ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

清武!キッカーベスト11とMOM!!香川は「3.5」!今週のキッカーまとめ《ドイツの反応》

本日もキッカーを買ってまいりましたので、日本人選手の活躍などを紹介したいと思います。




entry_img_627.jpg本日のキッカー表紙


【第7節のベストイレブン】

ゾンマー(グラートバッハ),アオゴ(シャルケ),j.マティプ(シャルケ),M.マティプ(シャルケ),リッセ(ケルン),ゴレツカ(シャルケ),クラーマー(レヴァークーゼン),清武(ハノーファー),コマン(バイエルン),レヴァンドフスキー(バイエルン)、フォルラント(ホッフェンハイム)



【今節のベストプレーヤー】

フォラント(ホッフェンハイム)

スポンサーリンク



【日本人採点まとめ】


香川 3.5

長谷部 4

大迫 4

原口 4

武藤 4

清武 2 MOM

・機転が利いて、力強いテクニックを発揮し、ほとんど止めることはできなかった。清武弘嗣はゾビエクのチャンスを輝かしく演出し、その後自ら同点ゴールを決めた。

山田 4.5


20150928164239f85.jpg



【今節までのトッププレーヤーランキング】

1位 レヴァンドフスキー (バイエルン)
2位 アロンゾ(バイエルン)
3位 オバメヤン、ミキタリアン、コスタ(バイエルン)
6位 ミュラー(バイエルン)
7位 香川
8位 ギュンドガン、フンメルス

以上のようになっています。


【ドルトムント対ダルムシュタット戦】


・ドルトムント

ビュルキ 3、ギンター 3、ソクラティス 3、フンメルス 3、シュメルツァー 3.5
ヴァイグル 4、ギュンドガン 3、ロイス 5、香川 3.5 ミキタリアン 2.5
オバメヤン 2


・ダルムシュタット

マテニア 3、ディアツ 3、カルディローラ 3.5、ズル 2.5、ガリクス 4
ニーマイヤー 2.5、ゴンドルフ 3、ラウシュ 3.5、ローゼンタール 3、ヘッラー 2.5
ヴァーグナー 4

・審判 ハルトマン 4

何度かオフサイド判定で問題を抱えた。例えばキーパーのマテニアが、ソクラティスにぶつかった場面ではその前にオフサイドの判定を下した。それに対するイエローもなかった。


・観客 81,359 


・試合 3,5

前半はねっとりとした試合。後半になってようやく勢いとテンポがうまれた。


・分析


BVBが勝利を逃す。

ダルムシュタットは自陣深くに守り、ボールに対して4-5-1のフォーメーションで守ってきた。ヴァーグナー(注:ワントップ)が中央で待ち構え、守備でも多く働いた。ゴンドルフが常にヴァイグルとギュンドガンを攻撃し、(注;サイドの)ヘッラーとラウシュも引いて守り、ギンターとシュメルツァーを苦しめた。

1:0とした後で、ダルムシュタットはさらに引きこもり、BVBはほとんどスペースを得る事ができず、疑念を抱きながらスペースを探すこととなった。中央からは何もめられず、多くの高ボールやコーナーキックは、ヘディングの強い昇格チームに徹底的に止められてしまった。スペースを見つけたとしてもBVBの動きには正確性が欠けていた。香川のダイアゴナルのパスが試合の突破口となった。しかしダルムシュタットは逆転されてからも諦めず、アディショナルタイムに2:2とした。


・まとめ

意欲あふれるダルムシュタットを満足させる1ポイント獲得。ポイント獲得にふさわしくなかったわけではない。


・マン・オブ・ザ・マッチ

オバメヤン

疲れていたが、必要なときにはその場にいた。ピエール・エメリック・オバメヤンが2得点の活躍で印象づける。







以上になります。


管理人はパン屋の上に住んでいます。さらに家から100メートルぐらい離れたところにももう一つパン屋があります。そっちのパン屋の方が美味しいので毎朝そこまでパンを買いに行っているのですが、月曜日はそのついでにキオスクでキッカーを買ってくるのが習慣となっています。だいたい8時頃にパン屋に行くと、第2段がちょうど焼き上がります。家に帰ってきてからコーヒーをいれて、キッカーに目を通しながらのんびり朝食を食べるのが最近のお気に入りです。

さて朝食を食べ終えて、キッカーを訳していたら、再び昨日の判定が思い出されてちょっと頭に来てしまいました。本当に困りますね。ちょっと審判について言及する記事がないか探して、それを読んですっきりしたいところですね。見つけたらアップします。

それはさておき、清武選手のベストイレブン!素晴らしいですね。これで原口選手、香川選手に次いで3人目ですね。毎回250人ぐらいの選手がプレーしているわけで、その中でベスト11に選ばれるのは本当にすごい事です。

ブンデスリーガでプレーしている選手は400人以上いますが、香川選手もそんな中でランキング7位と、引き分け2試合にも関わらず上位をキープしています。

上しかみないとそんな事は忘れて、直ぐに批判に走ってしまいがちですが、ここまで来るのは本当にすごい事です。こうした若い才能を大切にし伸ばせるような世の中でありたいものですね。


管理人が唯一交流のあるハルバーシュタットでプレーしているプロサッカー選手の富田平選手が試合で2得点を上げました。今週のキッカーに太字で名前が載っていました。
現在ドイツの地方リーグでプレーをしています。まだとても若い選手ですので沢山経験を積んで活躍して欲しいです。
20150928164402f1d.jpg


【おまけ今日のドイツ】

IMG_7890.jpg

ますの燻製を提供しているレストラン
手作り感あふれる看板が何とも和みます。
ドル対策はできた感じですね。レバークーゼン戦ではギュンドアン側を刈り処にしようとしたら失敗してましたが、、
ホッフェンから香川側にの左がマークがきつくなりましたね。ボックス内には絶対に入れてはならないという意思を感じました。
おまけにロイスが中央で待っててボックスが渋滞。

その分ギュンドアン側が持たされて中へのパスをカットしてカウンターがセオリーに。
去年のCLのユーベ戦でカンプルがフリーで一見いい動きをしてたような試合も思い出しました。
その辺がここ2試合の試合にでてますが、SBの負担がものすごいので、今度はWGが外に開いて、中にSBが入ってくる
バイヤンのパターンも試してみてほしいな、と。

あと、審判がどうだろうと守れば勝てる試合でリードしてたから、ドルが甘かったのもありますね。
確かに理不尽だけど勝ってる試合でイラついてるから、と個人の感情でボール前に運んでロストして失点のきっかけになるとか、
ビッグクラブでやったら1か月位干されますよ。下手したら2度とチャンスはありません。

実際ナニがチェルシー戦でボールキープしないで、攻めようとしてロストして失点で、ファーガソン監督に干されてたし、
CLのホームのドル戦でレアルのイジャラメンディが軽いプレーしてその後干されてましたね。
ドルでそういうことをやるとしたらヤヌザイかと思いましたが、そういう干されたり、放出される心配がなくて
判断力と試合の運び方が改善されないのも、ドルに競争が足りない弊害かもしれませんね。
[ 2015/09/28 18:14 ] [ 編集 ]
清武がキッカーのベスイレ…本当に嬉しいです(/ _ ; )✨
キャンプにも参加できておらず、怪我明けのぶっつけ本番でここまできているのは本当に凄いと思います。このままコンディションを上げていって活躍を続けて欲しいものです✨

しかしゆうべの主審は酷かったですね(o_o)💦
ギュンドアンやヴァイグルは怪我しなくて良かったです💦
しかし審判が主役になる試合ほど萎えるものはありませんね(´Д` )⚡️

管理人様、いつも充実の記事をありがとうございます💕
[ 2015/09/28 18:17 ] [ 編集 ]
本当に頭にくる試合だった
審判の誤審の多発はは試合から面白さまでうばう
[ 2015/09/28 18:29 ] [ 編集 ]
審判はただ酷かったんじゃなくて、審判全員が酷過ぎました。
何かの力が働いてると言われても仕方のないレベルで、4なんて甘すぎると思いますけど。
全てドルに不利なジャッジでした。香川がファール取られたところも、触れてもいないですよね。
チームとして抗議するとかはないのでしょうか。
普通に試合してドローなら仕方がないと思いますが、あれでは納得できないです。
[ 2015/09/28 18:38 ] [ 編集 ]
今回の採点は審判は6でいいんじゃないですかね。審判が試合を壊すこともありますからね。ドルのメンバーも疲労が蓄積してメンタル的にも余裕がなくなるのに審判にもイライラさせられて二倍きつかったはず。

香川も疲労困憊でそろそろ限界かもしれない。本当次のELは休ませて欲しい。
[ 2015/09/28 20:21 ] [ 編集 ]
審判酷い、バイクル足かけられてるし。でも確か以前の試合で逆にBVBにラッキーがあったこともあったと思う。勝ちきれないのは、何か足りないよ、というメッセージだね。それかTO。代表戦後5試合のうち香川選手は1試合半休のみでここまで。
「一喜一憂しない」香川選手は淡々としたコメントだった。去年苦い経験をほとんどの選手がしているからこそ、まだまだ粘れると思う。
[ 2015/09/28 21:25 ] [ 編集 ]
キッカーの採点は納得のいくものですね。
ロイスはキッカー分析でも良くなかったのですね。彼はまだゲームに入れてない感じがします。
ヴァイグルは疲労がありそうですね。心身をリフレッシュする時間が必用だけど、彼はAマッチデーはどうなんでしょうね。召集あるのかな?休めるといいけど。

補足:ダイアゴナル=対角線、斜め
[ 2015/09/28 22:10 ] [ 編集 ]
管理人さん本当にサッカー大好きなんですね。
とみた選手は存じ上げませんが、どんな選手なんだろう?まだ日本で知名度はありませんが、私達にも知らしめる活躍と飛躍を楽しみにしています!
[ 2015/09/28 22:22 ] [ 編集 ]
とにかく主力選手の疲労度が心配です、ドルはSports One for Soccerを導入しているのでしょうか?バイヤンは有効活用していますが。
香川選手が休めたのは前回のEL前半だけで昨日も90分フルでした、監督の信頼も厚く良い事なのですがそれを上手く維持させていくのもトレーナーの采配だと思うのですが。特に10月試合日程は冗談のように超超過密日程です、さすがに親善試合はクラブ側から拒否してほしいくらいです、明らかに疲れていますし空路での長距離移動がシーズン中のアスリートに与える影響は甚大なものです。ずっと連戦続きでTOもままならないのが悩ましいところ。まだシーズン序盤です、香川選手や海外組選手へは怪我をしないでください健康でいてくださいと日本から祈ることしかできないのはもどかしいです…。
[ 2015/09/28 23:03 ] [ 編集 ]
香川3.5かー。
疲労を考えると十分頑張っていたけどな。
どんだけ叩かれても香川がいないとバランス崩れてるw
ギュンの攻撃は確かに鋭い、ヴァイグルもたくさんのタスクを巧くこなしている。
ムヒだって少しだけエゴは残っているけどキープ力や突破力を活かした形でチームプレーを楽しんでいる。
だけどこの4人の誰かが欠けるとバランスが崩れるんだよなー。
[ 2015/09/28 23:36 ] [ 編集 ]
失点の原因になるような、不必要なロスト繰り返してたミキタリアンが2.5とか
[ 2015/09/29 00:38 ] [ 編集 ]
審判ダメすぎた

追放してくれ
[ 2015/09/29 01:28 ] [ 編集 ]
ドルトムントは勝ち試合は引き分けにして痛かったですね〜。ここ2試合ドロー続きですが、勝ちグセをつけないと。それにしても日本、日本人プレイヤー良いですね。清武のボレーシュートで引き分け、チームが今シーズンも低迷しているのも気掛かりです。また、下部リーグでプレー中の富田選手の2ゴールも立派。自分はラグビーが好きで、先日のワールドカップ初戦では優勝候補の南アフリカ戦の劇的な勝利は感動的でした。世界で戦う日本人にエールをーおくりたいです。長くなり、すみません。
[ 2015/09/29 04:18 ] [ 編集 ]
前向きにはガチガチのとこをこじ開けて2点取ったという事でしょうか。

富田選手気になったので
富田平(とみた・たいら)
1994年生まれ。京都サンガのジュニアを経て、JFAアカデミー福島に1期生として加入。同ジュニアユース卒業後、ドイツに渡り、シャルケU-17に加入。以降、シャルケU-19―オーバーハウゼンU-19―キッカーズ・オッフェンバッハⅡ―ディナモ・ドレスデンでプレー。

15歳でシャルケに挑戦とか行動力ぱねぇ!
[ 2015/09/29 04:27 ] [ 編集 ]
審判は「6」でいいと思います
[ 2015/09/29 06:51 ] [ 編集 ]
※1さんや※6さんのようなコメントがあり、安心した

心理学などでは、アゲンストな状況で萎えず、創造力が発揮できることは大事なことだと言います
[ 2015/09/29 07:32 ] [ 編集 ]
ロイスがこのままだとトゥヘルも先発にホフマンかヤヌザイを使わざるを得なくなるんじゃないでしょうか?
[ 2015/09/29 13:07 ] [ 編集 ]
確かに審判も酷かったが米1の通り試合運びも褒められたもんじゃなかった
前シーズンもそうだったが
なんでリードしてて相手ドン引きの場面でいちいち攻める必要があるんだか理解できない
後ろでずっと回してりゃいいやん
[ 2015/09/29 14:32 ] [ 編集 ]
土壇場での引き分け、残念でした。。。
しかし昇格組特有の荒さがあって怖かったのですが、みんな怪我をしなくて良かったです。

審判のジャッジよりも自分達が甘かった、なんて事を考えて良いのは当の選手達だけだとおもいます。
外から見ていて公平でない、と感じるようなジャッジが罷り通って良いスポーツなんてありません。
外野の私達がジャッジを批判的に見ずに、選手達が甘かったなんて考えるのは傲慢だし、今後のスポーツの発展に繋がりません。
[ 2015/09/29 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。