Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト監督!鎌田を右サイドで起用も機能せず!自分のせいである事を認める!

【ワンフットボール】


鎌田を実験!ヒュッター!責任は自分にある事を認める!
kamada2261.jpg


アイントラハト・フランクフルトは右サイドで問題を抱えている。アルマミー・トゥレーとエリック・ドゥルムが負傷したことで、アディ・ヒュッター監督はライプツィヒ戦で鎌田大地を右サイドで起用したのだ。しかしこれはうまくいかなかった。

スポンサーリンク


アイントラハトは、これから数試合、右サイドバックのエリック・ドゥルムの起用を諦めなければならない。さらにそのバックアップのアルマミー・トゥレーも今シーズン絶望となっている。

そのためライプツィヒ戦では鎌田大地が、3人、もしくは5人のラインの右サイドでプレーしている。監督はこれが相手を驚かせるためであった事については言及したがらなかったが、その可能性も少しはあったかもしれない。彼はこの結果について、“これは時間帯によってはほとんど機能しなかった。でもそれは私の責任であって、鎌田大地の責任ではないよ。”とこのオーストリア人はサイドで力を発揮できなかった鎌田を擁護している。


基本的にアイントラハトはライプツィヒを相手に中盤のスペースを狭くする事が目的だったようだ。“私は、中央を3人でプレーするように言ったんだ。スペースをなくしたかったんんだ。でも時間帯によってはほとんどうまくいかなかったね。時間帯によってはほとんど右サイドバックなしでプレーする事になり、それをうまくライプツィヒに利用されてしまったよ。“とヒュッターは分析する。


試合の途中からアイメン・バルコクが右サイドに移る事になったが、これからどうなるだろうか?その可能性があるのはティモシ―・チャンドラーかスティーブン・ツーバーだ。鎌田がそこでプレーすることはないだろう。それでもこの日本人はフランクフルトにとって非常に重要な同点ゴールを挙げている。








以上です。

昨日のフランクフルトのフォーメーションは13511みたいな感じになっていましたね。セントラルにローデ、長谷部選手、ソウが3人並ぶという珍しい起用法で、さらにその外側にサイドハーフとして鎌田選手とコスティチがいるような感じでしたが、まあいきなり右サイド起用は意図したようにはいかなかったみたいですね。それでも大事な得点をたたき出したのは凄いですね。次の試合はユネスは出れないようですから、トップ下が濃厚でしょう。

[ 2021/03/15 17:05 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。