ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘル監督、ホッフェンハイム戦でのローテーションを弁明!《ドイツの反応》


ホッフェンハイム戦で1:1の引き分けとなり、連勝がストップしたドルトムントですが、監督のトゥヘルは今回のローテーションについて記者会見で弁明しました。その発言が西ドイツアルゲマイネ新聞やキッカーなどで早速伝えられていますが、西ドイツアルゲマイネ新聞より紹介します。






ローテーション

BVBの監督トゥヘルがホッフェンハイム戦でのローテーションについて弁明


entry_img_623.jpg

ドルトムント:ホッフェンハイム戦でBVBはギュンドガンとミキタリアン抜きで始めた。そして試合に入るのに苦労した。しかしながら監督は自分の対策を確信している。



スポンサーリンク



ホッフェンハイム戦での引き分け後で見られた多くの意見は明らかなものだった。前半はBVBから見れば決して理想的な内容ではなく、ようやく後半になってから向上したのだ。それはこの日温存されていたヘンリク・ミキタリアン、とイルカイギュンドガンの交代によってもたらされたと見て良いだろう。しかしこうした因果関係はトゥヘル監督にとっては気に入るような事ではなく、彼の決断に疑問を残すものとなった。



“我々は代わりにマルコ・ロイスとゴンザロ・カストロでスタートした。そして二人とも良くプレーしたね。”とこの監督は語った。“1:1にするまでに僕らのチームに欠けていたのは、明らかなシュートチャンスだったり、ペナルティー・エリア内に入るための一手だった。それによって非常に苦労しなければならなかった。でもその原因は、ポジショニングにおいて、最後のパスやその前のパス(が通らなかった事)だ。”


トゥヘルはBVBのローテーションを“選択肢がない”と見ている(注:ローテーションをする以外に選択肢がない)


ローテーションの決断は正しいものだった。なぜならそうする以外に選択肢がないからだ。“僕はシーズンを通しての監督であって、レヴァークーゼン戦とホッフェンハイム戦だけの監督ではないよ。”とトゥヘルは語る。それに、そもそもギュンドガンとミキタリアンが先発していたらどうなったかと言うことは、誰にも知ることができない。監督は“僕らはイルカイとミキのクオリティーを無限に持つことはできないよ。”とも語っている。


20150926041213645.jpg


トゥヘルは今後、いつも輝かしい内容を期待しているわけではないが、それは今回の(ローテーションの)件が原因だからというわけではない。トゥヘルは“僕たちは、対戦相手が僕らに対して守備を強化してくることに慣れなければならないね。これまで僕らは攻撃力を示してきたからね。”と語る。そして“対戦相手が僕らに対して以前見せていた守備とは基本的に違うフォーメション、そしてさらなる熱意を持って守備をしてくる事はあるだろうね。だから僕たちは、チャンスを得るまでに時間がかかるという事に慣れなければいけないね。”と予想した。


トゥヘルは今でもベンチからいつでも力を加えることができると信じている。例えば後になって獲得したヤヌザイなどがそうだ。ヤヌザイを先発として使えなかったことは“不公平だった。”と彼は語った。“4人以上交代して彼を出場させたかったね。”(注:不公平は、使いたかったけど人数に制限があって使えなかったという意味において。)





以上です。


この記事はいつも採点している人が書いた記事です。トゥヘルの言葉を文中に埋め込んだのでちょっとややこしくなっていました。記者も野心があるからか、わざわざ難しい表現を使ったりしますね。

それはさておき、トゥヘル、ローテーションについてはっきりと発言していますね。これなしでは長いシーズンを戦い抜く事は不可能ですから、今後も課題ですね。ただ個人的には、メンバーが変わった時に新たなフォーメーションも必要なのかも知れないな、と感じています。

それから、今後ますます相手の守備がきつくなることは十分にあると思います。ホッフェンハイムはサイドが全然上がらず6バックみたいになっていましたし、そうするとサイドの奥へのクロスも今までみたいには決まらなくなりますよね。次はダルムシュタット戦、厳しくなるかもしれませんが、やっぱりここで楽に勝って勢いを取り戻して欲しい所ですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_8015.jpg

ドレスデンのレストラン
旧市街地の中心部にある結構有名なレストランです。旬の素材の料理を出したり、種類豊富なケーキにヨーロピアンな内装で人気のあるお店です。

いつも興味深いコメントをありがとうございます。いいねボタンがあったら何度も押したくなるようなコメントばかりで嬉しいです。



[ 2015/09/26 17:16 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(15)
いつまでもちょっとづつ控えや新加入選手に馴染んでもらうってわけにはいかんからな。
[ 2015/09/26 18:04 ] [ 編集 ]
ターンオーバーはEL、CLを戦うチームでリーグ戦も獲るなら必須ですからね。
ELが予選リーグ敗退なら余裕は出るけど、やるからには獲りたいでしょうし
中々バイエルンが取りこぼさないだけにドローは痛いけど逆のパターンも必ずあるはず。

トゥヘルの中でのベストメンバーは見てる側にも明らかですし
最初の山場であるバイエルン戦にピークを持っていくためにもこの週末も何とか
乗り越えてほしいです。

元々香川の活躍もあってブンデスリーガも見るようになりましたが
今はドルトムントの試合が待ち遠しくて仕方ないほど楽しみです。
[ 2015/09/26 19:08 ] [ 編集 ]
カストロのフリーダムな動きと守備放棄さは香川2年目前半戦のギュンドガンみたいだった。カストロはもう若くもないし変わらないだろうけど。
[ 2015/09/26 19:36 ] [ 編集 ]
最近、おまけ今日のドイツを見にきてるのかサッカーの記事を見にきてるのか分からなくなってきたw
いずれにせよここのサイトは非常にありがたくて重宝してます。
[ 2015/09/26 19:47 ] [ 編集 ]
これは今季一番の課題ですね
出場メンバーによって戦術を変えるのはアリだと思います
TOに定評のあったファーガソンもそれでPLを制してきました

今季はこの問題をどこまで引っ張るか、それとも最後まで続いてしまうのかが大きなポイントになりそうです
もし来季CLに行くとするとさらに大きな問題となってしまいます

ELを含めたトゥヘルの采配や冬の移籍にも注目しています
[ 2015/09/26 20:35 ] [ 編集 ]
確かにローテーションするしか選択肢はないですね。全試合ベスメンは不可能な訳だしローテして失敗するのも避けられない。過密日程では試合をしながら試行錯誤してサブメンバーの選手との融合をしてチームを作っていくしかない。その中でトゥヘルは新たなシステムを試して行くかもしれませんね。そして試合中にも戦術を変えていくのではないかと思う。
[ 2015/09/26 20:56 ] [ 編集 ]
ローテーションは最初からうまくいったら名将ですわ。
スタメンクラスがたくさんいるメガクラブでも苦労してるから。
[ 2015/09/26 21:00 ] [ 編集 ]
ムヒの変わりにロイスとかおかしな話ですよね
ロイス・ムヒの変わりにホフマンやヤヌザイってのは分かりますが
ホッフェンハイム戦も現在主力のムヒ・ギュンドアンが入って試合が落ち着いたように、先日のELも香川が後半から入って試合が落ち着きました
結局現在のベストメンバーで常に戦うのがベストだけど過密日程の中選手の疲労を考えればそうはいかないとトゥヘルは言いたいのでしょう
ただ、いろいろなところで言われているようにベストメンバーとサブ組の力の差があまりにも違いすぎて、2人変えるだけで攻守ともチグハグになってしまう
この辺りがエースを温存して若手だけで圧勝してしまうバイエルンとの一番の違いなんでしょう
ドイツの各メディアはダルムシュタット戦を現在のベストメンバーを予想しているようですが、また2人程変えてくるのでしょうか?不安しかありません

[ 2015/09/26 21:28 ] [ 編集 ]
中二日でローテーションしたら批判されるのかよ
使える選手は限られてるんだからしょうがないだろうに
[ 2015/09/26 23:10 ] [ 編集 ]
管理人さんの言う通り、控えメンバーを出した時に、控えメンバーに合わせた戦術とフォーメーションを用意ことが理想ですね。ただ、それをやるにも補強する必要はありそうです。
冬の補強はもう動いていると思うのですが、シャヒン次第では、DMFの補強が必要でしょう。
[ 2015/09/26 23:45 ] [ 編集 ]
控えのフィットが急務ではありますが、ドルトムントは戦術も特殊なところがあるし、試合に出て慣れるのに時間が必要だと思います。
むしろ即対応して見せたヴァイグル君が異常だと思うんですけどね。
[ 2015/09/27 10:49 ] [ 編集 ]
昨日にバイエルンXマインツ 見ましたが、バイエルン本当に強いですね。

ロシアでのEL 中2日でバイエルン戦
どうするのか心配になりますよね

今日の試合も絶対負けられないし、、、

以前イギリスに住んでいたときは食事もケーキもなかなか雑?な味のお店が多かったのですが
ドイツは美味しいですか?
[ 2015/09/27 17:57 ] [ 編集 ]
サブメンバーの戦力アップが急務なんですよね
とはいってもさすがに突然改善することは難しいでしょうが
今回の結果を踏まえてどんな対策をしてくるのかを楽しみにしたいですね
[ 2015/09/27 18:23 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイム戦の前半を見てみたけど、カストロは言われてるほど悪くないですよ。
どちらかと言えば香川の方が酷いプレーをしていたと思います。
何故そこでカストロにパスを出さないの?というシーンが何回か有りました。
カストロのスルーパスも悪くはないです。
まだロイスとの意思疎通が出来てないだけで、時間が解決するんじゃないかな。
[ 2015/09/27 22:57 ] [ 編集 ]
カストロより香川が悪いとか書いてる人がいるが、
ドルトムントの戦術を理解していないようだな。

ギュンドガンが入ってからの試合内容を見てないのか。
[ 2015/09/28 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。