Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!鎌田の1ゴール1アシストで3位ヴォルフスブルクに勝利!!

【ビルト】

アイントラハト対ヴォルフスブルク 4:3

kamda22098.jpg


これはまさにチャンピオンズリーグに相応しい試合だった。

フランクフルトがこの素晴らしい試合においてヴォルフスブルクに4:3で勝利したのだ。フランクフルトは28試合が終わった段階で53ポイントを獲得しており、来シーズンのチャンピオンズリーグがほぼ確実になっている。

スポンサーリンク


まずは順番に見ていこう。試合は開始6分にヴォルフスブルクがバクのゴールで先制するが、その79秒後にドゥルムのアシストから鎌田が決めて1:1としている。さらに28分にはシルバのアシストからヨヴィッチが得点し逆転に成功している。



しかし彼がチームメートとゴールを祝っている最中に、トゥタが手でヨヴィッチの顔を額から顎にかけて撫でている。


これは謎だ。


実はここ数か月ヨヴィッチ、コスティチ、そしてシルバが得点するとこのような場面がみられている。しかしすべての得点場面でこれが行われるわけではない。フランクフルトの選手たちはビルトの質問に対して、この謎の答えを明かそうとはしなかった。


さらに54分にはシルバが得点を挙げると、61分にはドゥルムが4:2となるゴールを挙げている。


これでフランクフルトはチャンピオンズリーグがかなり近づいてきた。クラブ史上初のチャンピオンズリーグとなるかもしれない。


一方ヴォルフスブルクがは46分にヴェークホルストがシーズン18得点目を決めて2:2に追いついている。そして85分にはフィリップのゴール(公式にはトゥタのオウンゴール)で一点差になるもののそれ以上にはならなかった。





以上です。


鎌田選手が1点を返すゴールをあげ、さらにシルバの得点をアシストしました。これで鎌田選手はブンデスリーガ26試合に出場して5ゴール13アシストと、スコアポイント18になりましたね。


残り6試合ありますから、スコアポイント20の達成が近づいてきました。実際これだけ得点に絡む活躍をしたのは香川選手と岡崎選手以来ですね。


そして3位のヴォルフスブルクに1ポイント差まで迫りましたが、本当にチャンピオンズリーグ出場が見えてきましたね。長谷部選手が来シーズンチャンピオンズリーグに出たら、クラブの歴史に残るレジェンドになりますね。

[ 2021/04/11 03:28 ] 鎌田 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。