Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント会長ヴァツケ!ファヴレ元監督を批判!「チームは半分死んでいた。」

【ビルト】

ヴァツケ会長!ファヴレ元監督を批判!

waert adfg


ライプツィヒに勝利し、ポカール優勝を決めた後で、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはエディン・テルツィチ監督を称えたが、その一方で元監督のルシアン・ファヴレを批判している。


彼はスカイに対して、“彼(テルツィチ)は12月にチームを引き受けたが、その時のチームは半分死んでいた。”と語っている。これはファヴレに対する明らかなメッセージだ。



スポンサーリンク


このBVBのボスは、“テルツィチは再び生命をもたらしたね。これは本当に大きな成果だよ。”と語っている。



またヴァツケは移籍が噂されるテルツィチの将来に関して、“彼は数週間前に長期的に契約を延長したばかりだよ。彼はドルトムント出身の若者だし、チームを息をするように感じているんだ。”と語っている。

しかし仮にテルツィチが移籍を希望するのであれば、それを妨げるつもりはないようだ。“エディンがもし別なところに行きたいのであれば、彼と話をするよ。”と語っている。


エディン・テルツィチは2020年の12月にファヴレの後任としてドルトムント監督に就任していた。




以上です。


テルツィチ監督の将来がいろいろと噂されていますね。すでにタイトル獲得監督になりましたので、マルコ・ローゼ新監督の助監督というのも、新監督にとってやりづらくなりそうな感じもしますし、オファーがあれば移籍するような気がします。

[ 2021/05/15 05:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。