ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!同点弾の起点になるも、引き分けで厳しい評価も。寸評と採点①《ドイツの反応》

今日ダルムシュタットとホームで対戦したドルトムントでしたが、90分に追いつかれて2:2の引き分けとなりました。同点弾の起点となった香川選手ですが、地元紙からは厳しい評価となっています。今日はレヴィーア・スポーツの寸評を全員分訳します。後は採点と香川選手の寸評をどうぞ。

entry_img_626.jpg



【レヴィーア・スポーツ】


ビュルキ 3

ラウシュのフリーキックが目の前で弾んだ場面では少し不安定さを見せ(12)、彼はそれをなんとか拳で弾いた。2失点とも彼の責任ではない。それ以外はほとんどやる事がなかった。


フンメルス 3

ソクラティスのようにほとんど試されることがなかった。なぜならドルトムントがボールを良く扱っていたからだ。もし誰かが突破を試みたら、このセンターバックはその位置にいた。失点の場面では中央を閉めなければなかった。


シュメルツァー 3-

彼のサイドを良くコントロールしていた。彼のサイドでの組み立てはもう少し正確になっても良い。



スポンサーリンク




ソクラティス 3

彼は単に信頼できる。ロイスとギンターがラウシュにやられてしまったが、このギリシア人が徹底してその間に割って入った(16)。


ギンター 4

0:1の場面では前に行きすぎていて、ゴンドルフにボールを上げたラウシュをマークする事ができず、まったくフリーにしてしまった。後半ではその代わりに1:1のアシストをすることに成功し、ドルトムントのゴールにまたしても絡んだ。2:2の場面でボールが彼の胸からズルーに転がってしまったのは少しばかり不運だった。それに彼のチームメートもその場面ではミスを犯していた。


香川 4-

彼にとっては良くない一日となった。目立つことは殆ど無く、もし目立ったとしたらそれはパスミスだった。しかしその代わりに素晴らしいクロスをギンターに送り、オバメヤンが同点ゴールとした。ブンデスリーガ・ドイツの反応@Ichliebefussball


ギュンドガン 4-


彼のパスミスがダルムシュタットの起点となり、0:1となってしまった(17)。それ以外は彼には、コンパクトに守ってくる相手に対してアイデアが欠けていた。


ロイス 4-


最も目立ったのは彼の靴の色が左右で違っていた事だ。相手陣内で良く渦を巻き起こしていたが、どういうわけかちゃんと試合に入ることができなかった。


ミキタリアン 2-

現在の所彼がBVBの動力となっている。ボールを要求し、そのボールを良く送っている。ダルムシュタットの狭い守備に対しては、それを突破するのはすごく難しかった。78分に送ったオバメヤンへのパスは素晴らしかったが、彼は惜しくも外してしまった。


ヴァイグル 3-

中盤で彼の仕事をこなしたが、今回はあんまり目立たなかった。中盤のスペースをさらに消さないように今回は少し下がっていた。


ヤヌザイ 3+

2:1とした場面で相手を相手にとって致命的なパスをフリーのオバメヤンに送った。彼の交代はドルトムントにとって良い効果をもたらした。


オバメヤン 2-

20分に同点とする大きなチャンスがおとずれた。とても積極的でよく走ったが、理想的な状態でボールを蹴るのは難しかったようだ。しかし63分にはようやく素晴らしいプレーをみせ、ヤヌザイからの2:1とした場面も同様だった。






20150928041958807.jpg

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

ビュルキ 3

ギンター 3

ソクラティス 3.5

フンメルス 3

シュメルツァー 3.5

ヴァイグル 4

ギュンドガン 3

ロイス 5


香川 4

テンポをパス交換で攻撃をするために、何度も低い位置まで下がっていった。そのようにして序盤はダルムシュタットの守備を相手にスペースを見つけ、20分には力強いパスでロイスの最大のチャンスを演出した。しかし徐々にダルムシュタットが良く試合をコントロールし、それ以降彼からは長い間何も見られなかった。彼の次なる閃きは約1時間ごにおとずれた。それのどんなにすごかったことか。彼の正確なギンターへのロングボールが1:1の起点となった(63)。ブンデスリーガ・ドイツの反応@ichliebefussball

ミキタリアン 3.5

オバメヤン 2.5

ヤヌザイ 2.5


20150928041953707.jpg

【ビルト】

ビュルキ 3

フンメルス 3

ギンター 3

ソクラティス 3

シュメルツァー 4

ヴァイグル 4

ギュンドガン 3

ロイス 5

ミキタリアン 4

香川 3

オバメヤン 1

ヤヌザイ 2

201509280419537ab.jpg




以上になります。

管理人は試合が終わって少しの間放心状態となりました・・・・・。ちょっと今日の試合には頭にきましたね。特に審判には。今回も明らかなPKがもらえず、そのせいで引き分けになってしまいした。もうちょっとドルトムントに有利な判定をして欲しいですね。なんとかして欲しいものです。


さて今日の採点ですが、レヴィーアスポーツが久々に独自で採点しましたので寸評を訳しました。いかがでしょうか?この新聞は時々しか寸評を載せませんので、まだ謎が多い新聞となっています。管理人は気まぐれ新聞と呼んでいます。


西ドイツアルゲマイネの採点者について最近思うのは、おそらく印象に残った場面だ多いかどうかだけで採点しているだろう、ということです。きっと試合を見ながら印象的な場面と時間をメモしておいて、それがそのまま寸評になるのではないかと思います。そうじゃなければ30分以内に寸評は出てきませんよね。

ルーアナッハリヒテンはまだ出ていませんので明日にでもキッカーと一緒に載せたいとおもいます。



ホッフェンハイムに続いてダルムシュタットも6-3-1みたいなフォーメーションで攻めてきましたが、あんまりこういう試合が続くと見ている方もゲンナリしてしまいますね。ここはヨーロッパリーグでは主力は温存してバイエルン戦に備えてもらいたい所です。


私はもう採点とかどうでもいいわ、いい時だけ信用しようと思ってるので一喜一憂しなくなりました。
マークきついですわー。起点になったから仕事はしたかのう、お疲れだけど
守備頑張って無失点に抑えて勝ち点3取れたらいい試合、長いシーズンにはこんな試合もそりゃあるでしょうと思ってたらびっくりでしたね。

バイグルが時間使うより、最後カウンターにいったのも若さなのかのう、日本代表のアジア予選みて「中東」って時間使いまくる中東チームの戦術みて
時間の潰し方勉強するといいよ、とも思ったり。日本代表対中東のチームがよくやる試合と似てましたね。

ロイスも引かれてるのに、縦に要求しまくってカウンター向きのボールロストの機会増やすより、横に広がろうやーとの方が気になりました。
ヤヌザイがチームに適応してきているのと対照的に、ロイスとチームのリズムがあってないことはトゥヘルは悩みどころでしょうね。
バイヤンは引いてこないので、カウンターに強いロイスは必要なのですがドルがカウンターを受けるリスクも増えるでしょうし
[ 2015/09/28 05:04 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
審判がおぞましかったですね。副審含めちょっと意味が分かりません。
キッカーで6点つけて欲しい審判団ですわ。

香川の前を固めておいて、右を突かれるパターンがこれからも多くなるでしょうね。
どんだけそれで攻められてるんでしょうか。
オッズ戦といい、相手のシュート2本で2点とかもう修正したいのに上手くいきません。
後半、2点取ってから香川は守備に重点を置いた気がしますが、チームとしては意識がバラバラだった気がします。
香川はロストが多かったですが、彼含め疲労の蓄積が洒落にならないですね...

ロイスはどうしてしまったんでしょうか。
焦っているんでしょうか...前半の位置取りがどうにも全体のバランスを崩す要因になっていたような。

セットプレーはシャヒンが戻るまでどうにもならなさそうですが、
反対にセットプレーに対する守備がずっと不安ですね。
[ 2015/09/28 05:06 ] [ 編集 ]
基本的に前のゲームと同じ事されて苦戦してたからちょっとイラついたな。相手は引いて香川の前に人数かけてギュンにボールを持たす。そんでギュンがパスミスったときカウンターでギンターの裏狙う。前向きそうなときはファールで止める。たぶん相手ののゲームプラン通りの試合だったと思う。こういう時は、個人技で局面打開するんだけど一対一にあまり強くないチームはちょっと厄介だよね、、、。まぁ、負けなかっただけよかったですが、、、
[ 2015/09/28 05:29 ] [ 編集 ]
流石に2試合同じ感じでやられているからトゥヘルも何か対策とってくれると思いたいです。が、審判はどうしようもできませんものね。今日の審判はひどすぎます。素人目にもあからさま過ぎて…。
ロイスは足よりも気持ちが乗っていない感じですね。どうしたものか。ELで快勝してバイエルンに望んで欲しいものですね。

今日はドルトムンダーというビール(日本製)を用意して観ていたのに!
[ 2015/09/28 06:28 ] [ 編集 ]
リーグ戦7試合目。
怪我あけのロイスは先発じゃなく後半交代要員で徐々に復帰させていってほしい。
責めるとかではないが、2試合ドローになったのは彼を先発で使ったからだと思う・・・
あと、ドリブルがキレてきたから香川を前で見たい→香川を前に出して、その代わりがいないならギンターを前に出して後ろにピシュの形が見たい。
とかいろいろ文句を並べてみる。ギリシャ戦に誰を連れて行くか・・・。ポジティブなことは、ヤヌザイが凄いスピードで順応していること。香川→ギンター→オバマが今回も素晴らしかったこと。
[ 2015/09/28 06:37 ] [ 編集 ]
本当に辛い日になりました。
審判はゲームに大きく関与する事を忘れないで欲しいですね。
はっきり言って最低なジャッジでした。
こちらに有利にしなくても良いけど最低限、公平にして欲しかったです、特にホームなので!
この勝ちが逃げた最悪な気持ちはバイエルンを倒すことでしか晴れません!
また盛り上がるため、バイエルンを独走させないためにもPAOK戦はオールターンオーバーで今日のスタメンはドイツに残すくらいの大胆な事をやって欲しいです。
[ 2015/09/28 06:40 ] [ 編集 ]
最悪でしたね、PK流された直後にそれは取るんかいみたいなファールからのパワープレイで同点。頭にきましたわ
もっと前にはソクラテスがファール受けてPKかと思ったらオフサイドとかいう判定、実際は明らかなオンでした。ふざけてますね。
[ 2015/09/28 07:15 ] [ 編集 ]
ただ正直審判が酷かった。あからさまに相手寄りの判定連発してたし、ポジショニングからしてドルトムントの邪魔になってたし。

あのキーパーとの接触でPKどころかオフサイド、香川は触ってもいないのに味方同士の接触で倒れたらファウル。怪しいオフサイド含め色々勘繰りたくなる判定の連発だった。
[ 2015/09/28 07:23 ] [ 編集 ]
機械に数字を打ち込んで大して試合を見もしないで評価するメディアには
一喜一憂しないほうがいいですね。
記者の好き嫌いからのまったくの独断での偏見もあるし
いい加減だから私はほぼ見ませんし気にしないようにしています。
そして選手もそうならいいなと願っています。
それよりも
メディアとして審判に関してもっと言及すべきじゃないでしょうかね?
こういう事が彼らの仕事だと思いますが如何でしょうか?
[ 2015/09/28 07:56 ] [ 編集 ]
久しぶりに後味悪い試合でした、審判団が酷すぎて。買収を疑っていいレベルな気がしました。こうなったらバイエルンを直接たおすしかないので、次節こそはドルトムントの勝利を願いたいと思います。
[ 2015/09/28 08:29 ] [ 編集 ]
ドルが好調だと明らかに見えない力が働いてくる
一体どこのチームの政治力が邪魔してるんですかねえ?
[ 2015/09/28 10:09 ] [ 編集 ]
先制点を簡単に与えてしまったのが失敗でした。BVBを困難にしたのはそれが全てです。

審判も酷かった。ダルムの選手同士が衝突して倒れたのに何故かドル側のファールだし、オンサイドをオフにしたり、ヴァイグルが故意に足をかけられているのにノーファールだし、ホームゲームのはずなのですが……。
バイエルン戦はもっと敵側に偏った笛なんでしょうねぇ。やれやれですよ。
[ 2015/09/28 10:25 ] [ 編集 ]
何度もオンをオフにされるし、PKも誤審のオフでなくなるし、相手転がると直ぐファール取るし、
買収疑う位に審判が酷すぎた。ドルホームなのになw

一つ前の試合でもハンドのPK貰えなかったし、審判のせいで勝ち点4逃がしてる
[ 2015/09/28 10:50 ] [ 編集 ]
最後、守りきってほしかったです

審判もひどかったけど、セットプレイでの失点 どうにかして欲しいです
[ 2015/09/28 11:10 ] [ 編集 ]
引いた相手にやられすぎ。
調子に乗らせるだけじゃん
未だ強さがないなあ。

あと何がNGワードなのかわからないので困る
[ 2015/09/28 11:13 ] [ 編集 ]
思ったほど全然TOしてこなくてイライラしてしまった。
バイエルン戦はファンタスティック4のメンバーでいきたいから、その前に一度全員先発でやっておかないとって感じで、いつものスタメン組はアウェーギリシャは休みの計画なのかな?と思った。もし次もあんまりメンバー替えなくて苦戦したら雰囲気悪くなりそう・・・ODD戦とかもそうだったけど、ELはこちらは相手を普段からほとんど知らない(逆にたぶん相手はよりBVBのことを知っている)から何が起こるかわからない雰囲気があってヒヤヒヤする。
[ 2015/09/28 11:28 ] [ 編集 ]
6バックにしてギンター、シュメの大外に振られて揺さぶられる展開を凄く警戒してましたね。でも警戒されてる中でそのパターンで点とったのは凄く興奮しました。

試合全体の感想としては最後に失点してしまったショックがこれまでのジャッジに対する怒りの起爆剤にもなったような気分です。
ブンデスの試合はドルを中心に日本人所属チームとバイエルンの試合をよく観ますがドルに対してのジャッジはちょっと厳しいんじゃないかな?と思ってます。
[ 2015/09/28 11:37 ] [ 編集 ]
組織力VS政治力
[ 2015/09/28 12:11 ] [ 編集 ]
管理人さんがホッフェンハイム戦で6バックだった話をここでされてるのを見てましたが…
昨晩久しぶりに試合リアルタイムで見てみたら、今回の相手も酷い6-3-1でしたね…。
まるで日本代表と中東勢や東南アジアチームと戦ってるような…。
審判もひどかったですね。
判定以外でもポジショニングが邪魔してるようにしか見えませんでした。
前半の再三のチャンスもありましたし、後半勝ち越してからイケイケムードでもう1~2点入るかなぁ…なんて思ったりもしたんですが…ポゼッションしてる最中にあんなカタチで失点悲しかったです。
あのドン引きに対してチャンスメイクができてることがドルトムントの凄さかなぁと思いましたが…
やっぱり最後のあの失点に腹が立ってしまい、リビングのテレビ前でしばらく呆然としてしまい、お陰で今朝は若干寝坊してしまいました(笑)
切り替えてなんとか戦っていってもらいたいです。
[ 2015/09/28 12:22 ] [ 編集 ]
主審も副審もひどかったですね。
相手同士がぶつかったのに香川のファールになったときは本当に「は?」って声が出ました。
あれはなんだったんでしょうか。
いまさら結果が変わるわけでもないので、選手の皆さんには気を取り直して頑張ってもらいたいです。
[ 2015/09/28 12:42 ] [ 編集 ]
レフェリーが試合を壊した
ドルトムントはありえないオフサイド判定を何回も受けて最後にヴァイグルへのファールを見逃されて同点にされた
[ 2015/09/28 14:19 ] [ 編集 ]
MOMは審判
[ 2015/09/28 15:05 ] [ 編集 ]
審判は置いといて、あのまま勝ってたら採点は皆-1くらいになってたんだろうなという感じだな
631で守られているときドルは235のフォーメーションを取ってるみたいだから、中盤3人は守備の事も意識して動かなければならないので地味になって評価は上がらなくなってしまうね
昨日はロイス以外不調でも無さそうだったし、631でサイドを対策されていても崩せる強さがあると証明出来たから気にする程でもない
欲を言えば両サイドバックがあの状態でも個人で無理やりクロスを上げれるような強さと1失点目を防げるくらいの守備力が欲しい所だな。シュメルツァーとギンターはもうちょっと成長して欲しい
それか、ムヒタリアンとロイスがもっとサイドに寄ってクロスに専念してもいいかもしれない
[ 2015/09/28 16:27 ] [ 編集 ]
こんにちは、いつも興味深い内容の記事を翻訳して下さり感謝しています。はじめてコメントさせて頂きます。
昨日のダルムシュタット戦の件で、審判の誤審?と思うナゾのジャッジがいくつかあったように見えました。最後の失点は確かにドルトムント側にも問題はあったと思いますが、その辺りの現地サポの見解がしりたいです。本当は次の試合に切り替えないといけないのですが、むずかしぃ。はぁ~。
[ 2015/09/28 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。