Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「ウニオンの遠藤はもう一度チャンスをもらえるだろうか?それともこれで終わりだろうか?」独紙

【ベルリナー・クリエール】

遠藤渓太:彼はもう一度チャンスをもらえるだろうか?それとも終わりだろうか?



keita-endo-union-berlin.jpg


ウニオンの遠藤にとっては、前半戦で行われたビーレフェルト戦が最も美しい試合であると同時に最もがっかりする試合となっている。

この日本人が小さなメルヘンを成し遂げたことは素晴らしい。彼は昨年11月に有名な日本代表選手である堂安律に対してプレーし、まるで花火のようなプレーを見せたのだ。開始3分にゴールを決めて、今シーズン最高となる5:0の勝利に貢献している。


スポンサーリンク


その当時は皆、これで彼もチームに適応した。ウニオンは左サイドでダイヤの原石を手に入れた、と考えたものだ。


しかしその喜びは長くは続かなかった。なんと遠藤はたった20分で負傷のために交代する事となったのだ。彼はそれから2試合でメンバー外となったが、それから序列が下がってしまっている。


遠藤がこれまでウニオンで5試合合計75分しかプレーしていない。負傷以降90分間ベンチに座りっぱなしだった試合が9試合もあるのだ。これはこの日本人には少なすぎる。彼はブンデスリーガでブレイクするためにやってきたのだ。しかしチームがブンデスリーガで結果を出す中、遠藤はうまくいっていない。そのためこの夏ローンを終えて横浜に戻る可能性があるのだ。



それに加えて、彼は同じく契約をめぐって戦っているアンディ・ゴジャ、それからマリウス・ビュトラー、そしてレオン・ダジャクとポジション争いをしなけばならない。


しかしこの代表選手(2試合)はもう一度チャンスを得るかもしれない。日曜日にビーレフェルトと対戦するのだ。遠藤はそこで前半戦のビーレフェルトでの結果が決して一発きりのものではなかった事を示すことができるかもしれない。そうなればこれも本当のメルヘンになるだろう。そうなれば圭太のベルリンでの時間もまだEndo(終わり)ではない。





以上です

ベルリンは現在7位と好調を維持していますが、なかなか遠藤選手まで出番が回ってきませんね。再びビーレフェルトと対戦しますが、まずはプレーしてほしいですね。



[ 2021/03/05 08:22 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。