Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ウニオン原口!ブンデス開幕戦で先発!!試合はレヴァークーゼンと引き分け!

【ビルト】

ウニオン!レヴァークーゼンと1:1の引き分け!

2人のレヴァークーゼン選手がブーイング!


unionharaguchi.jpg

ウニオンのファンは熱い!

ブンデスリーガ開幕となった試合、11006人のファンの前で行われた試合においてウニオンがレヴァークーゼンと引き分けた。ウニオンはブンデスリーガ3シーズン目初戦において、少なくとも敗れることはなかったが、試合では見苦しい場面もあった。


スポンサーリンク


2人のレヴァークーゼンの選手がひどいブーイングを受けたのだ。


ウニオンのファン達はターとアミールがボールを持つたびに激しいブーイングを浴びせていた。その背景にあるのが、昨シーズン、昨年までウニオンでプレーしていたヒュープナーが試合中にアミールに“糞アフガン人”と発言したこと事だ。ターはその場面について自分では聞いていなかったにもかかわらずテレビで発言している。


結局ヒュープナーは差別的な発言をした事で証拠がなかったにもかかわらず2試合の出場停止処分となったのだ。



ウニオンの会長は、この件に関して、“私はブーイングはしていないが、ファン達にはそうする権利があるからね。ブーイングした人たちに質問してくれよ。”と語っている。


ファン達はブーイングばかりではなくて喜ぶ事も出来た。クルーゼのパスからアヴォニーが先制点を挙げたのだ。ツィングラー会長は“我々はそのために彼を獲得したんだ。”と語っている。このストライカーのためにクラブは600万ユーロを払っていた。


しかしその直後に、レヴァークーゼンも同点に追いついている。





以上です。


ウニオンのファンは証拠もないのに処分をくらった事で腹を立てているようですが、差別発言をされたとされる相手にブーイングというのも中々良く分からない理屈ですね。本当に差別発言を受けた可能性もありますので・・・


今シーズンからウニオンに加入した原口選手は、初戦を先発出場を果たしましたが、遠藤選手はベンチ外となっています。

2人とも新シーズンの活躍を期待しています!

[ 2021/08/15 06:06 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。