ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBロイス一安心!無免許運転による捜査が中止に!!ビルト詳細とドイツ人の反応《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。




マルコ・ロイスの免許スキャンダル


ロイスへの捜査手続き、取りやめに!!


entry_img_622.jpg


マルコ・ロイスは安堵の溜息をつくことができるだろう。これにて免許スキャンダルがついに終わることになったのだ。


ドルトムント州検察は“マルコ・ロイスの故意の無免許運転の疑いに関する、さらなる捜査が打ち切られた。”と公式に伝えた。


背景:マルコ・ロイスは2014年の11月25日に、2011年から2014年まで6そに渡って故意に無免許運転をした事で54万ユーロの罰金を支払っていた。

スポンサーリンク



ロイスはこの罰金を2015年の5月に全額支払っている。

20150926033901161.jpg

しかし新たな指摘によってドルトムント州検察は2014年の終わりにさらなる捜査を開始していた。そして今日金曜日に地検は“この捜査は昨日で打ち切られた。”と発表したのだ。


ロイスは一安心してビルトに語った。“僕はこれに関する事が一段落して本当にうれしいです。でもこの事についてはこれ以上は発言したくないですね。”


ドルトムント検察は捜査が打ち切られた理由として以下の点をあげている。



▶“被疑者の以前のチームメートからの数多くの証言”。全てのロイスのチームメートに対して彼の運転の習慣について聞き取り調査を行った。


▶写真からは被疑者の犯罪行為を証明することができなかった。


▶ロイスが彼の友人や知り合いにも彼の自動車を貸していた事が明らかになった。そして彼らは、いくらか似たような見た目である。


▶被疑者の車で行われたスピード違反において、明らかに彼ではない別人がカメラに収められていた。(注:スピード違反のカメラ)


▶一人の証人が、ロイスが2015年の4月に車を運転している姿を目撃した、と証言したが、この件に関してはロイスに疑いようのないアリバイがあった。彼はその時ドルトムントにおらず、代表チームに同行していた。


検察はさらにこう続ける。“上で述べられたこれらの犯罪好意に関してに関しては、広範囲に渡る捜査に基いて、場合によっては、長い間過去に遡る、新たな3つの行為が確認れた。”



しかしこの場合(注:3つの事柄)に関して、検察は追跡捜査を思いとどまった。なぜならこの行為に対する罰金は、すでに支払った54万ユーロと照らしあわせて、“比較にならないぐらいぐらい軽い”ためである。


これで免許スキャンダルは完全に終了した。ロイスはこれでようやく免許を取ることができる。





20150926033901f9f.jpg

【この記事を読んだドイツ人の反応】※一般人多数。ドルトムントファン以外多数。


・法は平等ではないんだ!!


・酔っ払い運転と無免許運転よりも危険な人っているんだろうか?


・普通の住民だったら、何年も運転禁止だったろうね。


・↑君はバイエルンファンだね。


・でも一体誰が2190日間でたった6回だけ無免許運転をするというんだい?これには笑うしか無いね。本当にどうなっているんだか。絶対に嘘に決まっているよ。本当にひどい。


・なんてこった!有名人ボーナスだね。一般人だったらこんな事はあり得ないよ。これがお手本だって言っているんだから。


・これだったら全ての運転手は自分に似た人を探せば良くなりそうだ。


・でも免許偽装についてはどうなったんだろう?


・これはひどい!!刑務所行きが妥当だっただろうね。無免許運転をする奴は刑務所に行くべきだ。でも検察にはきっと多くのBVBファンがいるに違いない。


・でも彼は自分に似た友人に車を貸しといてラッキーだったね。



・でも偽装は犯罪だよね。なんでお咎め無しなんだ?



・お金で自由が買える事が残念でならないわ・・・6年も無免許運転で、さらに偽装でしょ。月収3000ユーロの人でこんな判決になったかしら?


・↑それはないでしょうね。


・みんなドイツ最高のフォワードをそっとしておいてくれ!



・そもそも免許を持っていないのにどうして車が持てるんだ?でもお金がある人は法律をいちいち心配する事はなさそうだね。



・ちょっとだけ似ている友人という所を読んだ時は思わず笑ってしまった。


・彼が7年間無免許運転をしていたことは事実だ。普通の人だったら絶対にもう免許は取れないよ。検事と裁判官はBVBのVIPなんだろう。


・この記事には4月半ばに代表とあるけれど、代表戦は3月の終わりだったような気がするけど。4月には代表戦はなかったよ。


・ドルトムント検察はBVBファン。


・もしロイスがバイエルンの選手だったらどうなっていたのかちょっと気になった。


・これはただのスキャンダルじゃないよ。大きなスキャンダルだ!!


・いつもそうだけど、お金がある人が好まれるね。


・本当に残念・・。







以上です。

ちょっと背景をまとめますが、ロイスは6度の違反で約50万ユーロの罰金を支払うことになりました。しかし彼が6回以上無免許で運転しているという証言が多く寄せられたため、検察はそれについて捜査を続けていました。今回その捜査が正式に打ち切られたというわけです。

ロイスからしたら本当に一安心ですね。記事には300コメントぐらいが寄せられていました。その内100ぐらいのコメントが脱線していましたが、彼を擁護するようなコメントはほとんど見当たりませんでした。やはりお金で解決される事に疑問を抱くドイツ人が多いですね。


しかし罰金だけですんだのは本当に幸運でしたね。これでよりサッカーで力を発揮して欲しいですね。


去年のスキャンダルの記事です。合わせてご覧ください!


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1361.jpg

船上レストランです。
結構人気があり賑わっていました。ハンブルクやブレーメンでは度々船を見ることができ興味深かったです。

[ 2015/09/26 06:05 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(8)
ようやく決着がつきましたか(まだ続いてたとは知りませんでした)
自動車メーカーが選手のスポンサーになることも多いのでかなりダメージがあったでしょうね、完全に自業自得ですが

そういえば香川も以前のBVB所属時に免停くらってましたね
練習場に行くまでイリーに送って貰ってたと言っていました

VW問題のヴォルフスブルグに与える影響も興味がある所です
[ 2015/09/26 12:12 ] [ 編集 ]
甘いけど、ドイツはそれよりディーゼルエンジンの方が大炎上してそう。
日本が勝つことに嫌悪感持ってるみたいだけど、独自技術開発してなかっただけやん。
[ 2015/09/26 12:20 ] [ 編集 ]
さすがにロイスの件と香川の免停を同等に扱うのはちょっと…w

香川のはスピード違反がせいぜいだと思う
内田も前にそれが原因で免停になってたので(こっちは地元紙で取り上げられた)
日本との道路事情、交通事情の違いに不慣れなうちはこういうケースもありえるのだとか
[ 2015/09/26 15:18 ] [ 編集 ]
まぁこの件に関しては援護出来る要素が微塵も無いからな
ドルを応援してるから「まぁこれで一安心だね」程度に思っちゃうけど、
仮にこれがバイエルンの選手だったらボロッカスに叩いてると思うわ
[ 2015/09/26 17:08 ] [ 編集 ]
まぁ、ロイスを擁護するつもりは全くないが、要は証拠がなかったって事でしょ。

・でも一体誰が2190日間でたった6回だけ無免許運転をするというんだい?
↑確かにその通りだけどね。

チームからは何の罰則もないのかな?普通の会社だったら即クビだろうけど。犯罪歴があれば再就職だって難しい。
その辺は、正に有名人ボーナスって感じだわ。

それにしても、事件発覚が2014年11月25日で、もう免許取れるってどーゆーこと?1年も経ってないのに。
[ 2015/09/26 17:08 ] [ 編集 ]
無免許運転ですもんね…。
世間一般の見方は厳しくて当然だと思います。
たしかにスーパースターボーナスなのかもしれません。
ただ、ロイスはこれで安堵したでしょうねぇ。
捜査対象になってるなんて、精神的に落ち着かないでしょうから。
[ 2015/09/26 17:25 ] [ 編集 ]
ドルトムントにとっては良いニュースかもしれないけど、犯罪に関してはきちんと追求して欲しかったな。
[ 2015/09/26 21:32 ] [ 編集 ]
これとは別件の免許偽造ってどうなったんだろうか・・・
ロイスに限らないが有名税なのか派手な自動車事故起こしてもたいしたお咎め無しってのがスゴいわ
特に飲酒運転事故
日本は飲酒運転事故で悲惨な結果になる事故があるし、そういう人間はスポーツ選手だろうが人として考えられん
日本以外の国だと有名人やスポーツ選手がもし人轢いたときでも有名税で刑務所入らなそうな勢い
[ 2015/09/30 01:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。