Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ヴォルフスブルクに勝利し4位フランクフルトと1ポイント差に!

【ビルト】


ドルトムント!ハーラントの活躍で勝利!

bvb232244.jpg


彼がいなかったらドルトムントは降格しているぐらいだ・・・


エーリング・ハーラントはヴォルフスブルク戦でシーズン24、25ゴール目をあげて2:0での勝利に大きく貢献した。


クレイジーだ。このノルウェー人はここ10試合で最低でも2ゴールを挙げているのだ。それはヴォルフスブルク戦でも続いている。


スポンサーリンク


12分:バクが壊滅的なバックパスをブルークスに送る。その間にハーラントが割って入り、冷静にゴールを決めてドルトムントが先制だ。


68分:ダフードが自陣Pエリアでボールを奪取する。彼がハーラントにパスを送ると、ハーラントはフィールドの半分にも渡るスプリントを見せ、それを決めてフィニッシュしたのだ。ドルトムントが2:0だ。


このスプリントはすさまじい!!

このノルウェー人はアウェーゴールを16も決めたが、こんなに多くのアウェーゴールを決めた選手はクラブ初めてだ。彼はオバメヤンが2016/2017に記録していた15ゴールを抜いている。そのシーズン、ドルトムントは3位でフィニッシュしたが、今シーズンはどうなるだろうか?


ドルトムントはこれでフランクフルトに1ポイント差、そしてヴォルフスブルクに2ポイント差まで迫っている。


アカンジは試合後、“僕たちは3,4週間前ヴォルフスブルクに11ポイント差を付けられていた。けど2ポイント差まで迫っている。プレッシャーをかけてあきらめないよ。まだ信じている。”と語っている。


ドルトムントにとっての痛手はべリンガムが59分にイエロー累積で退場となった事だ。次のライプツィヒ戦には欠場する事になる。


しかしその試合では今日出場停止だったフンメルスがプレー可能になる。ちなみにフンメルスがドルトムント復帰後、フンメルスは8試合で欠場しているが、その8試合、ドルトムントは7勝1分けと彼なしでもうまくいっている。




以上です。

フランクフルトは鎌田選手と長谷部選手が先発しましたが、レヴァークーゼンに3:1で敗れましたね・・。これで3位のヴォルフスブルクから5位のドルトムントが2ポイント差となりました。

残り3試合ですから、負けたチームが脱落する事になりそうですね。ドルトムントは次の相手がライプツィヒという事で、なかなか厳しいですが、勝って望みをつないで欲しいですね。


個人的には3位ドルトムントと4位フランクフルト、5位ヴォルフスブルクを期待しています・・。

[ 2021/04/25 06:15 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。