ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB4:2と逆転勝利!香川は勝ち越しの起点に!BVB全選手寸評と採点②!《ドイツの反応》

さて今度は地元紙ルーア・ナッハリヒテンの寸評になります。


西ドイツアルゲマイネ新聞の寸評はこちらです。
Spotalの寸評採点はこちらです。





【ルーア・ナッハリヒテン】

2015091304291900e.jpg


ビュルキ 2.0

ドルトムントの確かな支え。空中戦ではほとんど勝利した。両失点ともに彼の責任ではない。


ギンター 2.5

この21歳は右サイドにおいて真の選択オプションとして成長している。2得点をアシストしたが、いずれにせよ2:2の前は良くなかった。


ソクラテス 3.0

このギリシア人による基本的には手堅いパフォーマンス。一対一では闘士むき出しで、組み立てにおいても確実だった。


スポンサーリンク




フンメルス 4.0

対人勝率が87%だったにもかからず、ハノーファー戦でもっとも良くなかったボルッセ。2つの失点に直接関与してしまった。組み立てにおけるパスの殆どは対戦相手に渡るか、ラインを割るかのどちらかだった。


シュメルツァー 3.5



最近のようには力強くはなかった。ここ最近ではもっとも弱々しい出来。ミキタリアンと左サイドで良い連携を見せた。



ヴァイグル 3.5

中盤でいくらかの不要なファール。それ以外は手堅い出来だった。何度かとても精度の高い対角線上のパスを見せた。


ギュンドガン 3.0


光と影のあるパフォーマンス。何度も自陣深くからボールを受け取った。(注:組み立てにおいて深い位置まで下がった、という意味だと思われるが、表現がやや曖昧。)


ホーフマン 3.5

負傷したロイスの代役。しかしそのチャンスは限定的にしか活かされなかった。1:1となるPKを獲得した。


20150913043202a20.jpg

香川 3


この日本人は昨シーズンの低調さをすっかり脱ぎ捨てたようである。何度もBVBの良い組み立てを担い、常に試合に関与していた。



ミキタリアン 2.5


BVBのミッドフィルダーとして最も目立った選手。何度も一対一に挑戦した。彼の夢のゴールは2:1という勝ち越しゴールとなった。


オバメヤン 3.0


彼の今シーズン4ゴール目と5ゴール目を記録!いずれもPKからだった。対戦相手のフェリペのオウンゴールとなった3:2のゴールもいくらかはこのガボン人のおかげである。






以上です。



今日のルーア・ナッハリヒテンの寸評はやたらと短かったですが、忙しかったのでしょうか?ちょっといつもと違いすぎるのが気になりますが、こういうところもローカルならではですね。普段は開始何分におしいシュートを放った、などと具体的な記述が2つぐらいはあるんですが・・・。


香川選手の寸評は短いですが、嬉しい内容ですね。スカイの実況も香川選手をかなり褒めていました。


それにしても勝って良かったです。ミキタリアンのゴールは素晴らしかったですし、タイミング的にもすごく重要でした。香川選手とギンターの連携も様になってきましたね。次のユーロ・グループリーグでは少し休みが貰えると良いのですが、ホーフマンの怪我が気になります・・・。



さて、後はSpotalの寸評と試合後のトゥヘルの記者会見、月曜日はキッカーなどをゆっくりアップできればと思います。



※以下の記事も合わせてご覧ください!


西ドイツアルゲマイネ新聞の寸評と採点


ドイツの新聞、雑誌紹介(地元紙の特徴などについて書いてあります。)


ドイツの採点方式について


【おまけ今日のドイツ】

IMG_7989.jpg

IMG_7991.jpg


ドレスデンの旧市街地の広場で秋祭りが開催されていました。
天気が良く多くの人で賑わっていました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal 
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
香川は勝利を呼び込むいいパス出したです
逆サイドにクロス1発で相手のバックラインがガタガタ
最近はチームの勝負所でいい仕事してますね
[ 2015/09/13 07:03 ] [ 編集 ]
今回は妥当な採点に感じましたね。香川も及第点というところでしょうか。疲労の中でもちゃんと得点にも絡んで結果を残してる。安定してますね。まあ少し休ませてあげたいですが。
[ 2015/09/13 07:10 ] [ 編集 ]
4連勝で1位キープできたのは素直に嬉しいですね!
でも、本当に苦しかったです!
やっぱりロイスが居ないと香川を飛ばした展開にミキがしがちなので(悪意は全然ないと思いますが)時折単調な攻撃になって勿体無いと感じていました。
ロイスは香川とミキはオバと合うんですよね、やっぱり!
だから4人の時は破壊力がハンパじゃないように思います!
質を落とさずT.O出来るようになったらタイトル複数獲れると思いますのでヤヌザイに期待したいですね!
ヤヌザイは思ったより大人になってる感じで好印象でした!
これからが楽しみです!
[ 2015/09/13 08:36 ] [ 編集 ]
記事ありがとうございます!代表戦後の香川選手のコンディションが気になりましたが、見事なクロス、ターンが見られて嬉しいです。引き続き得点差でドルトムント首位キープ!ヤヌザイへの反応はどんな感じですか?
[ 2015/09/13 10:00 ] [ 編集 ]
ヤヌザイもそこそこプレイしていたので寸評があってもよさそうなのですが・・・

ヤヌザイはロイスの怪我もあってか期待値がやる前から高いせいで少し可哀想です。
明らかにドルの戦術にマッチしてなくて、シュメと香川が棒立ちしているシーンが象徴的でした。
香川が直接言及してるように判断と状況次第では球離れを早くするようにしないと
試合に出ても去年のミキのようになってしまう不安を持ってしまいます。

ドルには一人もいないドリブルに突出した癖のある選手ですから戦術理解度とプレースタイルを
柔軟にして早く戦力になってほしいですね。
[ 2015/09/13 12:31 ] [ 編集 ]
バイエルン戦も見ました。
やはり代表選手を多く抱えるチームは代表戦明けの試合が鬼門なんですね。
そんな中でも4点をもぎ取ったドルトムントは素晴らしい。今季は成熟された感じがします。
バイエルン、最後のPKは本当に疑惑のPKでした。ホフマンのPKよりも…(苦笑)
(ホフマン、体を入れてPK貰うのが上手いとは思いますが、いつかダイブでイエロー貰うんじゃないかとちょっと心配です。)
[ 2015/09/13 14:03 ] [ 編集 ]
バイエルンもなかなかどうして負けませんねー。
香川選手もコンディション最良ではないながらも勝利に貢献して、スッカリ信頼に値する選手ですね。
今年のBVBの強さは本物ですね!去年のように歯車が狂ってしまうなんて、きっとどんなチームにも起こりうることなのでしょう、今年のボルシアMGのように。。。
[ 2015/09/13 17:47 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとう。

自分も香川とギンターの連携好きですね。
ムヒのゴールもすごい。いろいろ見ごたえあって楽しいですね。
[ 2015/09/14 02:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。