Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バルサ、デンベレ!「トゥヘルがいたらドルトムントを去らなかっただろう・・・」

【スポーツビルト】


元ドルトムントスター



Dembele22254.jpg


デンベレ:ドルトムントから去らなかっただろう・・。


もし、そうなっていたら、どうなっていただろうか・・。


ドルトムントのファン達は2017年以来この質問を何度もした事だろう。よりはっきりと言うと、もしトーマス・トゥヘル監督が監督のままだったらどうなっていただろうか?


スポンサーリンク


トゥヘルはバス襲撃事件の後で、クラブの幹部との関係を悪化させ、ポカール優勝の後でクラブを去る事となった。その後でクラブで最も重要な選手であったウスマン・デンベレがバルセロナに移籍している。


デンベレは“Beinsports”のインタビューにおいて、“もし彼が残っていたら、ドルトムントを去るのはすごく難しかっただろうね。僕はそうしていなかったと思うよ。”と語っている。


現在チェルシーの監督を務めるトゥヘルに対して、デンベレは今でも尊敬している。“トゥヘルは僕が一番好きな監督だよ。彼の下では右サイドでプレーする事が多かったね。その後では10番や中央になる事が多くなってけれど。”とデンベレは語る。


デンベレはバルサに移籍して4年目を迎えたが、いずれにせよ度重なる負傷により、スーパースターへのブレイクを果たしていない。


レアル・マドリッドに1:2で敗れた後でバルセロナは現在3位に位置している。レアルとは1ポイント差だ。チャンピオンズリーグではバルセロナはPSGに敗れ敗退している。




以上です。


トゥヘルは本当にいろいろありましたが、最後にタイトルを取れたのはやはり大きいですね。香川選手もその試合では先発として出場したわけですが、まあいろいろあったとは言え、トゥヘルが残っていたらどうなっていたか想像したファンも決して少なくはないと思います。


まあ監督交代というのはサッカーには付き物ですが、キャリアにおいてはこうした監督交代のタイミングというのもすごく重要ですね。


[ 2021/04/12 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。