ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー、香川ランキング上位キープ!原口ベスト11!清武インタビュー!今週のキッカーまとめ!《ドイツの反応》

さて本日発売されましたキッカーより日本人選手とドルトムント選手の採点などをまとめました。





キッカーより

entry_img_595.jpg
キッカーの表紙。4連敗のグラートバッハの写真です。


【今節のベストイレブン】


ヘルタの原口選手が初のベストイレブンに選出されました!


【今節のベストプレヤー】

アレックス・マイアー(フランクフルト)


スポンサーリンク


【日本人選手採点】


武藤 3.5

香川2.5

清武 2

酒井 3.5 ハノーファー

長谷部 2.5

大迫 4

原口 2 MOM
先制点の場面では、彼の技術の高さと動きの良さを示した。ヘルタの原口元気はそれ以外の場面でもつねに試合に関与して、常に相手の脅威となっていた。

山田 5



【フィールドプレーヤーランキング】第4節までの平均点


10位以内にギンター、香川、オバメヤン、ミキタリアン、ロイス、ヴァイグルと6人のBVBがランキングされています。


【ドルトムント対ハノーファー試合評】


・ドルトムント採点

ビュルキ 3、シュメルツァー 4、フンメルス 4、ソクラティス 3、ギンター 2、ヴァイグル 3.5、香川 2.5、ギュンドガン 3.5
ミキタリアン 3、ホーフマン 4、オバメヤン 2


・ハノーファー採点

ツィーラー 3、 酒井 3.5、フェリペ 6、アルボルノス 5、サネー 3.5、ゾルク 4、プリブ 3.5、アンドレアセン 3.5,清武 2、ゾビエク(ゾビエヒとも)2


審判 2 ズィーベルト

2つのPKの判断は正しいものだった。フンメルスのプリブに対する僅かなコンタクでPKを取らなかった事は支持できる。84分、ハンドPKの際の香川がオフサイドだったかどうかを判断するのはとても難しい。


観客数 49000人(売り切れ)


試合採点 2.5

2つのPKと1つのオウンゴール、両チームが試合を交互にリード、非常に集中力の試合はエンターテイメント性に富んでいた。



キッカー分析

BVBは右サイドで突破する鍵を見つけた。


アンドレアセンとカムバックを果たした清武の創造的な中盤と、素早いゾビエヒのワントップが対戦相手を苛立たせた。しかししばしばシュートに欠けていた。

ドルトムントでは何よりも香川が試合の組み立てを担い、より守備的なギュンドガンはヴァイグルとのつなぎ役となっていた。

ハノーファーはボールに対して深く守り、中央はゾルクとプリブ、そしてサネーの助けでしっかりとコントロールされた守りを見せた。


ボルシアは試合の主導権を握り、サイドのミキタリアンとホーフマンへボールを送ることがキーポイントとなった。特にハノーファーの欠点であった左サイド奥が破られてしまった。



まとめ

ドルトムントの芸術的なプレーが、ハノーファーの力強いメンタルとプレーに打ち勝った。勝利は相応しいものであったが、ハノーファーの個人的なブラックアウトから失点した分の1失点は余計だった。

マン・オブ・ザ・マッチ

何度も右サイドバックから攻撃に参加し、マティアス・ギンターはゴールへとつながる2つのアシストを決めた。



【清武ミニインタビュー】

96はいろいろな感情がごちゃまぜになっているんじゃないでしょうか?清武さん。


そうですね。僕は長い負傷離脱から再びピッチに立てて嬉しいです。でも試合に敗けるのはいつもフラストレーションがたまりますね。



BVBを相手だとそれも一層大きいですか?


僕らはとても深く引いてよく守っていました。でもBVBは何度も僕らの左サイドからやって来ましたね。そしてクオリティーを示し、解決策を見つけました。



今日は10番が二人いるフォーメーションでしたが(注:ハノーファー4-3-2-1)、それは96にとっての未来となるでしょうか?


レオン・アンドレアセンは彼の体を活かしてボールを良くキープしますし、僕はボールを良くさばくようにしています。これは良く機能すると思いますが、僕らにはもっと多くのヴァリエーションが必要だと思います。



希望の星とみられることは重荷ではありませんか?


いいえ、僕は本当に楽しんでいますよ。またチームでプレー出来て。これが将来的には重要だと思います。現在のチームは結構緊張した状態です。もっと楽しんでボールを持つことができれば、もっと良くなれると思います。(注:ハノーファーは勝点1)


チームにはまあまあな順位に達するクオリティーがあるとおもいますか?そしてアウグスブルクで初勝利をあげる?


僕はそうなると思います。僕らの目標はいつでも3ポイントを獲得することです。それはアウグスブルクでも同じです。





以上です。


このブログを始めた1年前は、日本ではキッカーの採点なんかあまり話題にされず、管理人も朝パンを買いに行くついでにキッカーを買って、のんびり朝ごはんを食べながらキッカーを読んで、それから更新していました。(今もそうしているわけですが・・・。)

最近ではキッカーの電子版がドイツ時間の月曜0時過ぎに出るので、それを元に日本のニュースでも記事になるのが速くなりましたね。

このブログを更新するころには、日本でニュースになってから半日ぐらい過ぎていると思いますが、相変わらずのんびり更新していきたいと思います。

それにしても今節は日本人選手が大活躍でしたね。原口選手も代表戦に続いて好調をキープしているようで素晴らしいですね。香川選手に関してはもう少しで“昔の香川”から“新しい香川”と呼ばれることになるのではないか、と期待しています。



※ツイッターフォローボタンを設置しました。最近は更新情報に加えて短いニュースなどを実験的にツイートしています。よろしかったらフォローお願いします。





いつもありがとうございます。別に速さは気にしないでいいと思いますよ。管理人さんが無料で翻訳してるのにサッカーサイト()が平気で転載するから速さは無視でいいかと。
(個人的には英語の翻訳系のブログをやってたことがあり、時間がかかることを知ってるのでアマゾン、グーグル、楽天位のアフィとか入れても当然だと思ってます。
アフィ入れても炎上系のまとめサイトでなく真面目な翻訳サイトは稼げませんから。炎上系があそこまで煽るのもそこまでしないと対価にならないからでしょうね。)

ギンターのSB覚醒はうれしいサプライズですね。攻撃よりSBとしての守備の方が怪しい時がありますが、本職2人が怪我で不在、ギンターも試合勘が鈍ることもない、と。

清武もドル目線で見たらセットプレー怖すぎでした。怪我あけなんだから無理しなくてもいいんだよ、と思うほど
[ 2015/09/14 19:07 ] [ 編集 ]
おー、キッカーの採点はかなり納得。さすがによく見てますね。
個人的には精力的に裏への動き出しをしていたホフマンにオーバの0.5点分を分けてあげたいところ。
酒井いわく「分かっていた」けど止められないあの香川のロビングの質はまさにユナイテッドで身につけて帰ってきた技ですよね。今シーズンまだまだ見られそうですし、そのうち香川のクロス特集でも組まれそうな予感。
[ 2015/09/14 19:33 ] [ 編集 ]
こちらのブログのファンです。いつも貴重な記事をありがとうございます。原口選手MOMすばらしいですね!清武選手のFKはドルトムントにとってめちゃめちゃ脅威でした。スルーパスも素晴らしかった。しかしドルトムント負けませんね。逆転するのは普通だよ、という雰囲気。香川選手は完全にトゥへル監督のお気に入りになっていますね。
[ 2015/09/14 19:40 ] [ 編集 ]
最初の数節での順位は面白いですね
ハンブルガーSVや昇格組のインゴルシュタットの選手が上位にいたりと
ギンターは移籍の噂さえあったのに今は完全にSBとして定着した感じでピシュチェクがちょっと心配です
香川は4位から5位に落ちましたか、これからもっと活躍して数年ぶりに年間ベストイレブンに選ばれるよう頑張って欲しいですね、香川以外にもドルトムントから年間ベストイレブンが多く選出されますように

[ 2015/09/14 19:50 ] [ 編集 ]
ドイツ紙を中心に翻訳してくれるのは非常にありがたいです
[ 2015/09/14 19:59 ] [ 編集 ]
ハノーファーはもう少し守備で我慢できれば勝点も見えてくるんだけどなぁ
[ 2015/09/14 20:03 ] [ 編集 ]
そういや代表での原口はよかったですね。よかったので下げるの惜しいのか、ほかの選手もテストしたいと思ったのか左ウイングから右SBへ。
FK蹴れと突然言われてこう蹴るんだ、と試合中にピッチ上で蹴り方を指導されながらFK蹴るとか???マークを浮かべながら右SBをやろうとしたりネタ満載でしたけど
好調で何よりですね。
[ 2015/09/14 20:24 ] [ 編集 ]
速さよりも正確さです。
ニュアンスも含めて丁寧に翻訳して下さるので、ドイツ語に疎い私はとても助かっています。

キッカーは審判が採点されているのが気に入ってます。
審判も評価に対象になるべきだと私は思っているので。
[ 2015/09/14 20:36 ] [ 編集 ]
自分はいつもこちらでチェックしてます。文末のドイツの日常も楽しみにしてます。
[ 2015/09/14 20:47 ] [ 編集 ]
なにげに清武のニュル時代の同僚エスバインがいるではないか
[ 2015/09/14 21:00 ] [ 編集 ]
今回もありがとうございます。
日本人選手が活躍すると、ブンデスはより一層楽しいですね。

個人的には管理人様のドイツでの盛り上がりの雰囲気や印象が聞けるのがとても面白いです。
日本で過剰に持ち上げられたり、叩かれたりというのが、実のところどうなのかが気になるので
[ 2015/09/14 21:26 ] [ 編集 ]
いや、一年前にキッカーが無視されてたってことはないでしょ
香川が最初にドル行った頃には
「ビルト採点速すぎ適当すぎテメー絶対真面目に見てねーだろ、やっぱキッカーの採点待ちだわ」
な空気だったよ、少なくともサッカーファンの間では
[ 2015/09/14 21:33 ] [ 編集 ]
こちらのブログは翻訳の元記事がバラエティに富んでいて、また管理人さんのおまけもあり、読んでいてとても楽しいです。記事upの速さなんて全く求めていないので、管理人さんのペースでどうぞお願いします。
記事の内容については、香川の働きをしっかりドイツ、特にキッカーは指摘、評価してくれていて嬉しいです。最近の香川は安心して見ていられますが、流石に疲れは見えてきたので次節は休んで、レバークーゼン戦に万全な状態で挑んで欲しいです。
[ 2015/09/14 21:38 ] [ 編集 ]
ツイッターフォローしました!
いつも楽しく拝見しています。長く楽しみたいので、のんびり更新していただければ幸いです。笑

大分出身のドルトムントファンとしては、清武くんを応援しつつ、同点の場面では、フリーキックここじゃなくていい!なんて勝手な願いを。しかし今年はみんな好調で楽しいですね
[ 2015/09/14 21:50 ] [ 編集 ]
No title
今シーズンのミキよりも香川の方が平均採点いいとは意外です
原口はこのままの調子で突っ走って、ステップアップして欲しいですね
[ 2015/09/14 22:09 ] [ 編集 ]
フィールドプレーヤーランキング2位のミュラーだけがバイエルンミュンヘンで
他がFCバイエルンってのが気になった
名前が短いから余るのはわかるけどチーム名くらい統一してほしいよね
[ 2015/09/14 22:24 ] [ 編集 ]
得点ランキングのカッコの数字は何を表してるんですの?
[ 2015/09/14 22:40 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます!キッカーの採点が一番妥当な感じがしますね。
ただ、ミキタリアンの2点目は非常に大きかったので2.5か2で良いかなと思いました。
あと、清武がすごくよかった。酒井も代表戦よりよかったです。(代表は酷かった…)
[ 2015/09/14 23:00 ] [ 編集 ]
地味にキッカーの表紙の記事が気になるw
どうしたボルシアMG
[ 2015/09/14 23:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 得点ランキングのカッコの数字は何を表してるんですの?
数字はゴール数とアシスト数です。
例えば、
7点 モデステ (ケルン) (3ゴール+4アシスト)

こんな風に読みます。
[ 2015/09/15 00:33 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> いや、一年前にキッカーが無視されてたってことはないでしょ
> 香川が最初にドル行った頃には
> 「ビルト採点速すぎ適当すぎテメー絶対真面目に見てねーだろ、やっぱキッカーの採点待ちだわ」
> な空気だったよ、少なくともサッカーファンの間では

キッカーはドイツで月曜の朝発売されるのですが、キッカーのインターネットに採点などが掲載されるのはドイツ月曜の午後過ぎぎになっています。(早く知りたければ雑誌を買ってくれということだと思います。)だから日本メディアはそれをまってから記事を書く所が多かったんです。

それが最近電子版だと、月曜日の0時を回っぐらいに購入できるようになったんです。おそらく日本のメディアはそれに気付いて更新するのが早くなったんだと思います。
[ 2015/09/15 01:03 ] [ 編集 ]
わーーい!!清武のインタビュー!!!
とっても嬉しいです!ありがとうございます!!!
そしてキッカーでも清武の働きが評価されているのも凄く嬉しいです!
前にコメントされている方と同様にベスイレを見て初めてアウクスブルグにエスヴァインが居る事を知りましたw
技術の追いつかない選手が多かったニュルンベルク時代で、清武がエスィーと呼んでいてなかなか信頼し合えてたのが記憶に残っています。。。
次節は元同僚との対決・・・楽しみです(^.^)

いつも本当にありがとうございます(愛)
[ 2015/09/15 02:07 ] [ 編集 ]
更新はのんびりでいいよ
楽しみにしてるからww
[ 2015/09/15 08:40 ] [ 編集 ]
日本のTVメディアはビルトとRNからの引用が多いから、キッカーが軽んじられてるのは分かる。而も、態々ダメ出し付きの西独アルゲマイネを引っ張って迄悪印象を植え付けようとしてた事があったし(ネオスポ)、比較的活躍した試合で。
[ 2015/09/15 09:00 ] [ 編集 ]
>香川選手に関してはもう少しで“昔の香川”から“新しい香川”と呼ばれることになるのではないか、と期待しています

そうですね、
ただ、ハノーファー戦での前半のボレーシュート出来そうなやつとか、前節のヘルタベルリン戦でのGKのいなくなったゴールへのゴールとか、あの辺をきっちり決めて”昔の香川”でもあることを示して欲しいところもあります。
2010-2011シーズンのブレーメン戦でのクバのシュートをGKが弾いたボールをボレーでゴールとか(あれはレバの頭に当たったとかもあったけどw)、2011-2012のシーズン後半アウェのケルン戦でのピシュチェクのヘッドのボールをボレーでGKの頭の上のゴールの枠に当てながらのゴールとか、あの鮮烈なゴールを考えれば、調子さえ上がってくれば確実にゴール出来たようなにも思われます。

、、、このまま、怪我とか、コンディションを崩すこともなくシーズン後半に突入できれば、コンディションも上がってきて、また、チームとしての連携も増して香川にもシュートチャンスが増え、”昔の香川”のようなゴールが何度も見れるのではないのかと予想しています。
[ 2015/09/15 09:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。