ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBの新星ヴァイグル「失敗から学んだ!」最新インタビュー!《ドイツの反応》


本日のビルトにドルトムントのヴァイグルのインタビューが掲載されましたので紹介します。



ドルトムントの至宝 ヴァイグル

BVBの少年が告白する!


BVBの新星が、自分の失敗から何を学んだかを語る


entry_img_624.jpg


ユリアン・ヴァイグルはまさにBVBにおいて驚きだった。


ミュンヒェン1860年から250万ユーロで移籍してきたこの新加入の選手はすぐにレギュラーに定着し、彼のお手本であったスヴェン・ベンダーをベンチに追いやってしまった。




ビルト:ホッフェンハイム戦での1:1で連勝は止まったわけですが、これが勢いを止めることになりますか?


ヴァイグル:もちろん僕たちは勝ちたかったですね。チャンピオンズリーグ圏内への貯金を増やすためにも。でも勝つには前半が悪すぎましたね。それでも今シーズンのスタートは全体的にとてもポジティブだと思います。僕たちが今まで理由なく無敗なわけではありませんから。

スポンサーリンク




あなた自身がドルトムントのトップ・スタートに驚かされましたか?


そうですね。シーズン前の僕の目標は挑戦者となることでした。僕は出場時間を確保したいとは思っていましたが、もちろん若い選手として、まずはベンチからのスタートになると思っていました。ちょっと速すぎる展開ですね。いずれにせよ今の僕はとても幸せです。チームの助けとなれて、本当に楽しいですし、今は一分一分楽しんでいます。


20150927040713659.jpg


1860から移籍する前に、ドルトムントへの移籍は早過ぎるという警告はありませんでしたか?


僕にそれを直接言った人はいませんね。みんな、こんな素晴らしいクラブでプレーできるなんて大きなチャンスだったと思っていましたよ。でも中にはこの移籍を疑う人もいる、というのは耳にしましたね。ちょっといきなりレベルが上がりすぎるんじゃないかと。でもその事が逆に僕をやる気にさせました。そう思っていた人たちは僕がいきなりプレーして驚いたでしょうね・・・。



ズヴェン・ベンダーはあなたのお手本ですね。似たような経歴があります。あなたは彼をベンチに押しのけてしまいましたが・・・。


僕はもっと若い頃すごく彼を見ていました。僕は良く彼とも話をしましたよ。でも僕達の関係はなにも変わっていないですよ。誰がピッチでプレーしようがね。彼は僕を助けてくれますし、僕に良い感覚を与えてくれます。彼が試合前に“今日もお前のプレーをするんだぞ、お前ならできる!”と言ってくれるととても力が湧いてきますね。もし彼が僕と代わってプレーするなら、僕も彼と同じことを言うと思いますよ。競争相手という意識はありません。


あなたは20年という人生で多くの事を経験しましたね。1860でのキャプテンとなるも、夜の遠足のために(注:おそらく夜遊び)キャプテン剥奪。いったい当時はどうだったんですか?


それが起こった時は僕にとっても家族にとっても難しかったですね。その当時は多くの事が新聞に載りましたし、正しくないことも載りました。監督も僕が全力で(練習に)取り組んでいたにもかかわらず、僕の事を出場させませんでした。でもその後に監督が代わり、新監督がまた僕を起用したんです。僕はその時に学んだんです。いつも正直に自分の道を進めば、そしてパフォーマンスを発揮し、トレーニングに全力で取り組めば、いつかは報われるということ。



201509270407153a7.jpg

こうした経験はあなたをより強くしましたか?


もちろんです。それによって成熟したと思います。僕はその当時キャプテンをめぐる騒動に対して少しナイーブだったかもしれませんね。実際よりも軽く考えていたんだと思います。でも最終的にはより強くなって戻ってきました。


BVBとバイエルンの対決は再び活気を取り戻すと思いますか?


当時の1位をかけた大きな戦いの場には僕はいませんでした。僕の立場からすればその事について話すのは早過ぎますね。僕たちは現段階では次の試合だけを考えて準備していますから。可能な限り真面目でプロフェッショナルに。


あなたはバイエルン出身で、1860で大きくなりましたね。あなたはバイエルン(ミュンヘン)に対してはどう思っているんですか?


(笑)僕のお父さんはいつも1860のファンでした。なので僕も赤ではありませんね・・・。(注:赤はFCバイエルンの色)






以上です。


ヴァイグルのインタビューを訳すのは初めてになりますが、とても良い印象を受けました。


彼のスキャンダルについて少し調べてみましたが、彼は1860で18才にしてキャプテンになったのですが、2試合にキャプテンとして出場した後で、とある出来事のためにキャプテンを剥奪されてしまったようです。噂によると、チームメート4人とディスコにいって何かやらかしたとされていますが、それ以上詳しい話は分かりません。

その後ヴァイグルを含む4人の選手が地方リーグ送りとなりました。ヴァイグルの話によると監督が代わるまで、戻される事はなかったようですね。


何はともあれ、今はこうしてBVBで才能を発揮してくれていますね。疲労が気になるところですが、どんどん成長してBVBの新たなスターになって欲しいです。


【おまけ今日のドイツ】

20150927040711c49.jpg

ブルーベリーのケーキ
前回のおまけで紹介したレストランで食べた物です。とても大きいですが意外と甘すぎずさっぱりしていておいしく食べました。
でも横になって出てきたので大雑把なドイツだなーと心で呟いてしまいました。

[ 2015/09/27 06:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(17)
ヴァイグルは良い選手だよなあ、 去年のドルトムントに一番必要だった選手を持ってきたトゥヘルは有能だわ。ビュルキも大成功だしね。あとはFWを今冬に補強して欲しいくらいかなあ
[ 2015/09/27 07:07 ] [ 編集 ]
管理人さま
いつもありがとうございます。
管理人さまの記事は、現地の空気をそのまま届けてくれてるようでとても気持ちいいです。
ヴァイグルは今季注目の選手なので、ありがたく拝見しました。
これからも勝手に楽しみにしています。
あまりご無理されないよう、ご自愛下さい。
[ 2015/09/27 08:56 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます!
ヴァイグル選手は彗星の如く、と言うより、気付くとPSMから当たり前みたいにBVBの中盤のレギュラーに収まっていた不思議な若手という印象で、日本では前評判も経歴も何も知られていないので、このインタビューは有難いです!
それにしても、受け答えがすごくしっかりしていますね。私も好印象です。過去の失敗である所の夜の遠足も、やんちゃな一面があると知れて面白かったです。一度痛い目に遭っているので、これからは慎重になるでしょうし、良いんじゃないでしょうか?ますます応援したくなりました。

※ケーキのブルーベリのジェロの部分が流れないのがさすがです
[ 2015/09/27 09:24 ] [ 編集 ]
>僕のお父さんはいつも1860のファンでした。なので僕も赤ではありませんね・・・。


バイヤンに盗られる心配は薄いのかなぁ
[ 2015/09/27 10:26 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは本当に当りですよね!
スカウトの最高の仕事だと思いますし、先見の明があるとつくづく思います!
そして、ヴァイグルの活躍の効果は勝利だけではなく、他の加入してきたメンバーも長い目で見守れば活躍すると思わせてくれていると思います。
そういう風に考えるとローテーションした時のメンバーがヘマしたとしてもシーズンが進めば助けてくれるからドンマイって思えるのは応援する身からしたら精神的に有り難いですよねw
これからも過酷な日程上、全員の力が必要になるはずですのでイチイチ一喜一憂しないでシーズン通して楽しんで応援していきたいと思えます。
こういう選手の記事を読めるのは本当に幸せです。
ありがとうございます!

[ 2015/09/27 11:25 ] [ 編集 ]
フットボールマネージャーでミュンヘンよく使ってたので
存在自体は知ってたが夜の遠足は知らなかったわw
[ 2015/09/27 11:49 ] [ 編集 ]
良かった
ゲッツェみたくあのクラブに強奪されなそうだ
[ 2015/09/27 13:37 ] [ 編集 ]
バイエルンに取られちゃうのだけはやめてほしい
今の戦術でヴァイグルの代わりはいないと思うんですよね
引きぬかれたら戦術自体変わるんじゃないかぐらい重要なプレイヤーに見れる。

[ 2015/09/27 14:12 ] [ 編集 ]
1860のファンならバイエルンに引き抜かれることなさそうだな
ちょっと安心
[ 2015/09/27 14:34 ] [ 編集 ]
以前検索フォームをリクエストさせて頂いたものです。
お礼が随分遅くなってしまいましたが、どうも有難うございました!
ものすごく早く設置して下さって、びっくりしているうちに数か月も経ってしまい…
フォームを使っているのが自分ひとりでないと良いのですが。

ヴァイグル選手は若者らしさもまだ残しつつ、とても利発そうですね。
ベンダーについて言及した部分では両選手の人柄の良さが出ているなあと感じます。
どちらの選手も好きなので、頑張って良いシーズンにして欲しいです。
[ 2015/09/27 14:50 ] [ 編集 ]
トゥヘルが熱望しただけありますね。若い時は色々あって当然。その後真面目に努力するかどうかが人生の分かれ道になる。こうしてドルで香川とギュンという才能と出会い一緒にプレイ出来る事は彼の将来においても幸運だったと思います。彼の才能はより磨かれるでしょうからね。
[ 2015/09/27 14:54 ] [ 編集 ]
>なので僕も赤ではありませんね・・・。

素晴らしい回答だ!
[ 2015/09/27 15:50 ] [ 編集 ]
なんだかとっても真面目そうな好青年ってイメージなのに過去に、、10代?でマスコミに騒がれるような事が
あったなんて意外でした

才能あふれるプレイですっかりフアンになりました。
小気味よいプレイは香川選手とも合ってる?気がします。

ところでベンダーはどうしたんでしょうか?
[ 2015/09/27 18:13 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
彼の経歴はよくわからなかったので、
こうした記事を読むことができて非常にありがたいです。
多少やんちゃした事があったんですね。
しかし変わり身を見せた彼はきっと大成するでしょう。

レストランでケーキを横倒しで出しちゃうとはw
大きいということは重くて横倒しになってしまったんでしょうか?
でもおいしそうです。
[ 2015/09/27 18:37 ] [ 編集 ]
20歳とは思えない受け答えです。
素晴らしい。
[ 2015/09/27 18:46 ] [ 編集 ]
しっかりした青年で、感心してしまいます。
攻撃陣のF4が注目されていますが、香川・ギュン・ヴァイグルの中盤3人はドルの支柱ではないでしょうか。


[ 2015/09/27 22:22 ] [ 編集 ]
若い頃の過ちも勉強のひとつですよね。若いからこそ出来た経験、いい風に生かせてる人ですよね。
ますますヴァイグルが好きになりました。
[ 2015/09/28 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。