Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

鎌田がベストイレブンに!独紙も絶賛!

【ビルトベストイレブン】

kamada028411.jpg

フェアマン(シャルケ)
ボアテン(バイエルン)
オルバン(ライプツィヒ)
ライナー(グラートバッハ)
クナウフ(ドルトムント)
ベティウス(マインツ)
アンドリッチ(ウニオン)
鎌田(アイントラハト)
ヨヴィッチ(アイントラハト)
ゼルロート(ライプツィヒ)
シルヴァ(アイントラハト)


スポンサーリンク


【ビルト】

ヨヴィッチ爆発と鎌田ガラ!!



彼らのプレーは絶賛に相応しい。


“彼は本当にすごかったね。私にとっては彼がベストプレーヤーだよ。”とアディ・ヒュッター監督はマジック・プレーメーカーの鎌田大地を絶賛している。



そしてフレディ・ボビッチは“彼はすばらしいパフォーマンスを発揮した。”とルカ・ヨヴィッチを称える。


彼らはアンドレ・シルバと共にヴォルフスブルク戦での4:3の勝利における鍵となっていた。



この日本人(ビルト採点1)のプレーはほぼ完ぺきに近いものだった。彼が長い走りでプレーを操り、それと同時に安定感のボール捌き、そして完璧なタイミングでチームメートへのパス等、彼のプレーはほぼ完ぺきだったのだ。さらにアンドレ・シルバの3:2のアシストにつながる場面などは闘志に溢れたものだった。そして彼がビハインドの状態から責任を担い1:1となるゴールを決める様子は素晴らしかった。


鎌田はこれまでの5ゴールすべてを大きなクラブ相手に決めている(ドルトムント、バイエルン、ライプツィヒ、当時1位だったホッフェンハイム、そしてヴォルフスブルクだ。)。

ヒュッター:“もしかしたらこのような試合ではモチベーションが数パーセント上かもしれないね。”



さらにこの試合ではヨヴィッチ(採点2)がシーズン終盤に間に合うプレーを見せている。“彼はちょっと調子を落としていたけれど、これは計画の内だよ。我々は彼が後ろから我々を助けてくれると常に言っていたからね。”とボビッチは語る。

さらにヒュッターも“これで私の考えが正しかったかどうかと言う事はどうでもよいよ。我々はダブル10番でも成功していたからね。これから大事な時期になるけれど、ルカはここ最近よりプレーをしているね。”と語っている。


ヨヴィッチがようやく爆発し、鎌田を待っているのはグラートバッハとの試合だ。


 


以上です。


鎌田選手がゴールを挙げた相手が、バイエルン、ドルトムント、ライプツィヒ、ヴォルフスブルクというのは凄いですね。昨シーズンはアーセナル戦でも得点して話題になりましたが、次のグラートバッハ戦も期待しています。

[ 2021/04/12 17:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。