ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント4連勝!!香川は勝ち越しの起点に!全選手採点と寸評①《ドイツの反応》

本日行われました、ブンデスリーガ第四節。ハノーファー96と対戦したドルトムントは、4:2で勝利しました。早速西ドイツアルゲマイネ新聞より採点と寸評を紹介します。

※今週のレヴィーアスポーツの採点は西ドイツアルゲマイネと同じものとなっています。

※地元紙、などドイツのメディアについて簡単に説明しました。




entry_img_590.jpg

【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ビュルキ 2.5


あまりやる事がなかったが、2点ゴールを決められる事になってしまった。だけど2点とも彼の責任ではない。クロスに対しては注意深く、サネのヘディングも確実に止めた(47.)


ギンター 2.5


ピスチェクとドゥルムが引き続き負傷している。そして本来センターバックであるこの選手は、彼のチャンスを右サイドで物にしようと決心したようである。攻撃においては最近と比べて勇気があり、何度か良いボールを入れた。そして2:1のアシストを決め報われることになった(44)。守備においては前半は何も問題はなかったが、後半に入って前へ行く途中でボールを失い、その少し後で2:2とされてしまった(53)。しかし、67分にフェリペをオウンゴールへと強要し、失敗を帳消しにした。


ソクラテス 3


2:2とされた場面では彼は無人の国にいた。でも彼もギンターがボールをロストする事は予想できなかっただろう。それ以外は守備中央で手堅い出来。




スポンサーリンク



フンメルス 4

このキャプテンはまあ本当は力強いパファーマンスを見せていた。多くのボールを奪い、攻撃も良く組み立てていた。しかし0:1の場面では左サイドに寄るのが速すぎて、横パスを入れられてしまった(15.)。前半終了間際にペナルティーエリア内でプリブのふくらはぎを蹴ったが、幸運なことにPKにはならずにすんだ(42)。後半は何度もひどいミスを犯してしまい、これまでの良い印象を破壊してしまった。プリブのクロスに対して良い位置におらず、ボールの下を素通りしてしまったのだ。そしてゾビエヒがそのプレゼントを感謝して受け取った(53.)



シュメルツァー 3.5


ここ最近のように力強くはなかった。開始7分にはヘディングでオバメヤンの良いチャンスを演出した。その後は突破力がなかった。そして守備においてもミスがなかったわけではない。0:1の場面ではアンドレアセンのアシストを止めることができなかった。


ヴァイグル 3.5

中盤で確実にボールを散らした。そして守備においても必要とされる場面ではきちんとその場にいた。しかし0:1の場面だけは、ゴールをお膳立てした清武のそばにいることなかった(15)。

全体的には今までのような存在感はなく、約一時間で交代した。


ギュンドガン 3


このBVBの演出家は再び、何度か舌鼓を打ちたくなるようなパスや、対角線のパスを見せてくれた。もう少しで3:2となるゴールのアシストをするところだったが、オバメヤンがわずかに外してしまった(65.)。彼も何度かシュートを放ったが、ボールは僅かにゴールをハズレてしまった。時々良いアイデアが浮かぶまで時間をかけすぎていた。



ホーフマン 4


とても熱心で良く走り、何度も彼の良いテクニックを見せていた。例えばフェリペに対してPKをもらった場面などがそうだ(34)。それ以外の場面では彼のプレーには成果が見られなかった。後半に入って彼が右から放ったフリーキックはたった一人の壁にあたった場面がそのことを象徴している(52)。



香川 3


ギュンドガン、ミキタリアンと共に何度か素晴らしいコンビネーションを見せたが、その最後に優柔不断さを見せていた。12分にはペナルティーエリア内で彼に斜めのパスが入ったが、この素晴らしいテクニックの持ち主は、躊躇した後にターンからシュートを放ち外してしまった。良く動き、そこそこの成果を上げた。いずれにせよ3:2の場面の大部分は彼のおかげである。見応えのあるループキックでペナルティーエリア内右にいるギンターにパス(67.)


ミキタリアン 2.5


開始5分にペナルティーエリアの境界線から放ったボレーはコーナーのほうにコロコロ転がっていったが、前半終了間際には、15メートルの距離からゴール外側に直接決めて2:1とした。これは彼の今日の手堅いパフォーマンスに対するご褒美だ。ミキタリアンは左サイドでドルトムントの攻撃陣で最もアクティブな選手だった。

20150913011708a77.jpg

ヤヌザイ 得点なし


ホフマンに代わって出場し何度か良い場面を見せた。しかし自分の力を見せるだけの時間もなかった。



オバメヤン 3.5


7分にはなった彼のヘディングはゴールをそれてしまった。その後は長い間試合から消えていた-彼がペナルティーエリア内でPKのボールを取り上げるまでは(35)。しかし彼が危険性を発揮するまで、また30分近くかかった。ギュンドガンの横パスに対してミリメートル足りなかった(65)。しかし2本目のPKは確実に決めた。






以上です。


まあ今日は先制もされ、さらに同点に追いつかれるなどと、中々ハラハラさせられましたが、終わってみれば4:2と、内容に相応しい結果になりましたね。


ロイスがいなくて心配しましたが、とりあえず勝てて良かったです。香川選手も代表明けでしたが、大きく調子を落とすこともなく、3点目にしっかり絡んで良かったです。

今日はバイエルンが90分に嘘くさいPKをもらって2:1で勝利しましたが、得失点差で今節も首位をキープできました!!

これから別な新聞の寸評も訳したいと思います。

ルーアナハリヒテンの採点と寸評はこちらです。
Spotalの採点と寸評はこちらです。

こちらの記事も合わせて御覧ください。
※ドイツの新聞、雑誌紹介!

※ドイツの採点方法について


【おまけ今日のドイツ】

IMG_7987.jpg

今日ドレスデンの電気屋へ行ったらマリオと子供がゲームをしていました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal 
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

待っていました!早速の更新ありがとうございます!!
やはり代表戦の後は皆んなパフォーマンスが低下しますね。
今日は皆んな少しずつタイミングがずれていてやり辛そうでした。
しかしそんな苦しい中でも勝つのが今季のドルトムント!
香川もシュートが決まっていれば2か1.5の評価だったんでしょうか。
前半、「打て!」と思わず叫んでしまいました(笑)
でも、今季はゴールへの嗅覚も完全に戻ると信じています。
そして香川真司第二章の始まりです(笑)!
[ 2015/09/13 02:56 ] [ 編集 ]
格下相手に特に主力を温存していたわけでもなく危うい試合展開は今後が心配です。
引いて守る相手には動いて周りを使える選手がCFに欲しいところなんですが、オーバメーヤンはそういう選手ではないんですよね。
ロイス不在の間はオバメよりもミキタリアンをCFにしたほうが良いように思う。

フンメルスは疲れていたのかな。
[ 2015/09/13 02:59 ] [ 編集 ]
今日はドルトムント側から見るとフェリペ 1でMOMって感じでしたね(笑)
[ 2015/09/13 03:19 ] [ 編集 ]
本日もお疲れ様です。そしてありがとうございます!
試合の方はハイライトをチェックしたのみで、試合はまた明日じっくり見たいと思っていますが、その限りでの印象ならドルトムントが本当に強いチームになって帰って来たと言う感じですね。
4-2でも1-0でも同じ勝ちですが、やはり得点がたくさん入る試合とは楽しいものです。(笑)
香川選手に関しては今のところ怪我以外は心配することがないぐらい良い感じですかね。
今期のブンデスこそバイエルンの独走(バイエルン嫌いな訳ではないですが)を阻むような展開が見たいです。
[ 2015/09/13 03:20 ] [ 編集 ]
ここまで総得点1のチームが1試合で2点も取ったのに、なんで3点も献上してるんだか(涙)
しかし相対してみると本当にドルトムントは速くて良いチームですね✨
ピスチェクの年齢が心配でしたが、ギンターでも後継できそうですね👍
清武は最後の方だいぶヘトヘトだったので、コンディション戻るのを楽しみにしてます!
[ 2015/09/13 03:35 ] [ 編集 ]
>格下相手に特に主力を温存していたわけでもなく危うい試合展開は今後が心配です。

私も気になりました。CFミキタリアン、どうでしょうね。やってみる価値はあると思います。
そして、ロイスが居ないと前線4人(話題のファンタスティック4)の自由なポジションチェンジが出来ないんだなと、今日改めて思いました。今後もロイスの負傷欠場があると、これは大きな問題だと思います。
システムを変えるか…4141でワントップホフマン(ヤヌザイ)、左ミッキー、香川、ヴァイグル(カストロ)、ギュンドガン、オーバ、かなぁ。
[ 2015/09/13 03:36 ] [ 編集 ]
清武の評価も見たかったな
[ 2015/09/13 03:42 ] [ 編集 ]
フンメルス、ヴァイグルがいまいちでしたね、しかし、それでも勝つことができたので、チームとしてはかなり良くなっているんじゃないでしょうか?
また、トゥヘルの修正能力もかなりのものだと思います。

[ 2015/09/13 04:57 ] [ 編集 ]
バイヤン嘘くさいPKワロタw
[ 2015/09/13 05:12 ] [ 編集 ]
代表の疲れもあるだろうが、やりずらそうと感じたのはトゥヘルが戦術を変えたからだろう
今までよりもっと徹底してサイドを意識し、サイドチェンジやペナルティーエリアの真横から持ち込もうとしていた
代表もあって練習期間が短かったから機能し辛かったんだろう
トゥヘルは頭脳派だから戦術が複雑そうだ
香川に蹴りを入れるくらいご機嫌みたいだけどなw
[ 2015/09/13 05:48 ] [ 編集 ]
最後のマリオw
[ 2015/09/13 10:40 ] [ 編集 ]
香川もキヨもチームになくてはならない存在!今後も目が離せないなぁと思っていたけど、最後の今日のおまけに全部持っていかれた
[ 2015/09/13 10:45 ] [ 編集 ]
マリオなんなのこれ
お仕事なのか趣味なのか
[ 2015/09/13 21:58 ] [ 編集 ]
ドラクエっぽいなあこれ
[ 2015/09/14 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。