Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【CL】ドルトムント!マンチェスター・シティに1:2で敗れる!

【ビルト】


ドルトムント!同点に追いつくも、終盤に失点!


ドルトムントのファンはこれを信じることはできないだろう・・。

bilde2ega.jpg


ドルトムントはマンチェスター・シティを相手に良いパフォーマンスを発揮していた。


試合前はいったい何点差で敗れるかが話題となっていたぐらいだ。しかしドルトムントは試合終了間際に失点して敗れる事となった。

フォーデンがアディショナルタイムにゴールを2:1となる挙げたのだ。


ロイスは試合度DAZNにおいて、“終了間際の失点は本当に不要な物だった。たった2秒注意を怠っただけだった。戦術的には良い試合だった。”と語っている。

スポンサーリンク


キャプテンのロイスが83分に同点となるゴールを挙げていた。ドルトムントは週末にフランクフルトに敗れており、これで解き放たれると見られるところだったのだ。


ドルトムントはグアルディオラのチームに対して良い計画を立てていた。そして7分にはべリンガム、そして48分にはハーラントがチャンスを得たのだ。


来週のセカンドレグでの希望はハーラントがこれまでチャンピオンズリーグでどのクラブ相手にもゴールしてきたことだろう。これが意味する事は次の試合でゴールすると言う事だ。


ファーストレグでは残念ながら足りなかった。ドルトムントがミスをしたためだ。


19分にエムレ・ジャンがセンターラインでパスミスをする。そこからデ・ブルイネ経由で戻ってきたボールを彼自身が決めて1:0としたのだ。


解説者のサンドロ・ヴァーグナーは“このようなチームにはたった一つのミスで十分だ。”と語っている。




そしてドルトムントには運もなかった。シティーのキーパーに対してべリンガムの方が速くボールに触ったが、審判がファールとして笛を吹いて止めている。そのボールはゴールに入らなかったために、ビデオ審判が介入する事もなかった・・。





以上です。


もう少しで引き分けになるところでしたが、ドルトムントとしては残念ですね。来週はハーラントの活躍に期待したいですね。
[ 2021/04/07 06:17 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。