ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

インモビレ、セビリアでぞっとするようなスタート!ドイツ紙の報道とドイツ人の反応①《ドイツの反応》

 現在ドルトムントからローンで移籍しセヴィリアでプレーしているインモビレですが、まだ在籍しているドルトムントを公に批判するなどして、すっかり悪い印象を残しています。
今週のCLでグラートバッハと対戦することもあり、現在のインビレに関する記事が様々なメディアに取り上げられました。今回はドイツ全国紙のWeltの記事から翻訳を紹介し、次回の記事でドルトムントフォーラムでの反応を取り上げたいと思います。


20150916011806a69.jpg
※写真は今週のキッカーに取り上げられたインモビレの記事、タイトルは“全ては誤解だったのか?”





【ヴェルト】


インモビレ、セビリアでぞっとするようなスタート



BVBでの美しくない終わりの後で全ては上手く行くはずだった。しかしこれまでセビリアで彼は幸せを見つけることができていない。むしろその反対だ。このストライカーはすでにお決まりとなった文句を聞くことになった。


スポンサーリンク



彼の移籍は非常に騒々しく、また悪意のあるものであった。彼はドルトムンで苦しんでおり、そしてドイツは冷たい国で、BVBは彼を一度も食事に招待することもなかった。チーロ・インモビレがこの夏、ドルトムントでのキャリアを中断した後で、彼は自分のフラストレーションをメディアにぶつけたのだ。



しかしそれから数週間の時が経って、インモビレのBVBでのか弱い成績はBVBのせいだけではないのではないか、という疑念が強くなってきた。なぜなら、このイタリア人は新しいクラブでも今だに一人立ちできていないからだ。

entry_img_598.jpg


今度の火曜日のチャンピオンズリーグでFCセビリアは現在危機にあるボルシア・メンヒェングラートバッハと対戦するが、インモビレはベンチに座る危機に立たされている。

なぜならBVBで救いようのないぐらい過剰評価されていたこの攻撃の選手は、新しい雇用者の下で、それ以上に悪い時期を過ごしているからだ。


ユルゲン・クロップは昨シーズンの前半戦、この1800万ユーロで獲得した選手を、まだ定期的に出場させていた。セビリアでの彼は最初から5番目のタイヤとなっている(注:役に立たないこと)。


スペインリーガではこれまでに3試合が行われたが、このチームはたった2ポイントしか獲得しておらず、ゴールも一つしかない。インモビレは一度はベンチ入りすらせず、2度途中交代で出場した(68分と81分から)。


そしてエメリー監督は、インモビレがBVBで何度も聞いた一言を語った。“選手によっては時間を必要とするものだ。”


今の所、望んで獲得されたロレンテが出場を約束されている。


これはセヴィリアが公にしていた事ではなかったが、どうやらインモビレはあくまで穴を塞ぐために獲得された事が徐々に明らかになってきた。この夏このクラブはファンの希望とは反対にトップストライカーのカルロス・バッサを3000万ユーロでACミランに売ってしまった。そしてエメリー監督が獲得を希望したストライカーはユヴェントゥスのフェルナンド・ロレンテだったのだ。しかし彼を獲得するのは簡単ではないと思われていたので、まずはインモビレを獲得したのだ。


問題は:移籍市場が閉まる直前にロレンテの移籍が決まってしまい、彼が出場することになったことである。インモビレに希望があるとすれば、彼が出場した2試合で、彼のライバルもまだ無得点だということである。彼は1:1となった金曜日のレヴェンテ戦でロレンテと交代して出場したが、少なくともまあ満足しているようだった。


今後彼は将来的にこうした役割を成功させていかなければならないだろう。そうでなければ貸出中のインモビレはドルトムントに戻ってしまう可能性がでてくるだろう。ドルトムントの人々は彼の去り方に対して、-ミヒャエル・ツォルクの言葉を引用すると、“反吐が出る!”と思っている。

ツォルクの発言に関する記事はこちらです。




以上です。

ヴェルトはドイツ3大全国紙のうちの一つで、ビルトと比べても過激な言い方を強調するような新聞ではありませんが、それでも結構きつい言い回しが出てくる記事となっていましたね。

今までも色々な話題を提供して去っていく選手はいましたが、ここ最近では最も感じの悪い去り方の一つではなかったかと思います。

スーパーカップでバルセロナと対戦した時は、これなら高い値段で売れるかもしれない、と喜ぶドルトムントファンもいたのですが、最近ではそういう反応も見られなくなりました。その辺の反応をまとめて後日紹介したいと思います。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_1672.jpg

ドイツ中心部にあるハルツの森にある街で見つけた魔女の人形です。
結構怖い顔だと思いませんか?お土産として売っているのですが、どういう人が買うのか気になります。

[ 2015/09/16 06:47 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(11)
リーグが変わってからやはり時間は必要だと思いますが、
メディアも辛辣ですね
インモービレもレンタルの身分で軽率な発言をしたのはどうかと思いますが
[ 2015/09/16 07:37 ] [ 編集 ]
人を呪わば穴二つか
インモーさん、まだ一人で飯食ってるのか?
[ 2015/09/16 07:45 ] [ 編集 ]
もうやめてあげてくれ、と言いたくなっちゃうような記事ですね(苦笑)
母国を離れて活躍しなければいけない選手にはそれなりのサポートは必要かと思いますが、キング・オブ・シャイな清武選手ですら泣き言言わずに頑張ってるんですから、伊達男ならばもっと頑張れ⚡️と言いたくなりますww

何にしてもBVBにはもう復帰はなさそうですが(^_^;)
イタリア代表は大好きなので、なんとか調子を戻して代表に貢献して欲しいものです…。
[ 2015/09/16 08:32 ] [ 編集 ]
インモービレはセリエ以外だと正直言って厳しいとおもう
セビージャのスカウト陣は何を見ていたのかわからん
チェルチがアトレティコに行ったりしたのも同じことが言えるけど
[ 2015/09/16 08:58 ] [ 編集 ]
立つ鳥跡を濁さず
[ 2015/09/16 14:35 ] [ 編集 ]
メンタル弱そうだし、イタリア以外では無理なんじゃないっすかね
[ 2015/09/16 15:40 ] [ 編集 ]
トゥヘル体制の今もっかいやらせてみたいけどな。
去年はミキタリアンだってあれだぜ。
[ 2015/09/16 15:49 ] [ 編集 ]
ジョレンテもユーヴェでかなり苦しんでいたと思うけどどうなるんだろうね
[ 2015/09/16 15:57 ] [ 編集 ]
出場機会が少なかったことに同情的な声もあったと思いますが、クラブ批判、チームメイト批判でドルトムントファンを、
そしてドイツ文化批判でドイツ全体を敵に回してしまった感が有りますね。
昨季は本来の実力を発揮できた選手の方が少なかったので、カンプルのように感謝の言葉を述べて去っていれば、
ドルトムントファンの多くは移籍先での幸運を祈って温かく送り出していたのではないでしょうか?
チームの勝ちに貢献してくれた試合もあるので、すべてを台無しにするようなこういう終わり方はやっぱり残念です。
[ 2015/09/16 15:59 ] [ 編集 ]
インモービレ売り抜け失敗しそうなんだ。買取オプションあるから頑張ってほしいな。
インモービレ本人は地元のナポリに行きたいらしいから、後になって移籍金を下げるためにやったとかいいそうだけど
[ 2015/09/16 18:01 ] [ 編集 ]
インモービレはドルトムント行く前に所有権のあるユーヴェ拒否したからなぁ
まぁ当時ユーヴェに戻ってきてても出番はあったかは怪しい
[ 2015/09/16 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。