ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ELドルトムント逆転勝利!香川の評価は大きく別れる!採点と寸評《ドイツの反応》

今日からヨーローッパリーグが始まりましたが、ドルトムントは後半93分に勝ち越しゴールをあげクラスノダールに2対1で勝利しました。


早速採点と寸評を紹介します。




entry_img_605.jpg

【ルーア・ナッハリヒテン】

ヴァイデンフェラー3


このチームの大黒柱は開始早々、デジャヴに見舞われることになった。プレーオフのオッズ戦の2試合と同様にクラスノダル相手にも早い段階で失点を許した(12)。
でもママヴェのゴールに対しては全然責任はない。


ギンター 2.5

失点は彼のせいで、ゴールも決め、さらに1アシストを決めた。彼の右サイドでの代表選手のできは、まあまあだったが最後はポジティブなものだった。最初の失点の場面では簡単にヤラれすぎてしまった。しかし前半アディショナルタイムにはその失敗を補うゴールを素晴らしいヘディングゴールで決め、試合終盤にも3つの良い場面を見せた。そしてその最後はパクの2:1のゴールとなった。



ソクラティス 3


このギリシア人はロシア人の攻撃を止める最後の砦として動かなければならなかった。常に問題がなかったわけではない。彼は隣のフンメルスのように最近よりもやることが多かった。なぜならBVBの中盤でのプレスが機能していなかったからだ。


スポンサーリンク



フンメルス 2.5

このドルトムントの守備のボスは、開始15分にヴァイデンフェラーに出したバックパスが短すぎてショックを引き起こした。幸運なことにスモロフはすでに抑えられた。その後の彼は安定していて、相手を潰し、フィジカルの強さを示した。


シュメルツァー 3.5

この左サイドバックの選手は23分に最初のチャンスを得たが彼の右足のシュートはコーナーへとクリアされた。彼はよく前にいたが、最終ラインまでアガルことはなかった。しかし彼のパクへのパスで同点ゴールに絡んだ。彼は前半で交代。


パク 2.5


この韓国人は本来は左サイドバックとして獲得された。しかし彼のデビューでは中盤としてのものとなった。そして彼はそのポジションでチームの流れに慣れなければならなかった。いずれにせよ彼の美しいクロスが同点へのアシストとなり、後半はなれたサイドバックでプレ-、前半よりもいくらか良くなった。何よりも勝ち越しとなる彼の美しいヘディングゴールにより夢のデビューを飾った。


ギュンドガン 4.5

彼は中盤で弱々しい一日を経験することになった。なによりも彼はディフェンスで説得力のある働きを見せることができなかった。ボールの扱いに安定したロシア人のプレスのせいで、彼のチームメートと同様に試合のとっかかりを得ることができなかった。それに加えた彼は失点の場面でママエフに簡単にヤラれてしまった。75分に放ったフリーキックが彼のベストの場面


ヤヌザイ 2.5

このベルギー人のBVBにおける最初のスタメン出場となった試合。断トツでベストな攻撃の選手。ほとんどの危険な攻撃は彼からのものだった。最終的に数字を残せなかったとしてもだ。彼は守備と攻守の切り替えに問題を抱えていた。


カストロ 4.5

テストマッチとなったザンクトパウリ戦での力強いパフォーマンスとハノーファー戦での途中交代で良い動きをみせたために今回はスタメンが許された。彼のチームメートと同様に彼も難しい問題を抱えた。例えば彼が前半に放ったシュートは大きく離れてしまった。後半は59分にオバメヤンに素晴らしいパスを出し、彼に何ができるのか示してみせたが、全体的にはがっかりさせるでき。


ミキタリアン 4

これまでチームで一番継続的に力を発揮してきた彼はクラスノダル戦では彼のレベルを示すことができなかった。ロシア人は彼にスペースを与えず、彼にボールを扱わせなかった。前半で危険なシュートを放ったのは一度だけだった。56分にはわずか数センチゴールから離れてしまった。



オバメヤン 5


ドルトムントのエキセントリックな点取り屋は今回は完全に宙ぶらりんだった。ボールを触った攻撃はあっただろうか?ほとんどない。シュートは?失敗だ。彼は一度だけ相手に恐れられているスプリントを見せたがクラスノダルのキーパーに止められてしまった。



香川真司 4


シュメルツァーに代わって後半から出場。この日本人は疲れたBVBの攻撃陣喝を入れるべくしてやってきたが、本当に危険な攻撃をもたらすことはなかった。


ヴァイグル 3


6番のレギュラーは約一時間がすぎて安定性とパスの確かさを中盤でもたらすべくして出場。いつものように成功した。




20150918043129ba7.jpg


【西ドイツアルゲマイネ】



ヴァイデンフェラー 3.5

ギンター 3.5

ソクラティス 3.5

フンメルス 4.5

シュメルツァー 3

カストロ 4.5

ギュンドガン 3.5

パク3.5

ヤヌザイ 3

ミキタリアン 4

オバメヤン 5

香川真司 3.5

シュメルツァーに代わって出場し前線を明らかに機能させた。65分のヤヌザイの大きなチャンスなどをお膳立てした。




【レヴィーアスポーツ】ひさびさの独自採点ですね。

2015091804312782c.jpg


ヴァイデンフェラー 3-

ギンター 3 

ソクラティス 3

フンメルス 3

シュメルツァー4+

カストロ 4

ギュンドガン 3-

ヤヌザイ 2-

ミキタリアン 3+ 

パク 3+

オバメヤン 3-

香川真司 4


65分にはもう少しで2:1とすることができたであろう良いパスをヤヌザイに送った。後半になってBVBに勢いをもたらすべきだったが、自陣にこもって、スペースを消したロシアに対してそれをなすことは難しかった。何度かボールを長く持ちすぎた。


【フスバル トランスファー】


ヴァイデンフェラー 3

シュメルツァー 3

フンメルス 3

ソクラティス 3

ギンター 2.5

パク 3

ギュンドガン 2.5

ミキタリアン 3.5

カストロ 3.5

ヤヌザイ 3

オバメヤン 4

香川 2.5


2015091807052213d.jpg





以上になります。


管理人は仕事で全然試合を見ることができませんでしたが、ざっと寸評を訳しました。もうすぐ寝るので今回はルーアナッハリヒテンの寸評と香川選手の寸評のみとりあげます。

ルーアナッハリヒテンは最初の採点で香川選手の採点が抜けていたんですが、今は掲載されています。忘れていたんでしょうか・・・?


試合を見ていないので発言は控えますが、ローテーションがうまく行ったとは言えないような感じですね。89分ぐらいの時にスマートフォンで試合状況を確認したら1:1で、引き分けを覚悟していたんですが、後で確認してみたら勝っていて良かったです。ちょっと粘りが出てきましたね。


香川選手の採点は2.5から4までと大きく分かれていますね。これは月曜日のキッカーを待つ事になりそうですね。こっちの掲示板では香川選手が出場してから明らかにボールが回りだした、というコメントもみられましたが、実際などんな感じだったでしょうか?


とにかく勝って良かったですね。レヴァークーゼン戦はまたベストメンバーで戦って欲しいですが、ミキタリアンとオバメヤンは少し疲れが出てきたかもしれないですね・・。



>香川選手が出場してから明らかにボールが回りだした
っていうのは本当ですね。
視野の広さを確認できました。

ただ、自からシュートを放つ動きはなかったので、おそらくは監督から『ヤヌザイに決めさせろ』とかの指示が出ていたのではないでしょうか。
監督のマインツでの動きを見ると大いに有得る話だと思いますが。
[ 2015/09/18 06:56 ] [ 編集 ]
まあボールが回り出したのは兎も角、香川自身は触れていなかったけどな
ヴァイグルが入って漸く香川にもボールが入る様になった
後、敵味方ともにパクの事が途中から眼中に無くてあれですよw
[ 2015/09/18 07:26 ] [ 編集 ]
中盤の香川ギュンヴァイグルの3人がいないと厳しいという事がよく分かった試合。でも過密日程の中ではサブメンバーを使っていかないとこなせないしなあ。ただヤヌザイは少しずつドルに馴染んでますね。もっと良くなって行くような気がする。パクも根性はありそうでこういう選手も必要だと思う。

それにしても今年のドルは内容良くない時も粘り強い。メンタルが上手くいってるのが大きいですね。
[ 2015/09/18 07:35 ] [ 編集 ]
香川に関してはパクが左で狙われてるのとシュメルツァーの時と勝手が違って崩し切れない事が影響してか珍しく真ん中と右側に片寄った仕掛けになっていたように思います。
でも明らかに香川、ヴァイグルが入って攻撃が良くなりましたよ、流石だと思います。
皆さんが言ってる通り香川、ヴァイグル、ギュンは絶対に外せないと痛感した試合でしたね。
それでもヤヌザイがかなり努力してるんだと思えるほど変わって来てるのは良かったです。
[ 2015/09/18 08:10 ] [ 編集 ]
ギンター、ソクラティス、フンメルスのいずれかが個人的にはMOM
失点を1点で凌げたことで勝利を呼び込めた

今日の攻撃の出来では、攻撃陣にはMOM出ないかな
攻撃時の連携がチグハグすぎで、2点取れたのが不思議なぐらいでした
[ 2015/09/18 08:18 ] [ 編集 ]
>ルーアナッハリヒテンは最初の採点で香川選手の採点が抜けていたんですが、今は掲載されています。忘れていたんでしょうか・・・?

安定のア○チ香川ルーアさん、笑いますよね。「この日本人は疲れたBVBの攻撃陣喝を入れるべくしてやってきたが」って代表明けで一番疲れてる一人だし(笑)、「本当に危険な攻撃をもたらすことはなかった」ってヤヌザイに決定機を与えましたよね。忘れていたんでしょうか。(笑)
[ 2015/09/18 08:44 ] [ 編集 ]
『ヤヌザイに決めさせろ』なんて指示を監督が出すわけ無いだろ・・・しかも同点の状況で、あり得ない。
[ 2015/09/18 08:53 ] [ 編集 ]
どうしても香川ひいき目で見てしまいますが、悪い部分を抜き出すと変なパスミスが2つ3つあった感じもします。

[ 2015/09/18 08:59 ] [ 編集 ]
一番上ルーアナッハリヒテン並に厳Cと思ったらやっぱりルーアナッハリヒテンだった
[ 2015/09/18 09:00 ] [ 編集 ]
管理人さんのおっしゃる通りキッカーの採点待ちですね
[ 2015/09/18 09:42 ] [ 編集 ]
香川が入り攻撃がスムーズになってヴァイグルが入り更にボールを支配できるようになってた。カストロやパクだと慌ててる感じがしてた。パクは点に絡む以外は酷かったな。シュメルツァーとの差がよくわかった。特にインサイドでは使うべきではない。あとヤヌザイは香川にだけは頑なにパスをしないなあ。香川はガンガン出してたのに。勘繰ってしまう。香川はシュートしたら罰金でもとられるのかってレベルでシュートしない。イニエスタかよと。
[ 2015/09/18 10:09 ] [ 編集 ]
パクはトゥヘルも分かってて取ったんだと思うが
相変わらず守備が駄目。
マインツはあれでよかったんだろうがドルトムントだと重要な試合では絶対使ってもらえないだろうな
[ 2015/09/18 10:42 ] [ 編集 ]
後半から香川の出場で自身がボールに触らなくても指差しや走り込みのスペース作りでボールが回り出した
プレスの指示も香川からが多く相手のロストが増えた
ドルトムントサッカーを一番理解してるのは香川なのかもしれないと思った試合だった。
[ 2015/09/18 11:03 ] [ 編集 ]
パクは守備を頑張ってくれないと、SBとしてはハラハラする。
トゥヘルがマインツから呼び寄せたのだと思うけど、もっと守備に長けた選手を獲るべきだったのではないかと感じました。
ルーア・ナッハリヒテンは、目立つ動きをした選手のみ高く評価しているような印象がありますが…。
ソクラテスはよく守ってくれて、もっと点数高くていいと思います。
香川さんもパスをよく通して活性化していたと思うけれど、ヴァイグルくんと一緒に出ると、さらに安定する。
オバはちょっとイライラしている?ように見えたな…。レバク戦はロイスが出られるかどうか?
[ 2015/09/18 11:47 ] [ 編集 ]
香川は後半45分だから低評価でも妥当。香川加入で守備と組み立てが少し安定しましたね、それでパクが本職のSBにいけたのは良かったかな。

それにしてもヤヌザイはメディア受けがいいですね。
守備が酷く繋ぎも出来ず仕方なくCFに追いやられたようなもので、得点にも直接は関係なし。これで高評価。
彼の守備が機能しないのでプレスがかからず、カウンターの危険を何度も受けていました。DF達は彼に怒っているかもしれません。
ボールを扱う才能は素晴らしいのですが、戦術を理解する才能が無さ過ぎるのをどうにか出来るといいですね。
[ 2015/09/18 11:50 ] [ 編集 ]
なんとなく、日本代表対ドイツとかの強豪国の対戦って感じの試合だった。
弱者が結構惜しいとこまでいくけど、結局負ける。
実力差はあまりないようで、実際は10回戦ったら、1~2回程度しか勝てそうも無い。
そんな試合だった。
[ 2015/09/18 12:19 ] [ 編集 ]
さすがに日本を弱小とかはないわ。実力的には欧州中堅より少し上くらい。欧州や南米はFIFAランクの基礎ポイントが高いから上がりやすいだけ。
[ 2015/09/18 14:21 ] [ 編集 ]
パクは守備面では何度も相手に抜かれて危険だった
決勝点決めたから良いけど次使うのはちょっと不安
香川は違いを生み出してた 得点には絡まなかったけど疲れてる中十分勝利に貢献した
個人的にMOMはパパかな
カウンター止めまくり
一対一強すぎ
[ 2015/09/18 14:28 ] [ 編集 ]
前半はヤヌザイが戻らず右が狙われ続けてました。
チームとしてプレスをどうかけるのかがチグハグしてましたし、ただただ見ている場面が目立ちました。
後半香川が入って攻守に改善したんですけど、採点は全体でも低いんですね。
右サイドをオーバメヤンに変えましたが、今度は左SBになったパクの守備が狙い目に。
結局TO出来ずにレヴァークーゼン戦というのは怖いですね。
明らかに連戦組のコンディションは落ちてきていると思います。

RN紙の採点・講評は共感できないですが、特にソクラティスにもう少し高評価を与えたいです。

そして何より、ロイス早く戻ってきてくれ!という感想です。
[ 2015/09/18 15:18 ] [ 編集 ]
香川入ってからドルはよくなったけど香川自体のできはそこまでよくなかったから採点は難しいかもね
[ 2015/09/18 16:39 ] [ 編集 ]
2.5~4って(笑)
これだけ開きのある採点久しぶりにみました
まぁサポの評価も上々で監督にも前半はよくなかったが後半よくなったと言われてましたし
レバークーゼン戦へ向けての温存のはずが出る羽目になって途中出場ってことで3でいいかな

[ 2015/09/18 17:24 ] [ 編集 ]
新加入メンバーの何が良くて、何が足りないのかがとってもよくわかった試合でした。
なのでプレカンのトゥヘル監督の発言はすべて納得できます。
(私もまったく同じことしか思わなかったというか)
そして新加入の選手に出場機会を公平に与えているいい監督だなあとも。

個人的にはパパが良かったです、何度も救ってくれた~!ありがとー☆

昨シーズンは途中出場となったらほとんど試合に入っていけてなかったことを考えれば、
後半に入ってもボール回して組み立てできていた今シーズンの香川選手は、
チーム内の信頼やポジションを確立しているんだなと感じました。

パクさんは性格が良いと聞いているので、BVBが獲得したのは、
「構想に合っている+控えでも腐らず準備できる選手」だと監督が信頼してるからなのがよくわかりました。
あとは守備だけなんとかしてくださーい!

ヤヌザイくんは…いいいんじゃないでしょうか?ドイツ人は彼みたいな選手(若くて技術持ち)好きそう。
今回のレンタルは、フロント主導ではなくちゃんとトゥヘル監督の意向があってのことだと思っているので、これからもっと良くなるのではないかと期待しています。

そして。
ああ、シャヒンが早く戻ってこないかなあ…。
[ 2015/09/18 19:11 ] [ 編集 ]
前半の酷さを見ていたら新加入3選手を一気に使うのは相当キツイと思った。主力が軒並み低評価を与えられてちょっと気の毒。。

ヤヌザイはやっぱり技術の高さは素晴らしいと思わされるし存在感ある選手。でも戦術眼がまだまだ不足しすぎているのと、中央がかなり渋滞していてオバメやムヒはやりづらいだろな。。
パクはロスタイムに決勝点を決めたのは拍手。でもそれ以外は正直ワーストレベルの酷さだった。。
カストロは今日も全くフィットできず。。
香川&ヴァイグルは本来は休みを与えられるべきだった。前半が酷すぎたので仕方ない。
ボールを持った時だけでなく、それ以外の動きでも質の高さ、賢さを見せた。

中盤3人はこのままではターンオーバーできないので、シャヒンのような頭のいい選手が早く戻ってきて欲しい。
2日後のレバークーゼン戦のコンディションは心配。
ただ、これだけ酷い試合でも勝ちグセが付いているので、何とか連勝を続けてもらいたい。
[ 2015/09/18 20:02 ] [ 編集 ]
ここのコメント欄を見るのもすごく面白いですね。
個人的には香川選手は無難な出来だったかと思います。いつもとは違う面々とリズムに戸惑っていた感じがしました。(これに関しては他の選手もそうですが)そういったリズムを変えるのが仕事だったのでしょうか。
何はともあれ勝てたのは良かったです。今のBVBには悪くても勝てるという自信があると思うので、それが継続できたのは大きいかと。

週末はボルシアMG戦以来の昨季上位勢との一戦なので何とか勝利して、少し先ですがバイエルン戦まで無敗で首位攻防となればいいかなーと思います!
[ 2015/09/19 00:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ここのコメント欄を見るのもすごく面白いですね。
> 個人的には香川選手は無難な出来だったかと思います。いつもとは違う面々とリズムに戸惑っていた感じがしました。(これに関しては他の選手もそうですが)そういったリズムを変えるのが仕事だったのでしょうか。
> 何はともあれ勝てたのは良かったです。今のBVBには悪くても勝てるという自信があると思うので、それが継続できたのは大きいかと。
>
> 週末はボルシアMG戦以来の昨季上位勢との一戦なので何とか勝利して、少し先ですがバイエルン戦まで無敗で首位攻防となればいいかなーと思います!

管理人も皆様からのコメントは大変興味深くいつも嬉しく読んでいます。こういうコメントを頂けるのはとても有難いです。
[ 2015/09/19 05:34 ] [ 編集 ]
MOMはソクラティスかな。彼に何度も救われた。まだドルトムントのサッカーに慣れていない選手を大胆に使いましたね。結局香川バイクル入りましたが、うまくTOするためにはスタメンが機能しないと厳しい。カストロはギュンの位置が一番いいっぽいですね。勝ったこと、シュメルツァーが休めたことが良かった。オバメは次の試合にフラストレーションをぶつけて欲しいと思った。
[ 2015/09/19 15:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。