ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュメルツァー「僕は豆乳よりもヨガ」バイエルン戦直前インタビュー①《ドイツの反応》


ドルトムントのマルセル・シュメルツァーのインタビューがドイツの雑誌シュピーゲルに掲載されましたので紹介します。長いので2回に分けます。





entry_img_632.jpeg

シュメルツァーさん、あなたは以前と比べて痩せたように見えます。今は午後2時ですが、お昼は食べましたか?


朝食にはミュースリ(オートミール、乾燥フルーツなど)を食べましたよ。昼食には米と仔牛の肉と野菜ですね。メニューにはヒラメと鶏肉もありましたけど。僕たちはきちんと食べていますから心配しなくてもいいですよ。


みんながトーマス・トゥヘルが行ったドルトムントの食生活について話題にしていますね。その背景にあるのはなんでしょうか?


単にスポーツ選手用に新鮮な食事が用意されているだけですよ。いずれにせよ魚や肉、炭水化物はありますし、デザートにはケーキもありますよ。でも僕たちは小麦粉と砂糖を取らないようにしています。飲み物はたいていは水ですね。

スポンサーリンク



それでどのような結果が得られましたか?


変化が見られたのは細かい事においてですね。僕たちは専門家ともそれに取り組んでいます。それが僕らのパフォーマンスにどのぐらい大きな影響をもたらしたのかを言う事はできませんが、新しい事に取り組んでいるのは確かですね。


あなたの同僚のフンメルスは最近は豆乳を冷蔵庫に入れているそうですね?


僕の場合はそうではありません。僕にとっては別な事が大事です。僕はここ2シーズン怪我が多かったですし、今ではもっと自分の体に気を使わなければいけない年齢になりました。僕はヨガを始めたんです。妻と一緒に。考えていたよりも結構きついんですよ。これらの練習では僕が普段使わない筋肉が使われるんです。でも正にそれが僕の体には必要なことなんです。安定感をもたらすために。全ては体の中心からやってくるわけですからね。



あなたは経験豊富なプロ選手ですね。すでに約250の公式戦に出場しています。トーマス・トゥヘルはあなたに何をもたらしましたか?



僕たちは以前とは違った哲学を持っています。僕らのチームみんなが、相手のゴールの近くにいます。そしてよりポゼッションが大事になりました。もちろんそれによって練習内容も変わりましたね。パス練習に重きをおくようになりましたし、チームメートの正しい足に正確にパスを出すように注意しながらやっています。でもだからといって以前と比べて、それが悪かったと比べることは好きではありませんね。ユルゲン・クロップの下でもとてもプロフェッショナルに働いて成功も納めていますから。



シュメルツァーは今までにはなかったぐらい良くなったと言っている人もいますが?


僕もそう思いますね(笑)。


あなたは今27才ですが、キャリアのピークに到達していると?


まあ、僕らが優勝した2011年と2012年でも良いプレーをしていたと思います。でも僕はようやく数ヶ月に渡って怪我をしないでいます。それに加えて僕はより攻撃的な位置でプレーしていますね。それによってゴールにより絡むようになりました。その方がディフェンスの苦労よりも人々の目に止まりますね。

20151002200302326.jpeg


あなたはシーズン前に特別に時間をもうけてクロスの練習をしていましたね。今その成果が出ていますか?


もちろんです。僕はその為にヘディングの強い選手をチームから連れて来ましたからね。ヘディングを決めてもらうために。マッツやラモスです。このような練習では協力してくれる選手を探すのには苦労しませんでしたよ。みんなヘディングゴールするのが好きですから。何度も繰り返し練習したことは自信になりました。


ボルシア・ドルトムントは今シーズン5連勝して、2度引き分けています。他国のリーガだったら17ポイントだったら首位ですね。バイエルンが圧倒的な力を見せている事にフラストレーションがたまりませんか?


最近ではそれも当たり前のようですからね。バイエルンは遠慮なく彼らの最高レベルのパフォーマンスを発揮していますから。彼らは内容に関わらず、試合に勝利しますからね。でも僕達にはバイエルンを倒す力はあります。それに関してはすでに何度も証明していますね。


それは頂上決戦となる今度の日曜日の試合への宣戦布告のようには聞こえませんが。


もちろん僕たちは勝ちたいと思っていますよ。でもそれがとても大変な仕事だという事はわかっていますし、試合の流れによっては1ポイントでも満足しなければなりませんね。僕らは自分たちをバイエルンハンターだとは思っていませんから、2位という順位は僕らにとっては最高の順位ですね。僕たちは34試合後にチャンピオンズリーガ出場を確実にしたいんです。


続く





以前フンメルスの豆乳ダイエットのインタビューを紹介しましたが、今回も食事に関する話題に始まって、トレーニングの内容へと話題が移っていきました。このあとは元同僚ゲッツェについてなどバイエルン戦直前インタビューにふさわしい内容になっていきます。


長いのでこの辺で一度更新して、続きは後で訳します。


それから昨日のELの試合ですが、管理人は思ったよりも早く仕事が終わって後半だけ見ることが出来ました。まったく新しいディフェンスラインであった事なとを考えると引き分け1ポイントでグループ首位は十分な結果ですね。ただ相手が5バックや6バックになるとサイドへの対角線のパスも以前ほど効果がなくなってしまいますから、新たな突破口が必要かな、と思いました。ミキタリアンなんかがそのまま最終ラインぐらいまでドリブルでサイドを駆け上がってくれると面白いんですが、そうすると自分の得点チャンスは減ってしまいますからね・・。バイエルンのコスタはそれでアシストをしまくっていますが。

[ 2015/10/02 20:01 ] シュメルツァー | TB(-) | CM(12)
今シーズンのシュメルツァーはワールドクラスと言ってもいい出来
[ 2015/10/02 21:13 ] [ 編集 ]
あーフンメルス絶対大豆イソフラボンやってるわ
[ 2015/10/02 21:28 ] [ 編集 ]
ヨガって確かギグスもやってるはず。あの人私生活はアレだけど、プレーは本当にすごい。
ユナイテッドにいて普通に毛色の違う香川にさらっと合わせてくるオフザボールの動きとか、センスと運動量とか本当に最後まですごかった。
対レバークーゼン戦のアウェイで39歳でボランチやっててさらっと11km走ってたし、準備不足というのはなかった感じがします。
あんな形でコーチになって本当に残念でしたね。

バイエルンはドルトムントと違ってWGが外に開いて、SBが中に入るスタイルですね。
ドルトムントはクバ、グロクロが居なくなって純粋なウインガーがホフマン位でもともと中大好きなタイプが多いので、SBが大外から回る形になり
カウンターで一気に数的不利になってますね。

プレーの幅を広げるとトゥヘルがうまい方向に持っていけば、縦に抜いてくるロイスとムヒタリアンが見れるかもしれませんね。
でもムヒタリアンはコーナー付近への縦突破とか最近増えてきてるので意識は本当に変わってると思います。
[ 2015/10/02 22:37 ] [ 編集 ]
今年のBVBは健康本でも出しそうな勢いですね(笑)。
バイエルンがオクトーバーフェストで飲み過ぎてるこの時期にヨガとか豆乳とか、、素敵です。
[ 2015/10/02 23:05 ] [ 編集 ]
地球上最大規模であるサッカーにもまだまだ他競技に遅れを取ってるところがありますね。
競技人口的にはドマイナーであるフィギュアスケートでさえ、当たり前に体重=栄養管理に気を使ってるのに、それが出来てない。
また、ボクシングオタでもある私的にはウェイトコントロール以外にも、出血時の処置なんかも稚拙過ぎてガッカリです。
[ 2015/10/03 00:47 ] [ 編集 ]
楽しい記事をありがとうございます!

ヨガは体幹と柔軟性を高められるから良いのかもしれませんね。お米はやはり炊くのでしょうか。それともリゾット風にするのか…。香川選手もBIOのスーパーに行くようになったと言いますし、ある程度の年齢以降自分を高めるにはこういう努力が大切なんだなと思います。

日曜日、よい試合になるよう祈ります。
[ 2015/10/03 03:35 ] [ 編集 ]
長く現役を続けるには節制も必要ですね。ヨガも内臓強化とか疲労回復にも効きそうだし。
香川もシェフを雇ったり個人トレーナーに付いてもらったりして努力してるみたいでコンディションも良さそう。チームでもきちんと管理してもらえるのは有り難い。本当にドルに戻ってきて良かった。
[ 2015/10/03 08:01 ] [ 編集 ]
シュメルツァーが大好きなので記事が嬉しいですー☆
マッツの自分へのご褒美がアイスクリームならシュメルツァーは何かしらー?

監督による体質改善指導もあれど、
昨季の低パフォーマンスの一因が何であり、そしてどう変えていけばいいのか、
ドルトムントにはキャリアと年齢重ねて自分をよく知る26~27歳の選手がゴロゴロいるので、
チーム指標と自分に合わせたケアをしているんだなあと思いました。
(香川しかりシュメレしかり…あのメッシも昨年ピザ食べるのやめたとかなんとか)
そしてやんわりと「クロップが悪いわけじゃないよ」と一言そえるあたりもBVB選手らしいです。
(でもそのクロップさんも今けっこう痩せてたり…)

記事の続き、楽しみにしています☆
[ 2015/10/03 10:22 ] [ 編集 ]
シュメルツァー顔からして変わったよね
去年とかほんと酔っ払いの中年みたいになってたもん
[ 2015/10/03 17:41 ] [ 編集 ]
そういえばメッシも若い頃怪我がちで苦労してたのを食事管理で体質改善したことで克服したって記事があったような
ロイスあたりに効果があればいいんだけどね
サッカーの科学的トレーニング自体はもう20年前ぐらいから始まってた筈だけど、毎週末ごとの試合をシーズン通してこなさなきゃならないサッカーと一つの大会に焦点を合わせて調整していく競技ではだいぶ勝手が違うみたいですね
ましてビッグクラブはカップ戦なんかで週2ペースで試合こなすんだから大変だ
体重落とすのは短期的には良いかもだけど、とごかでスタミナ切れしそうな怖さもあるからどうなるかな
[ 2015/10/03 19:04 ] [ 編集 ]
うどんOUTやんw
[ 2015/10/03 19:18 ] [ 編集 ]
>彼らは内容に関わらず、試合に勝利しますからね

これなー
[ 2015/10/04 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。