは彼らに自由が許されているからでもある。彼らは決まったパターンに無理やり押し込まれること無く、常にポジションチェンジをしている。

その前提となるのは、選手たちが規律をしっかり守ることだ。ゴールする事だけでなく守備の事もいつも頭に入れて置かなければならない。そしてドルトムントは今の所うまくやっている。


entry_img_530.jpg



チームのフィットネス状態は昨シーズンと比べて良い状態にあるようだね。最近ではドルトムントの選手の食生活についての記事が頻繁に見られたけど(注:フンメルス、豆乳ダイエットを語る①)、現在のスポーツ選手にとって健康な食事は本当に不可欠だ。僕の前の世代の選手たちは試合の前にシュヴァイネ・ハクセ(注:豚のすね肉、南ドイツの郷土料理)を食べていたし、僕達はベアルネーズソースをかけたステーキを食べていた。でも今のスター選手達にはこんな事は許されないね。理想的な回復と、フィットネス状態の管理にチームも沢山投資しており、専門家が働いている。そしてドルトムントではその効果が現れている。このような条件が整ってのみ、オッズBK戦での3点差をひっくり返すことができるような、完全なチームの士気を保つことができるんだ。


僕は今シーズンの予想ではドルトムントを3位だと予想していた。BVBは今シーズンは本当に優勝争いをするだろうね。ヴォルフスブルクと共にバイエルンハンターだ。今シーズン本当に頂点に到達するかって?まず、ドルトムントのプランはより成長し安定しなければならないね。でもバイエルンは要注意だ。トゥヘルのBVBを覚悟して(注:計算に入れて)置かなければならないね。

20150816064024220.jpg






以上です。


マテウスは結構辛口で、正にサッカー界のご意見番といった感じです。現在スカイの解説者として良く番組に出ています。

現在スカイの解説者はベッケンバウアー、マテウス、シュテファン・エッフェンベルクなどがいますが、皆素晴らしい実績の人達ばかりですね。無料テレビ局のARDではメメット・ショル、ZDFではオリバー・カーン、RTLではイェンス・レーマンが解説しています。


こういう選手が試合後にプレーを解説している所にドイツのサッカーの歴史を感じますね。辛口の時も結構多いですが、自分も選手だっただけに、ミスに対する批判には結構慎重だったりします。その状況で自分だったらできたかな?というように考えて発言していように感じられますね。


ローター・マテウスのコラムはいかがだったでしょうか?ちなみにこのコラムのコーナーは【マテウスがはっきり物申す!】といった感じのタイトルが付いています。


フンメルスのインタビュー

Sport Bildのファンタスティック4の特集記事

も合わせてご覧下さい!

※日本ではビルトとスポーツビルトが一緒のメディアとして扱われることが多いですが本来違う雑誌です。以下に各紙の特徴をまとめておきましたので、興味のある方はご覧ください。

ドイツの新聞・雑誌紹介


※最近当ブログ内の記事や画像がまとめブログに無断転載される事態が相次いでいますが、どのまとめブログにも転載許可は出しておりません。このブログを他の場所で話題にしていただくことは大変嬉しい事ですし大歓迎なのですが、他の掲示板(BVBの掲示板など)で話題にされる場合は、直接画像や記事を貼らず、リンク先を貼る程度に留めていただけると助かります。今後もよろしくお願いします。


【おまけ今日のドイツ】

20150910020125386.jpg

豆乳
管理人が時々買う豆乳です。骨粗しょう症が心配なのでカルシウム入りにしてみました。
DMというドラックストアーに売られています。大変便利なお店でお気に入りです。
フンメルス選手はどのメーカーの豆乳を飲んでいるんでしょうかね?



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/09/10 17:30 ] メディアの反応まとめ | TB(-) | CM(34)
いつもありがとうございます。
マテウスはこの1年ペップ批判してる時だけイキイキしてる印象があるので、失礼ながら真面目に解説するんだ、と正直に思いました。
マテウスとベッケンバウワーって結構感情的なので、公共の電波使って批判してくるのでバイエルンの選手も大変そうですよね。
[ 2015/09/10 17:49 ] [ 編集 ]
マテウスは現役時代に特定のメディアに情報をリークする代わりに自信への否定的な記事を書かせず擁護させてきたという好くない印象がまだぬぐえないですね
[ 2015/09/10 18:07 ] [ 編集 ]
僕はちょっと違う感想だなぁ。トゥヘルの手腕というよりも、昨季ユルゲンクロップに
捧げるべき花道を作ってあげられなかった後悔と自責が、彼に特に目をかけられていた香川とミキタリアンの、今のこのキックスタートのモチベーションを支えてるんじゃないか・・そんな気がします。 
[ 2015/09/10 18:22 ] [ 編集 ]
好調でもいつかは負けるときが来るんだよな

その時はどんな試合になるんだろう
今のドルを見ると全く想像できないw
[ 2015/09/10 18:23 ] [ 編集 ]
No title
マテウスは選手時代から敵を作る言動が目立ちましたからね
ベッケンバウアーがあれだと、マテウスが更に歳をとったらどうなるんでしょう(汗)
ミスに寛容だというのはドイツ人ということを考慮しても意外です
[ 2015/09/10 18:28 ] [ 編集 ]
前の記事もそうですが、このブログはブンデスを取り巻くドイツの雰囲気を伝えようという姿勢が特別で素晴らしいです。
毎日ありがとうございます。
[ 2015/09/10 19:04 ] [ 編集 ]
80年代あたりまでは全日本の選手も試合の前日に験を担いでトンカツ食べてたらしい。
[ 2015/09/10 19:05 ] [ 編集 ]
日本の解説者は元選手を含めてロクなのがいないよね
[ 2015/09/10 19:15 ] [ 編集 ]
批評芸人のセルジオ越後にも聞かせてやりたいです
[ 2015/09/10 19:21 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させていただいてます。

厳しいマテウスがそんなに厳しくない!新鮮です。
あと、ドイツは他のヨーロッパのリーグより「まぁ、様子を見てあげようよ」
が強い気がします。マイスターの国だから育てる感覚が強いのでしょうかね?
[ 2015/09/10 19:28 ] [ 編集 ]
監督業ではイマイチ…どころかサッパリだったし、
あの性格なら「ドイツサッカーのご意見番」はいいポジションなんじゃないかと思います。

>関係はもうすり減るところまできてしまったんだ(注:限界まできてしまっていた)。
わかるなあ、すごくよくわかります。どうしようもないってことってありますよ。
(サッカー以外でもありえる話かと)
たぶんクロップさんも限界を感じていて身を引いたのだろうし、
何某か新しいピースが必要だったところに、後任のトゥヘル監督がハマった感があります。
クロップさんの財産がベースにあるからいいスタートが切れたという発言はトゥヘル監督の本音だろうし、
非常に好感が持てます。


--------------------------------------------------------------------------------

豆乳。
けっこうな量で売られているんですね(意外…)。
これだけあればドイツでも豆乳鍋できますねー☆
[ 2015/09/10 19:47 ] [ 編集 ]
マテウスとビルトだと昔の悪い関係が頭をよぎります(笑)が、別媒体ですもんね。媒体の特色を頭に入れて記事を読まないと誤解してしまうこともあるので、有り難いです
[ 2015/09/10 20:10 ] [ 編集 ]
良い記事の翻訳ありがとうございます。
先入観なしで読むと、中々好感の持てる語り口と分析に感じます。BVBサポーターもこの記事には異論はないと思いますね。ただ期待値がまた一段高くなりそうです。
[ 2015/09/10 20:41 ] [ 編集 ]
クロップも香川とムヒにうまく行かなかった時でも手助けし保護してたと思いますよ
それでなければなかなかゴールもアシストも出来なかった二人をあれだけ試合に出したでしょうか?
最近ドイツ紙がうまくいっているトゥヘル体制を賞賛し、昨シーズン失速したクロップ体制を軽んじている傾向にありますが全てクロップが積み上げてきたものの上にトゥヘルが色づけしただけだとおもいます
特に昨シーズンの前半はマテウスが開幕前から言っていた「インモービレはドルトムントに合わない」発言がそのままになってしまいクロップもFW起用にかなり悩んだと思います
オーバメヤンを最終的にFWに固定したのもクロップでうまくいきだした、そしてそれがトゥヘルに受け継がれている
予想は3位ですか、これだけ褒めるなら1位と言って欲しかったなw
[ 2015/09/10 20:45 ] [ 編集 ]
現地紙の翻訳いつもありがとうございます。
今シーズントゥヘルのドルトムントが好調なのでドイツ紙でも度々取り上げられてますね。
私はトゥヘルではなくクロップが香川を復活させたと思っています。
昨季の後半戦から香川は良くなりましたし、クロップがポカール決勝の前に
「シンジのような才能の持つ選手が、いつまでもその才能を隠していることなどないよ」と言った言葉が印象に残っています。
トゥヘル体制で一番良くなったのは、やはりムヒタリアンですかね。
香川も好調を維持してドルトムントが優勝争いしてほしいです。

[ 2015/09/10 21:27 ] [ 編集 ]
>予想は3位ですか、これだけ褒めるなら1位と言って欲しかったなw

その直後、優勝争いに上方修正してますよ。
[ 2015/09/10 21:37 ] [ 編集 ]
毎試合ベスメンを送り出せてたら昨シーズンだって負けなかったはずだ。今のところロイスのように怪我がちな選手に完全休暇を与えたり、持久力のある選手を見極めてフルで使ったりすることで殆どベスメンを維持することに成功してる。このリズムをハードな日程でも保ち続けられるかが分岐点になってくると思う。オバメ、香川、ヴァイグル辺りが離脱すると一気に崩れそうな気もする。
[ 2015/09/10 22:59 ] [ 編集 ]
クロップ体制自体を軽んじてる人はほぼ皆無でしょう
トゥヘルが取り上げられてるのは長期政権の引き継きを
スムーズにこなした点が大きいでしょう
マンUみたいに迷走するチームになっちゃうとこもありますしね
[ 2015/09/10 23:04 ] [ 編集 ]
打倒バイヤン!
みんな期待してるんだよね
[ 2015/09/10 23:10 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも興味深い記事をありがとうございます!媒体の違いを教えていただいてから、ニュースを見るのが楽しくなりましたよ。フンメルスのように2ヶ月アイスは我慢できないな(笑)
[ 2015/09/10 23:30 ] [ 編集 ]
↑の方にまったく同意です
[ 2015/09/11 00:13 ] [ 編集 ]
※私はトゥヘルではなくクロップが香川を復活させたと思っています。
昨季の後半戦から香川は良くなりましたし、クロップがポカール決勝の前に
「シンジのような才能の持つ選手が、いつまでもその才能を隠していることなどないよ」
と言った言葉が印象に残っています。
トゥヘル体制で一番良くなったのは、やはりムヒタリアンですかね。
香川も好調を維持してドルトムントが優勝争いしてほしいです。

まったく同意です

※毎試合ベスメンを送り出せてたら昨シーズンだって負けなかったはずだ。
今のところロイスのように怪我がちな選手に完全休暇を与えたり、
持久力のある選手を見極めてフルで使ったりすることで
殆どベスメンを維持することに成功してる。
このリズムをハードな日程でも保ち続けられるかが分岐点になってくると思う。
オバメ、香川、ヴァイグル辺りが離脱すると一気に崩れそうな気もする。

早くシャヒンがプレーできる状態になってほしいです

[ 2015/09/11 00:16 ] [ 編集 ]
トゥヘルは、クロップ時代より選手の長所を冷静に分析して役割分担をはっきりさせたって思う
ムヒをより得点だけに集中させ、香川を司令塔に集中させたのがよかったのかな
クロップはモチベーターだから、戦術コーチのブバチよりトゥヘルって感じか
[ 2015/09/11 01:13 ] [ 編集 ]
マテウスが日本選手の事を語ってるだけで胸アツです。
結構、批判されてるようですがベッケンバウアー、マテウスは本当に子供の頃からの憧れだったので、本当に香川って凄いと思いながら感謝すらしてしまいました。
いつも素晴らしい記事を伝えていただきありがとうございます!
明日のハノーファー戦も絶対に勝って首位キープしたいですね!
[ 2015/09/11 06:29 ] [ 編集 ]
今シーズンは、ドルトムントの事を考えるとワクワクする。
[ 2015/09/11 07:59 ] [ 編集 ]
昔香川とゲッツェは二人の魔法使いと呼ばれてましたね。やはり香川は魔法使いなんですね。
[ 2015/09/11 08:31 ] [ 編集 ]
素晴らしい選手を見出してくれたクロップの功績は大きい。トゥヘルが引き継いで上手く選手の特徴を分析してチームを機能させたね。昨季、後半戦盛り返したドル。不調だったミキと香川もクロップが進退をかけて復活させた感じだと思う。ドルは選手としての才能だけではなく、性格も重視するみたいだから、この二人はまさに才能もあり、人間性も評価されていたのでしょうね。この二人が復活すれば、ロイス、オバメを含めてドルはバイエルンさえ脅かす存在になると思ってるからこそ、クロップは辞任という形でチームに劇薬を与え、奮起させたんだと思う。そして戦術にたけてるトゥヘルに任せた。チーム愛があるのに泣けてくる。ヤヌザイもどうなるかわからないけど、ドルにきたからには、ユナイテッドのプライドは捨てて、早くチームに馴染み、チームに貢献して欲しい。
[ 2015/09/11 09:41 ] [ 編集 ]
良い事だけを並べてるけど、DF面はかなりの危機感まだ在りますよね。
層も厚いとは言えないし、このままの良い状態が続くチームだとは思えない。
優勝があるとすれば、香川か誰かが爆発的な成長が欠かせないと思います。
[ 2015/09/11 10:47 ] [ 編集 ]
基本、香川が90分フルに出場というトゥヘルの采配も、結構、いい効果になっているのかもしれませんね。
香川も言っているけど、試合後半の方が自分たちも疲れてくるせよ相手も疲れてくるから守備が甘くなってきてチャンスを作り易い( 香川のプレースタイルだと、特に、そうなのかも )

また、その試合で、ロイスとか、ミキタリアンとか、オバメヤンとかが得点して試合の後半になっていれば、これら3選手がオレがオレがって感じもなくなって、香川としても前に出て得点チャンスを得やすくなってくるとか
[ 2015/09/11 11:02 ] [ 編集 ]
マテウスさんは、先日、ブンデスからプレミアへ選手が流れていることへ警鐘を鳴らすコメントをしていましたね。
そのとき、香川さんを引き合いに出していたので、ちょっと驚き(↓)。
「香川真司はトッププレーヤーとしてドルトムントからユナイテッドに移籍したが、結局は失敗した。代理人たちは、すぐに忘れる。移籍して、預金口座は潤ったかもしれないが、スポーツでは大きな成果とはならない」

ムヒと香川さんは繊細なタイプか…、指揮官からの信頼はたしかに精神面に大きく作用しますもんね。

トゥヘルはたしかにうまくやってくれていて、ムヒと香川さんを共存させてくれているのは大きいですね。
私はムヒ&シンジが無双コンビになってくれやしないかと期待しています。
[ 2015/09/12 02:01 ] [ 編集 ]
記事のレベル、視点が他の翻訳サイトとは一線を画していると思います。
是非このまま現地の生の声を聞けるような記事をお願いします!
[ 2015/09/12 02:08 ] [ 編集 ]
クロップは、選手に対して家族のような気持ちが強すぎて選手を切ることができなかった。
それが出来ないからドルトムントを自分から去っていったのだと思う。
今の監督になってドルトムント色の強い選手が何人かいなくなった。
でも彼らより明らかに今のドルトムントのレベルに合わないGKがELに限り出場している。
彼を切ることができずクロップは相当苦しんだと思う。
今の監督は失点の影響が少ないELに出させて彼自身で気づき判断出来るように配慮しているようだけど、それが出来るタイプではないように思う。

[ 2015/09/12 06:58 ] [ 編集 ]
ここのブログは本当にすばらしくていつもお世話になってます。
骨粗しょう症心配しちゃう管理人かわいいw
[ 2015/09/12 10:21 ] [ 編集 ]
いつも有意義な情報ありがとうございます。
これからも楽しみにしています!
[ 2015/09/12 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。