Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

シュトゥットガルト遠藤!ファンが選ぶシュトゥットガルトのシーズンベストプレーヤーに!

【ZVW地元紙】




遠藤航!ユーザーが選ぶシュトゥットガルトのシーズンベストプレーヤーに!

Endo2225.jpg



ようやく決まった。当紙ユーザーが遠藤航をシーズンベストプレーヤーに選んだのだ。このシュトゥットガルトのミッドフィルダーは、投票中48.8%と約半分の票を獲得したのだ。




2位には19.9%でフォワードのカリイジチが選ばれている。


その次には17.1%でワマンギトゥカが選ばれた。

スポンサーリンク


この日本人は最初のブンデスリーガシーズンにおいて、ブレイクに成功している。この28歳はドイツの高レベルのサッカーに適応し、マタラッツォ監督のスタメンから外す事など考えられない。遠藤はブンデスリーガ33試合とポカール3試合に出場しているが、彼が欠場したのは最終節となったビーレフェルト戦のみだ。この試合はイエロー累積で出場停止となっていた。彼は3ゴール4アシストを記録している。



現在4人の子供の父親である彼は、デュエル・モンスターだ。彼よりも多くの一対一に挑んだ選手は、ビーレフェルトのファビアン・クロース(977回)となっているが、遠藤は899回となっている。しかし対人勝ち星においては彼が1位となっている。彼は直接対決で476回としており、クロースの464回を上回っているのだ。勝率は53%となっている。


そしてこれに加えて、彼にはサッカーで最も重要な役割が課せられている。守備と攻撃の繋ぎだ。マタラッツォ監督は彼をスペース・クローザーと呼んだのが、それも偶然ではない。遠藤航は今シーズン2957分プレーし、これはキーパーのコーベルに次ぐ数字だ。そのうちブンデスリーガフル出場は32試合にもなる。彼は0:4で敗れたバイエルン戦でのみ77分で交代となっていた。




以上です。


シュトゥットガルトは危なげなく残留を決めましたが、遠藤選手は間違いなく中心選手でしたね。今回はシュトゥットガルト地元紙のユーザーによる投票でしたが、他にも遠藤選手の名前が挙がってくる可能性はありますね。

[ 2021/05/28 17:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。