Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レヴァークーゼン!ペーター・ボシュ監督を解任!後任はヴォルフ監督!

【ビルト】

レヴァークーゼン、ペーター・ボシュ監督を解任!


rximivfxxdjg7mqxmn0d.jpg


ペーター・ボシュ監督の解任が決まった。


火曜日に予定されていたチームトレーニングはキャンセルされる事となった。本来であれば3日連続でトレーニングする予定だったのだ。


ボシュの後任となるのがハネス・ヴォルフ監督だ。

スポンサーリンク


ルディ・フェラーはこの解任について、“ここ数週間のサッカーにおける成長という点からペーター・ボシュの解任は避けられないという結論に達した。ヘルタ戦に0:3で敗れたが、チームがいつも同じ事を繰り返している事が明らかとなった。同じ過ちを繰り返す事を改善する事が出来なかった。”と話している。


すでにヘルタに敗れた後で、幹部たちは会議を開いたとのことだ。

そしてボシュの解任となった。


このオランダ人は1月に入ってから10敗を喫している。ここリーガ14試合でレヴァークーゼンは3勝8敗3分けと下から3位の成績なのだ。それに加えてポカール、そしてヨーロッパリーグの敗退だ。

しかしそれにはコロナも関係している。チームからは7人も感染者が出ているのだ。


1:0で勝利したグラートバッハ戦では10人も選手が欠けており、4人の右サイドバックが負傷している。リーダ的存在である、キーパー、ラデツキー、ベンダー兄弟、そしてバウムガルトリンガーの離脱により立て直すのが難しくなってしまったのだ。彼らは昨年12月にレヴァークーゼンが首位に立つのに大きく貢献していた。12月19日のバイエルン戦で93分にレヴァンドフスキーに得点される事で首位から陥落してしまったのだ。


フェラーはボシュの後任について、“ハネス・ヴォルフは若い年齢にも関わらず大きなクラブでの経験がある。特にシュトゥットガルトでの昇格は説得に値するものだ。ハネスは徹底的で、攻撃的、魅力的なサッカーをしておりレヴァークーゼンに合っている。”と語っている。


現在レヴァークーゼンはチャンピオンズリーグから7ポイント差の6位に位置している。




以上です。

ボシュが解任となりましたね。前半戦は調子が良かったので、まずは負傷者が帰ってくるまで様子を見ても良さそうな気がしますが・・レヴァークーゼンはここ12年で監督16人も代えていますが、一度もタイトルを獲得していない事で、幹部に疑問を呈する声も上がっていますね。



[ 2021/03/24 16:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。