ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル審判の判定を“壊滅的”と批判!ダルムシュタット戦後のコメントまとめ《ドイツの反応》

ホッフェンハイム戦に引き続き、PKをもらえなかったドルトムントですが、試合後のコメントがスポーツ番組Sport1のサイトにまとめられていましたので紹介します。





entry_img_628.jpg

BVBのキャプテン、マッツ・フンメルスは終了間際の引き分けに落ち着くことが全然できなかった。トゥヘル監督は線審の判断を公然と批判した。



ワールド・チャンピオンのマッツ・フンメルスは頭にきて、看板を蹴り上げた。ピエール・エメリック・オバメヤンは2ゴールを上げたのにも関わらず放心状態だった。

スポンサーリンク



このガボン人はタフなダルムシュタットを相手に2ゴールを上げ、ボルシア・ドルトムントを逆転へと導いた。しかしその後ダルムシュタットのキャプテンズルーが何もない所から2:2となるゴールを決めたのだ。



“もう言葉もないよ。最後の相手に対して与えられたフリーキックには本当に頭にきている。”とフンメルスは試合後のスカイ・のインタビューで語っている。


“選手がフリーで13,14メートルのろころからボレーでシュートを放ったよ。だけどこれは守備ではないね。ダルムシュタットのゴールは完全に幸運だったし、彼らはほぼ精根尽き果てていたからね。”



フンメルスは続ける。

“これは本来ならば明らかに勝っている試合だった。ダルムシュタットは2本のシュートで1ポイントを獲得したんだ。”



トゥヘル:オフサイドの判定に対して“壊滅的”

20150929050431e00.jpg


監督のトーマス・トゥヘルも試合終盤の出来事に腹を立てている。“試合終盤では本当に不要なボールロストが見られた。ポゼッションはもはや説得力のある出来ではなかったね。とてもがっかりしているし、2ポイントを失ったと感じているね。”

さらに試合の間に何度も不当なオフサイドの判定を下した審判に対して、トゥヘルはフラストレーションをぶちまけた。“これで僕たちは4試合連続で壊滅的な線審判定を受けることになった。”と監督は語る。

現在首位に立つバイエルンとの頂上決戦を前に控え、ドルトムントの連勝はストップしてしまった。ミッドウィークに行われたホッフェンハイム戦では1:1の引き分けとなり、11連勝が途絶え、その後全く不要なダルムシュタット戦での2:2だ。



“僕らが費やしたエネルギーを考えればこれは失われた2ポイントだね。”とドイツ代表のギュンドガンは語る。

“チャンスが多くあったにもかかわらず、ホッフェンハイム戦で勝てなかったのはすでに腹立たしいことだったけどね。前半のパフォーマンスは僕らの要求を満たすものではなかった。”とこの中盤の指揮者は語った。


オバメヤンはゴールを続ける。


それでもドルトムントは7節を終えて2位の順位を守っている。何よりも2ゴールをあげたオバメヤンのおかげで。


このガボン人はブンデスリーガ52年の歴史において、開幕7試合連続ゴールを達成した初めての選手となった。



ロイスは不運


オバメヤンの2ゴール目は新加入のアドナン・ヤヌザイがアシストした。このベルギー人は、今回も不調だったロイスと早い時間に交代出場した。

“ロイスはとても熱心でとても努力している。それはデータも示しているね。だけど現在の彼はゴール前での危険性を匂わせている状態ではないね。”とトゥヘルは語った。


それに対してダルムシュタットは彼らの幸運が信じられないようだった。


“ドルトムントを相手に戦うのは非常に難しかった。逆転されてから再び同点にするにはね。ここでポイントを獲得するのは難しいから今日の引き分けには満足しているし幸せだよ。”と先制点を決めたヘッラーが語った。


20150929050432a1f.jpg




以上試合後のコメントになります。

トゥヘルのこの審判批判はビルトの記事にも大きく取り上げられていました。
管理人は実際にこのビデオを見ましたが、きつい言葉を使ってかなり怒って審判団を批判していました。


【おまけ今日のドイツ】

DSC02062.jpg

カフェの看板
この様な看板はドイツではよく見られます。そして大体がお腹がボーンと出ている太ったおじさんがモデルになっています。
[ 2015/09/29 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(27)
初戦のBMG戦での開幕ムヒタリアンのゴールもオフサイド判定で取り消し、ヘルタ戦の後半では何度もオンサイドを潰され…勝ち試合だったとはいえ、いろいろ思い出してしまいました。
ほんと毎回ペナルティエリア内でのファールの見逃しやオフサイド判定にはがっかりですね!


管理人様、いつも翻訳ありがとうございます。
[ 2015/09/29 06:48 ] [ 編集 ]
これだけ怒るのは無理もないほどにあの審判団は酷かった。
線審が線審の仕事をしていなかったし、主審はドルトムントに不利な判定をいかにしてやろうかと画策しているだけの試合だった。
このトゥヘルの怒りに対して審判団は反論すべきでないね。
審判団は一度「自分達がどれほどクッソ酷い判定をしていたか」を1試合VTRを通してみたほうが良い。
[ 2015/09/29 07:31 ] [ 編集 ]
監督なら、あのレフリングとジャッジには言及するべきだと思う。
あまりにも酷すぎた。

セットプレーからの失点は仕方ないにしろ、修正点は多い気がする。
とにかく、バイエルン戦に焦点を合わせてほしいな。
[ 2015/09/29 07:35 ] [ 編集 ]
他にも妙な判定がありましたね、相手選手が味方同士で物って倒れたのにファールをとられたり。。。

失点の前にもおかしな判定がありましたし。。。

数試合前にバイエルンは疑惑の判定でPKを貰い勝利なんてこともありました。
偶然だと思いますが、こういうことが続いていくとあらぬ誤解を受けたりしますので、審判団はしっかりしていただきたいですね。
[ 2015/09/29 07:46 ] [ 編集 ]
トゥヘルが怒るのも当然ですよ。この審判団に二度とドルの試合を担当して欲しくないですね。でもこれだけ不運だったからいつかは幸運が来るのではないかと思う。

それより心配なのは疲労とロイスの不調。
次のELで上手くローテできればいいんですが。ロイスはちょっと焦ってるのかな。絶対的エースなんだけどトゥヘルは特別扱いしなさそうだしヤヌザイも来ましたしね。
[ 2015/09/29 07:49 ] [ 編集 ]
トゥヘルはきちんとした監督だな。
終盤の不要なロストはムヒとヤヌの事だよなw
ロイスについても努力を評価し本調子じゃない事を指摘しているし
審判への怒りもきちんとあらわにしているしな。
きっとTOすると中盤のバランスが崩れる事にも苦慮しているんだろうね。
[ 2015/09/29 08:16 ] [ 編集 ]
この試合での審判のキッカー採点『4』だったようですが
選手は年間通してパフォーマンスが悪ければ放出されたりしていますが
審判の場合はどうなんでしょうか、減給とか仕事が減るとかやはりあるのですかね?
ビッグマッチでは使われなくなるとかはありえますよね
[ 2015/09/29 10:16 ] [ 編集 ]
今回のは今までとは違ってかなり酷かったのでトゥヘルも怒ったのでしょう。
しかし、試合中よく我慢してたと思いますよ。クロップやファーガソンなら退場してますね!
[ 2015/09/29 10:18 ] [ 編集 ]
ダルムシュタット戦の後、全ての人が審判を批判してるからチーム状態が全く良くないと思い知らされて嫌だわ。
ドルトムント自体もファンも明らかに余裕が無くなって来てるし、空気も悪く次の試合への希望が感じられない。
確かに審判は残念だったけど、まだ負けてないんだしさっさと次に目を向けて欲しい。
[ 2015/09/29 10:57 ] [ 編集 ]
判定は批判するくらいしか出来ないけど、終盤のロストは改善してほしい。
この試合のミキは他選手に比べて本当に素晴らしい出来だったんだけど、試合終盤の自陣でのドリブルだけ良くなかった。そこから直接失点にはつながらなかったものの、あそこで自分たちのポゼッションを保てていれば、その後の失点までの流れにはならなかったと思う。
[ 2015/09/29 11:31 ] [ 編集 ]
散々言われ続けてるけど、もう本当にカメラ判定とか導入すべきだわ
オフサイドラインもゲーム画面みたいな角度のカメラのが判定間違いづらいだろうし
カメラ映像で見てる審判がいたら、ガナ戦のジエゴ・コスタみたいなケースも対応間違わないだろうし
アメフトとかで使ってる技術流用するだけで、随分誤審は減ると思うんだけどなぁ
[ 2015/09/29 12:12 ] [ 編集 ]
最初は審判下手だなって思ってたけど試合時間が経つごとに金貰ってるとしか思えなくなったね。ホームなのに審判団だけはアウェーみたいな雰囲気だった。
[ 2015/09/29 12:49 ] [ 編集 ]
なんというか 今年もバイヤンが優勝で決まってますね な感じでしたね
[ 2015/09/29 14:01 ] [ 編集 ]
自分も「これでオフサイドの誤審、何試合目だよ」と独り言をつぶやいてしまいました。
人の目だけでは限界な気がするので、他の方が仰っているように技術転用すべきじゃないでしょうか。
これだけ誤審が続いていると正直選手のメンタル面も心配になりますし、そのことを考えると選手を一概に責めるような気にはなれません。

今シーズンは14対11で戦わなければならないのかと思うと気が滅入りますが…兎に角応援するだけです。
[ 2015/09/29 14:10 ] [ 編集 ]
試合がだめだから審判を攻撃するわけじゃなく、純粋に酷いから攻撃がされてると思う。

バイエルンが審判を買収という疑惑は、ブンデスリーガの中でも言われてます。ブレーメンのスポーツディレクターが、前に買収疑惑を語ってました。
本当にフォルクスワーゲンじゃないけど、そういう操作に共通する部分があってもおかしくないと。
ドイツ、好きなんですけどね。
[ 2015/09/29 14:47 ] [ 編集 ]
サッカーにもチャレンジ制度導入したら?

もうこういうのめっちゃむかつくし
[ 2015/09/29 14:58 ] [ 編集 ]
パスの出し所とオフサイドラインを同時に見るなんて人間の目では不可能。
カメレオンでもなきゃw
ルールが破堤してる。
[ 2015/09/29 15:53 ] [ 編集 ]
審判はハルトマン。覚えておこう。
[ 2015/09/29 16:35 ] [ 編集 ]
すべての人が審判を批判してるという事はそれが事実だからでしょう。曖昧にする必要はないと思う。それに審判だけのせいではないのは誰もわかってる。これからトゥヘルがどう修正していくかですよね。
[ 2015/09/29 17:24 ] [ 編集 ]
PKだろってとこもオフサイドじゃないのにとられた
[ 2015/09/29 17:25 ] [ 編集 ]
テニスやバレーのようにチャレンジ制度を導入すべきだな
[ 2015/09/29 17:54 ] [ 編集 ]
主、そのトゥヘルの口調で記事を書かないと!
[ 2015/09/29 18:34 ] [ 編集 ]
皆さんの言う通り、今回は今までの不信が一気に吹き出た感じの、更に酷いものだったと思う。トゥヘルが抗議するのも最もだった。
チームの状態は良くなくなってきてるけど、それと審判への不信感は別物。

まあ勝っていたら、そこまで頭に来てなかったかもしれないのは事実だけど、下手すぎる!という印象は消せない。
[ 2015/09/29 18:55 ] [ 編集 ]
パパが後頭部ぶん殴られてるのも酷かったね
[ 2015/09/29 21:10 ] [ 編集 ]
去年もおかしいオフ判定で何度もゴールを取り消されてるし本当に買収されてると思われてもしょうがない
[ 2015/09/29 23:36 ] [ 編集 ]
生で見てるだけでも明らかなオンをオフにされてるのが3回はあったからなぁ
この試合もだし前の試合も相手のハンドをスルーされてたり毎回のように審判が敵だったから不満が噴出してるわけで
誤審PK貰って全勝維持してるチームもあるのに、2試合連続でPKなかった事にされちゃねぇw
[ 2015/09/30 11:32 ] [ 編集 ]
個人的にはクバとグロクロがいればああいう無様な得点はされなかった気がするなぁ
[ 2015/10/01 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。