ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメル 豆乳ダイエットについて語る②《ドイツの反応》

ドイツ全国紙ヴェルトに関する豆乳ダイエットのインタビューの続きになります。後半はよりスポーツ面での内容となっています。


豆乳ダイエットについて語る①はこちらです。






フンメルス:だから僕は豆乳を飲むんだ!

entry_img_583.jpg

続き


あなたは昨年ワールドカップで優勝しましたね。こうした大成功の後であなたの次なる目標はなんでしょうか?



僕は全てに勝ちたいね。僕らはドルトムントで今シーズン3つのタイトルを獲得する可能性があるし、ドイツ代表としては次の夏にユーロ大会がある。タイトルを獲得するという事の感情を言葉で表すことは出来ないね。またそれを体験したいよ。少なくとも一度は。できればより頻繁にね。


ブンデスリーガではドルトムントが1位ですね。バイエルンがドルトムントハンターになりますか?

スポンサーリンク



僕にとってのブンデスリーガでの目標ははっきりしているよ。1位から3位だ。そしてチャンピオンズリーグに直接出場することだね。それ以外は少なすぎるね。それからポカール優勝も可能性があるし、それに勝つのは本当に素晴らしいものだよ。最近では本当に惜しい所まで行っていたからね。

20150908164811c8f.jpg


新監督のトーマス・トゥヘルはBVBのプレーをどのくらい変えましたか?



何よりも細部まで語られるようになったんだ。もちろんこれからもゲーゲンプレッシングは行いたいし、それが核にはなっているよ。それが2014年まで僕らを強くしていたわけだからね。トレーニングと作戦会議では僕らの監督はボールの扱いに重点を置いているね。今の所僕たちはうまくやっていると思うよ。


トゥヘルはあなたをより良い選手にしましたか?


僕に対する期待は、ユルゲン・クロップと似ているね。トーマス・トゥヘルは僕が昨シーズンの前半にうまく動かなかったことを非難したんだ(注:言語は非難となっているが、批評ぐらいのニュアンス)。戦術面においてもね。そして彼は多くの場面を例としてビデオで示したんだ。そして僕たちは一緒にそれに取り組み、元のレベルまで戻ることが出来たね。最初の5週間彼の下で、僕は自分に期待していることを示すことができたよ。僕の仕事がディフェンスだと言うことをね。僕らの監督は“ゴールを保護する”って言っているんだ。ゴールやアシストはそれが出来てからの話だね。


正直に言ってほしいですが、時々トゥヘルとクロップを比べることがありますか?


比べることは殆ど無いよ。本当だよ!!僕らはドルトムントでは時々過去の事についても話すけど、それは当たり前の事だからね。なにより僕らは素晴らしい経験をしたわけだから。それから基本的には僕は良い内容を伴ったトレーニングをすることができて喜んでいるね。僕らはみんな楽しんでいるし、全力で取り組んでいるよ。それらがサッカーで成功するために必要な2つのことだからね。

entry_img_586.jpg



ワールド・カップ優勝の後の代表ではここ数ヶ月あまり良いパフォーマンスが見られませんでした。優勝時と比べてどのぐらい差がありますか?



まずはワールド・カップ優勝の後で、自分たちを再び見つけるまで時間を必要としたね。フィールド場でもそれ以外でも、序列が変わったりしたし。でも僕たちは今再び高いレベルに戻ったし、良い感覚だよ。



この夏イングランドのクラブは、選手の補強に12億ユーロもお金を使いました。ケヴィン・デ ブルイネはマンチェスター・シティに7500万ユーロで移籍したとされています。こんな金額をきいてくらくらしません?


僕らはきちんと整理しなければならないね。みんな金額がとんでもない事は知っているんだ。本当に信じられないよ。でもドイツのクラブが選手を売って沢山のお金を得ることができるのも事実だね。10年前には7500万ユーロで移籍する選手なんかどこにもいなかった。僕はこうした傾向があと数年は続くと思うよ。そのうちまたある程度バランスの取れたものになるかどうか見てみよう。



あなたは選手として、自分もそのぐらい高いかも?とか思ったりしませんか?次はあなたがそんな値段がつく選手かもしれませんよ?


忘れないでほしいのは、移籍金に関しては僕らにはどうしようもすることができないという事だ。でもいずれにせよ給料も上がっいるよね。僕ら選手も利益を受けることになるかもしれないね。でも明らかなのは代表クラスの選手は、別に移籍しなかったからと言って、引退後に金銭面で困ることはないという事だね。






以上です。

前半の豆乳関連のインタビューに比べると大分インパクトが薄くなってしまったかもしれませんが、良いインタビューだと思いました。

別にイングランドに行ってこれ以上お金を貰わなくても特に困ることはない、というのは本当でしょうね。良い選手にはできれば長くブンデスリーガにとどまってもらいたいですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_5672.jpg

近距離電車の車内
折りたたみテーブルもあり椅子の幅の広くゆったり座れますし、2階建てで見晴らしも良いのでよく使います。これは2級席で1級席は更に座り心地の良いシートで席の間隔が広くなっています。
4,5分の遅刻が頻繁にあるのが玉に瑕です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/09/11 17:30 ] フンメルス  | TB(-) | CM(7)
別に移籍しなかったからと言って、引退後に金銭面で困ることはないという事だね。

この部分いい言葉ですね
普通の金銭感覚からすれば気が遠くなるような給料を受け取っていながらなお、金だけのために移籍する選手を見ると悲しくなります
[ 2015/09/11 18:39 ] [ 編集 ]
プロとして評価されるのは金である事実も否定できないですよね。

[ 2015/09/11 20:55 ] [ 編集 ]
クバといい、フンメルスといい、ドルトムントの選手達は言うことがカッチョよくて泣ける
[ 2015/09/11 22:35 ] [ 編集 ]
これで来季のドル面子がごっそり変わってたらウケるわ
誰も彼も狙われてるからなぁ
[ 2015/09/11 23:31 ] [ 編集 ]
引退後のキャリアを考えるとBVBに残るほうがメリットがあるという考え方もあるでしょう。
彼が15年後にBVBの監督をしていて、お気に入りの選手がゴールを決めたことに喜びすぎて足を滑らせていても私は驚きません。
[ 2015/09/12 00:01 ] [ 編集 ]
金額うんぬんの姿勢はドイツ人だからだろうね
EUの中心って意識はドイツ社会にあるだろうし、そこより生活環境を下げてまで高額を望むのは人生としてどうか?とかさ
[ 2015/09/12 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの完成度が大学教授レベル

ファンタスティック4と同い年とは思えませんw





[ 2015/09/12 12:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。