Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!鎌田のアシストもシャルケに敗れCL出場が厳しく!

【ビルト】


フランクフルト!大失態!


eintra333512.jpg


試合前、シャルケのファン達はゲルゼンキルヘンの街を十字架を掲げて歩いていた。自分達のクラブをお墓まで運んでいくという意味で・・。


しかしこの試合でやらかしたのはシャルケではなくてフランクフルトだった。降格が決まったシャルケに3:4で敗れたのだ。これによってチャンピオンズリーグ出場も厳しくなってしまった・・。



フィールド上では、シャルケも完全に諦めたわけではない事を見せた。フンタラ―が開始6分に外側からゴールネットを揺らしたが、その3分後にはフェアマンがチャンドラーに対して良いセーブを見せている。

スポンサーリンク


そして13分にシャルケの先制ゴールだ。トゥタがハリトにファールしたのだ。トラップはフンタラ―のPKを止める事に成功したが、そのこぼれ球のシュートに対しては無力だった。


それどころかフンタラ―はもう少しで2:0となるシュートを決めるところだった。24分に彼はフリーだったが、トラップの前に敗れている。


その一方でアイントラハトのシルバがユネスのクロスからヘディングを決めて1:1の同点としている。これはシルバにとって26ゴール目となっている。これはクラブ記録だ。


そして後半は盛り上がる。


まずは51分にフランクフルトのヌディカが逆転ゴールを挙げる。するとシャルケのイドリツィが51分に、そしてフリックが60分に、さらにホッペが64分に得点し、4:2としたのだ。72分にはシルバが3:4となるゴールを挙げて一点差まで追いついたが、敗戦を免れることはできなかった。


これによってチャンピオンズリーグ出場はかなり厳しくなってしまった。フランクフルトが出場するためには、ドルトムントが日曜日のマインツ戦で敗れ、さらに最終節でフランクフルトが勝利するのと同時にレヴァークーゼンに負けなければならない。


フランクフルトのローデは試合後、CLについて、“この夢はほとんど終わってしまった。シャルケの方がこの勝利を欲していたみたいだ・・”と語っている。




以上です。


フランクフルトが調子を落としてしまいましたね。後半にフランクフルトが勝てなくなるのは毎年の事ではありますが、今回はかなり良い位置をキープしていたので残念です。やっぱり監督の移籍がシーズン中に決まった事の影響がありそうに思いますね・・。


鎌田選手はこの試合でスコアポイントを5ゴール15アシストの20に乗せました。これは非常に立派な数字ですね。夏にどこかから声がかかる可能性は十分にありそうです。





[ 2021/05/16 05:18 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。