ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ドルトムント丸岡 香川の足跡を追って +ファンの反応

ドルトムント、残念ながら引き分けてしまいましたね。管理人も自転車で急いで家まで戻って、最後の30分は見ることができました。首位のバイエルンが2失点しかしていないのに対してドルトムントはすでに9失点ですからね。毎回2点取られては勝つのは厳しいですね。少しずつけが人も復帰しつつあるので今後に期待したいと思います。

さて、先週、ドルトムントでブンデスリーガデビューした丸岡選手の話題がドイツ語版のゴール・コムで取上げられてましたので、紹介したいと思います。日本語版のゴール・コムでも紹介されていましたが、ドイツ語版はずいぶん長い記事でした。




IMG_4318.jpg

丸岡満:香川真司の足跡を追って

丸岡は香川の2010年のように、思い切ってセレッソ大阪からドルトムントへやって来た。この18歳は出場時間を増やしたい。

ドルトムント。丸岡満がドルトムントに来た時、彼の同郷の香川真司は丁度マンチェスターでの契約の下、18ヶ月が過ぎたころであった。2010年にセレッソ大阪から35万ユーロで育成選手としてやってきたこの選手は、BVBにおいてレギュラーから主力選手へとたちどころに上り詰めた。その2年後1600万ユーロという高額の移籍金でプレミア・リーグのマンチェスターユナイテッドに移籍した。

日本人達が丸岡と共にドルトムントへとやってきた時、彼が次の香川になり得るであろう事はすぐに明確になった。ドルトムントは丸岡を長い間観察し、彼を早いうちに取りたかったのだ。しかし丸岡本人はまずは学校を卒業したかった。そうして、彼ら両方とも2014年の1月6日まで待たなければならなかったのだ。

1996年に生まれた丸岡が注目を浴びたのは、2013年の8月に行われた、ドルトムントU19対セレッソ・大阪のU18のフレンドリー・マッチの時であった。丸岡は彼の故郷においては、この時既に無名の選手という訳ではなく、当時既にJFAのエリート・プログラムを修了しており、U-15からU-18までの日本代表としても、主にサッカーファンの間で知られていた。

スポンサーリンク


手本は香川?

1B44545D444A3F7BDF3E4981FA88377E.jpg

2013年の12月には、彼が18歳の誕生日に貸し出し移籍としてドイツにやって来ることが明らかになった。これは香川の状況にとても類似したものであった。丸岡は、彼の同郷人が2010年に大阪からドルトムントにやって来たように移籍したのだ。BVBは丸岡に対して2015年の6月まで買取付きオプションを行使することができる。丸岡は当初ドルトムントU23の一員として、ドイツ3部リーガに出場する予定であった。

移籍の前に、彼の手本となる選手について、この丸岡は期待された香川の名前を挙げなかった。香川ではなくて、山口蛍の名前を挙げたのだ。

「僕が、今まで実際に経験したプレーヤーの中では彼をお手本に挙げたいです。」と彼は同様にセレッソ大阪でプレーする日本代表選手の名前を挙げた。

だけどいったいなぜ山口なのだろう?

「彼はとても攻撃的で、たくさん走りますし、守備的ミッドフィルダーとしてゴールも決められます。彼のプレースタイルをここ3年間テレビやスタジアムで追いかけてきました。彼のようにプレーできるようになるためにベストを尽くします。」

丸岡:素早く機転が利いて、吸収するのも早い。

彼がドイツにやってくる前の2013年12月に行われた記者会見において、彼は自分の長所についてこう述べている。

「僕は2列目からスペースに駆け上がるタイプのプレーヤーだと思います。僕の長所は持久力と、それから相手からふるい落とされにくい事です。そしてドルトムントも僕を獲得するにあたって、そういうところを評価してくれたのではないかと思います。」

「彼は6番か8番のポジションで凄く才能のある小僧だよ。」とユルゲン・クロップは言う。

そして続けて「数週間前にアマチュアのチームで彼はトレーニングを済ませたんだ。U23のコーチのダヴィット・ヴァグナーが僕の所にやって来て、彼を絶対に見なければならないと言うもんだから、その通りにしたんだ。彼は僕らと共にトレーニングし、ケルンとのテストマッチにも同行したんだ。そこでとてもいい印象を残したんだけど、まだ時間が必要だね。」

丸岡は本来育成コーチのダヴィッド・ヴァグナーが言うように、U23のチームでプレーすることが予定されていた。そして年半かけて徐々にプロチームへと移行させるつもりであった。

「彼はとてもわくわくするプレーヤーでパスも鋭いよ。」という事をヴァグナーは知っている。

丸岡は既にアマチュアのチームにおいて示したように、それだけでなく他の点においてもクオリティーを持っている。
彼はドリブルもうまく、素早く、機転がきいて飲み込みも早い。そしてクロップのチームにうまく合う特徴を持っている。攻撃的ポジションでもいろいろな面で使えるし、最初の一ヶ月で輝いて見せたのだ。また彼のパスは正確で狭いところにボールを通す事もできるし、走る力も持っている。

プロチームへの飛躍を果たす

CD93CCA4C992CCDB89961B550A989DBC.jpg

昨年の12月クロップはこう言った。

「彼は典型的な日本人の体格で、大きさでは蓋をこじ開けることはできない。彼はとても才能のある若者だ。我々は彼の成長を助けたいし、彼がいつプロになれるかどうか見てみよう。」

そして、丁度その時、9か月前にはまだはっきりとはしなかったその時が、どうやらやって来たようだ。丸岡はトップチーム入りし、先週のマインツ戦でブンデスリーガデビューへとの飛躍を果たしたのだ。負傷のせいというか、おかげというか、彼は今後も定期的にベンチ入りするだろう。

「もし、世界的に有名なマルコ・ロイスのような選手にパスすることができたら素晴らしいでしょうね。」
と、この18歳はドルトムントに移籍する前に語っていた。加えて、

「プレーに関することで言えば、U23で良いトレーニングに励み、クロップ監督の目に留まるようにいいプレーがしたいです。最初の一年の目標は、トップチームとして試合に出ることと、そこで良い結果を出すことです。」

彼が9ヶ月前に語った、ドイツでの冒険におけるこの目標基準は、少なくともブンデスリーガに出場するという点においては、現実のものとなった。

新しい香川(ではない)

‘丸岡は新しい香川になるのか?’という問いは彼のボルシア・ドルトムントへの移籍が発表された当時、最も挙げられたものであった。すぐには答えの出ない質問だ。-いやもしかしたらすぐかも?この夏に香川が戻ってきたことで、ドルトムントは新しい香川を必要とはしなくなった。丸岡は彼の足跡をたどり、(訳注 お手本としてとも読み取れる)それに伴い彼自身をより印象付けたいと思っている。

そして、それは、クロップが試合後の記者会見で説明したように、彼のブンデスリーガ最初の試合で幸運にも現実のものとなった。

「僕は丸岡にはとても満足いているよ。彼は大きな才能だ。マインツ戦での試合終盤において小さな光だったね。」

そして、そのようにこの18歳は、9ヶ月前に望んだように、水曜夜にシグナル・イドゥア・パーク(ドルトムントのホーム)での試合に出るかもしれない。

「もし僕がドルトムントの8万人の前でゴールを決め、みんなが僕の名前を呼んでくれたら、まるで夢のようですね。」






以下それに対するドイツ人の反応です。

・彼は僕も気に入ったよ。準備期間でも良い印象を残したしね。もし彼がシュトゥットガルト戦でも出場したらクールだね。20分以上プレーして欲しいよ。

・もし彼が新しい香川になったらイカスね。

・↑もちろんイカスよね。去年のような不名誉なシーズンの後ではこうした希望の光は必要だよ。頑張れ!

・↑一体どんな不名誉?

・もちろんバイエルンさ。(訳注 バイエルンに負けたこと)

・香川は宝くじに当たったようなものだよ。もちろん僕達はこうした事が続く間楽しむべきだけど、2回くじに当たることはそうはないだろうな。

・クロップが既に言ったように、試合終盤ではささやかな希望の光だったね。彼はほんとにクレイジーだね(凄い)。それに凄く若い。早いし力強く機転も利いてる。彼を楽しもうよ!




ファンの反応はまだまだ少ない物でしたが、ここ最近の日本人選手に対する記事では、最も長いものの一つではないかと思います。管理人も丸岡選手のことは、まだよく分からなかったので、楽しく読ませてもらいました。

また週末はブンデスリーガですね。どのチームも連戦で疲れている所ですから、いろいろ予期せぬ結果もありそうな気がしています。
[ 2014/09/25 21:00 ] ブンデス日本人特集 | TB(-) | CM(12)
本人も遠慮してしまったと言ってた通りまだまだポテンシャルはこんなもんじゃないように感じました。
CMFってところも昔の香川と一緒なんですが、タッチも柔らかくて可能性を感じますね…!
本日も更新お疲れ様でした!
[ 2014/09/25 21:48 ] [ 編集 ]
確か小麦アレルギーなんですよね。移籍当初は内田さんにご飯連れてってもらったりしてたけど、普段どうしてるんだろう。

いよいよダービーなので、できたらドルとシャルケがどんな煽りあいをしてるのかとか反応あったら、知りたいです。
とりあえずたった今シャルケ公式で内田香川が密会中?なのでその反応なんかもあれば。
[ 2014/09/25 21:58 ] [ 編集 ]
りr
管理人さん、いつも読み応えのある記事をありがとうございます。今日の試合は、残念でしたね。香川選手、あと、もう少し!という場面が数回あって、静まりかえっている夜中に、思わず声をあげてしまいました(笑)。期待の裏返しか、厳しい声もあるようですが、もう少し時間が必要かなと、思っています。いい時も、そうじゃない時も、ずっと応援していく所存です^^。丸岡選手も、期待の逸材で、目が離せませんね。可愛い笑顔が印象的で、思わず、まるちゃんと呼んでしまいます。週末は、いよいよダービーですね!頑張れドルトムント!
[ 2014/09/25 22:24 ] [ 編集 ]
No title
ずんぐりしててテクニックがあるからマラドーナ目指して欲しい。
[ 2014/09/25 22:47 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんお疲れ様です
相変わらず、面白い翻訳有り難う御座います。
管理人さんが翻訳した記事と日本のマスコミが翻訳した記事
見比べたりするのが楽しいよ笑
今度、暇な時でもドルトムントにある香川が行ってる!?だかの
日本料理屋に行ってみて感想宜しく笑
[ 2014/09/25 23:34 ] [ 編集 ]
とても読みごたえがあり。他のサイトとは、一線違うし、そして丁寧。また楽しみに読ませてもらいます。管理人さん頑張ってくださいね。
[ 2014/09/26 00:15 ] [ 編集 ]
楽しんで読ませてもらいました。
[ 2014/09/26 00:15 ] [ 編集 ]
大変、興味深い良いブログでした。
楽しみにしてます。
[ 2014/09/26 00:46 ] [ 編集 ]
No title
今はヨイッチを育ててる段階だし、牛丼とシャヒンが復帰したらu23に戻るかもしれんが、野戦病院状態の今が最大のチャンスではあるな
もしかしたら香川の控えでトップ下出場もあるかもしれん
[ 2014/09/26 04:31 ] [ 編集 ]
No title
更新ありがとうございます
丸岡くん頑張ってほしいですね
[ 2014/09/26 07:53 ] [ 編集 ]
No title
シュトゥットガルト戦、スタジアムで観戦しましたが丸岡くん、試合前のスタジアム映像で軽い特集うされてましたよ。
ギャウもそうですけど、あの世代が良いパフォーマンスを見せるとワクワクします。
[ 2014/09/26 08:26 ] [ 編集 ]
貴重な翻訳ありがとうございます。
YouTube にはロングレンジからのシュートを決めているユース時代の動画がありますね。
[ 2014/09/26 20:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。