Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン!PSGに勝利もチャンピオンズリーグ敗退!!監督交代の可能性も?

【ビルト】

バイエルン!PSGに勝利も準決勝進出ならず!監督交代か?

bazbazooir.jpg

最終点はパリになった・・・


昨シーズン優勝のバイエルンはチャンピオンズリーグで敗退する事が決まった。準々決勝のセカンドレグにおいてバイエルンはパリに1:0で勝利したが、ファーストレグで2:3で敗れていたために敗退が決まったのだ。


スポンサーリンク


バイエルンはこの試合で負けなかったが、敗者として去る事になるパリは昨年決勝のリベンジを果たしている。


これでバイエルンで興味があるテーマは監督の去就と言う事になった。


今週中にも幹部のオリバー・カーンはフリックと会うつもりだとされている。議題となるのはドイツ代表監督の仕事、そしてSDサリハミジッチとの衝突だ。



フリックは試合前にサリハミジッチとの関係について、“もちろん意見の違いはあるけれど、彼は彼の仕事をし、私は私の仕事をしている。”と語っている。



では試合に移ろう。


パリはネイマール、ムバッペ、そしてディ・マリアと素晴らしいプレーを見せて試合に臨む。しかしそれでもゴールには至らない。


バイエルンはファーストレグで敗れているにも関わらず、その時のように攻撃的ではなかった。そして1点では足りなかった・・・。


序盤はあまり見せ場がなかったが25分からそれが変わる。


27分にはネイマールがノイアーに敗れるも、37分と30分にはゴールポストとバー直撃のシュートを放つ。バイエルンにとっては冷や汗ものだ・・・

しかし点を入れたのはバイエルンだ。


40分にミュラーのアシストからアラバがシュートすると、そのこぼれ球をシュポモティンが決めたのだ。このレヴァンドフスキーの代わりはチャンピオンズリーグ3試合連続でゴールを決めている。



82分にはチャンピオンズリーグ準決勝に近づくチャンスがあったがザネーがそれを外している。


バイエルンは1:0で勝利したが敗退が決まった・・・。




以上です。

やはり2戦ともレヴァンドフスキーの不在が響きましたね。代わりのシュポモティンは得点していますから、責めることはできないでしょうが、相手ディフェンスからしたらこの違いは大きいでしょう。

バイエルンはSDと監督の不仲が噂されており、フリック監督の去就に注目が集まっています。

[ 2021/04/14 16:54 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。