Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ代表に暗雲!ユーロ前最後の公式戦で北マケドニアに敗北!

【ビルト】

これは恥ずかしい

北マケドニア相手に恥ずかしい敗戦!


werner11.jpg


あと75日でユーロが始まり、ドイツ代表はワールドカップチャンピオンのフランスと戦う事になるが、そんな姿はとうてい想像できない。


スポンサーリンク


ユーロ前の最後の公式戦、ドイツはFIFAランク65位の北マケドニアに敗れてしまったのだ。デューイスブルクで行われたこの試合は1:2の敗北に終わった。


ドイツ代表はルーマニアに1:0、アイスランドに3:0で勝利したが、それで湧いてきたたかすかな希望も失われてしまった・・・。

これは本当に嘆かわしい・・・。


これはヨアヒム・レーヴ監督にとって、33試合目のワールドカップ予選であり、最後の予選でもあったが、初めて敗北する事となった。


レーヴはこの試合で4バックから3バックに戻すという実験をしているが、これがうまくいかなかった。


45+2分:ゴレツカとゴセンスの連係ミスをついて、バルディがゴラン・パデフにパスを送ると、彼がそれを決めて北マケドニアが先制だ。

ドイツ代表は年老いて見えた。


解説者のウリ・ヘーネスはレーヴ監督の戦術を批判している。“特に必要がないのに、うまくいっていた戦術を変えるのは理解できないね。特に守備において、混乱させることはなかっただろう。”

63分にはギュンドガンがPKを決めて同点とし、希望が出てきたが、86分に来たマケドニアのエルマスが決めて敗北が決まった。


2019年11月以来プレーしたテア・ステーガンは2度とも失点を眺めるだけだった。


ギュンドガン:“このような相手にこのような敗戦は合ってはならない。”


レーヴ:“落胆は本当に大きいね。疲れて見えたよ。”



ではこれからどうなるだろうか?監督に対する議論が再び起こるだろうか?彼はユーロで良い結果を出して、良いお別れをすることができるだろうか?


この結果で利を得たのが、クロース、ミュラー、フンメルスの3人だ。彼らは出場していなかった。

レーヴはミュラーとフンメルスを呼び戻さなければならないだろう。またクロースも重要だ。

ユーロまで75日しかない。






以上です。


ドイツ代表が北マケドニアに敗れた事で、レーヴ監督に対する批判が大きくなっていますね。しかしこれでミュラー、フンメルス、ボアテンを除外して結局結果が出ていませんから、この辺もこれから大きな話題となるでしょう。





[ 2021/04/01 17:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。