Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!鎌田のゴールで2位のライプツィヒと引き分ける!!

【ビルト】

ライプツィヒ対フランクフルト 1:1

ライプツィヒ!自力優勝の可能性を手放す!


660x371.jpg

バイエルン・ハンターがついに躓いた。


ライプツィヒはフランクフルトを相手にリードしたが、1:1と連勝をストップさせ、バイエルンと4ポイント差になってしまったのだ。

スポンサーリンク


これが意味する事は、自分達の力でライプツィヒが優勝する事はできないという事だ。ライプツィヒが優勝するためには、バイエルンがポイントを落とす事を期待しなければならないのだ。


ライプツィヒのボス、マルクス・クレーシェはスカイに対して、“現実を受け入れなければならないね。今日は全力を出したと思うし、良いプレーをしたとも思う。大事なのはまずは次の試合で3ポイントを獲得する事だ。”


この結果にはバイエルンが喜んでいる。さらにドルトムントも喜んでいる。アイントラハトはまだチャンピオンズリーグ圏内にいるが、ドルトムントが2ポイント差まで迫ってきているのだ。


フランクフルトのイルサンカーはスカイに対して、“最初の10分は壊滅的だったね。時間が進むにつれて徐々に自信のあるプレーが出来たけれど。1ポイントだけだけど、そのポイントは必要なものだよ。僕たちの目標はすごく高いからね。”と語っている。


ユリアン・ナーゲルスマン監督はリヴァプール戦から5つのポジションで入れ替えてきた。負傷で欠場となったのはアンジェリーノだけだ。アイントラハトのアディ・ヒュッター監督は3つのポジションで入れ替えているが、マルティン・ヒンターエッガーが太ももの負傷のために急遽欠場となっている。


このオーストリア人は今シーズン初めての欠場となっており、試合をスタジアムから観戦している。スタンドではドイツ代表のキーパーコーチ、アンディ・ケプケも観戦していたが、彼はすぐにトラップのプレーを目にする事になる。彼は7分に良いセーブを見せ、さらに14分にはフォルスベルクのシュートを弾いている。その後こぼれ球をオルバンに押し込まれるが、それはオフサイドのため無効となっている。41分にはフォルスベルクのフリーキックをパンチングで防いでいる。


しかし46分にトラップはクライファートのシュートを弾くもそれをフォルスベルクに押し込まれてしまった・・。


しかしアイントラハトもこれに抵抗し、同点に追いつく。シルバが鎌田にパスを送ると、鎌田がそれを決めて1:1としたのだ。グラシも反応したが、失点を防ぐ事はできなかった。



この試合は前半だけで18回のファールと激しいものだったが。ライプツィヒのウパメカノは対人プレーから負傷し交代を余儀なくされている。フランクフルトのユネスは5枚目のイエローカードを貰い、ウニオン戦では欠場となる。

さらにこの試合ではナーゲルスマンが文句を言ってイエローカードを貰っている。




以上です。


フランクフルトは鎌田選手と長谷部選手が先発しましたが、鎌田選手がバイエルン戦に続いて2位のライプツィヒを相手にもゴールしましたね。

結果は同点に終わってしまいましたが、ライプツィヒ相手に1ポイントの獲得は悪くないでしょう。ただブレーメン戦から3戦連続で勝てていないので、次のウニオン戦ではその流れを断ち切って欲しいですね。


[ 2021/03/15 06:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。