Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

来シーズン!原口と遠藤の二人がウニオン・ベルリンでプレー!地元紙

【ベルリン新聞】


genki-haraguchi-2021-60504c293c76c.jpg


“原口は、控室での流れが分かっているよ!”


来シーズン、遠藤渓太と新加入の原口元気の二人の日本人がウニオン・ベルリンでプレーするが、これはクラブ史上初めての事だ。


元ウニオンの選手の奥山譲は、“ブンデスリーガで日本人の名前が出てくるのは良い事ですね。”と語ったが、奥山は2005/06シーズンに最初の日本人としてウニオンでプレーしているのだ。そして2017年には元シャルケの内田篤人が続いている。


スポンサーリンク


奥山はもう何年もドイツに住んでいるが、遠藤が原口の加入から利益を得る事を確信している。“元気はもう7年もドイツに住んでいますからね。控室での流れも分かっていますし、言葉の面でも遠藤を助ける事が出来ると思います。”と奥山は語る。


okuyama.jpg


これは遠藤にとっては大事な事だろう。昨年横浜から加入した遠藤は16試合に出場したが、たった1ゴールしか挙げていないのだ。

奥山は1999年にドイツへとやって来たが、コミュニケーションの重要性が分かっている。奥山は言葉の壁に対して、“私はドイツ語でコミュニケーションができて、さらに夢を見るようになるまで10年もかかりました。それまでは大変でしたね。”と語っている。


奥山は原口と遠藤に対してさらに、“原口がウニオンに合うと良いですね。遠藤は負傷もあって序盤はあまり良くありませんでしたが、その後は驚かされました。二人とも楽しみにしていますよ。”と語っている。


奥山がプレーしていた当時、ウニオンは4部だったが、彼自身も負傷で7試合しかプレーできなかった。原口も遠藤もそれよりも良くなって欲しいものだ。




以上です。


一週間ほど前に原口選手のウニオン加入が発表されましたが、遠藤選手もローンから完全移籍を果たしていますね。ウニオンは7位でフィニッシュしたのでヨーロッパカンフェレンス・リーグに出場する事になります。試合数も増えますから、二人の活躍に期待したいですね!

[ 2021/06/06 06:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。