Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ハーラントの2ゴールでリードするもレヴァンドフスキーのハットトリックで逆転負け!

【ビルト】

バイエルン、0:2から4ゴールを決めて逆転!!容赦なし!


leaserg.jpg


世界中がこの二人のストライカーに注目している。


バイエルンは0:2から4点を挙げて、ドルトムントに4:2で勝利している。これによってライプツィヒとの差は2ポイントのままとなっている。

スポンサーリンク


この試合で最も目立った選手は、なんといってもロベルト・レヴァンドフスキーとエーリング・ハーラントだ。


このポーランド人は今シーズン通算、29、30、31ゴール目を決めて、ゲルト・ミュラーが1971/72シーズンに記録した40得点に近づいている。



一方ハーラントは、これまでのブンデスリーガ通算34試合で32ゴールを挙げているのだ。これはクレイジーだ。この数字はレジェンドのウーヴェ・ゼーラー(84歳、32試合で31ゴール)も成し遂げていないのだ。



ハーラント対レヴァンドフスキー。まずはハーラントがリードする。


バイエルンは今シーズン6度の逆転勝ちに成功しているが、これはクラブ記録だ。しかしこの試合ではそれも簡単ではなかった。なぜならドルトムントがものすごい良い出だしを見せたからだ。


開始2分:ダフードがキミッヒからボールを奪うと、ボールがハーラントにあたる。ボールを左足に持ち替えて、勢い良くシュートを放つと、ボアテンにあたってコースが反れ、そのまま1:0となったのだ。


開始9分:ダフードが左サイドで力強い組み立てを見せる。シュルツが走り込みハーラントにパスすると、ハーラントがそれを左足で決めて2:0だ。





しかしこれに対するレヴァンドフスキーのお返しは早かった。


27分:ザネーがシュルツを交わすと中央にいるレヴァンドフスキーにパスを送る。レヴァンドフスキーはジャンを交わして1点を返している。


そしてさらにこのポーランド人は前半中にもう1ゴール決める。43分にダフードがペナルティーエリア内でコマンにファールしてしまったのだ。このPKをレヴァンドフスキーが決めて2:2だ。


後半の立ち上がりは落ち着いたものだった。テルツィチはボアテンのファールで負傷したハーラントを下げる事になったが、その後ボアテンも負傷しマルティネスと交代している。



後半はバイエルンが明らかに優勢で、何度も攻めあがる。そしてそれが報われたのが終了間際だ。


しかしこれにはレヴァンドフスキーは絡んでいなかった。ムニエのミスからゴレツカが14メートの距離からシュートを放ち、それが決まったのだ。これによって今シーズン6度目の逆転勝利が決まっている。


しかしまだこれで終わりではない。デイヴィスが試合終了間際にレヴァンドフスキーにパスを送ると、レヴァンドフスキーが右足でゴール左に決めたのだ。これでストライカー対決の勝負もついた。






以上です。


ハーラントの2ゴールは凄いですが、レヴァンドフスキーがそれをさらに上回りましたね。あと10試合ありますから、もしかしたらゲルト・ミュラーの40ゴールを本当に超える可能性が出てきましたね。






[ 2021/03/07 08:26 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。