ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュメルツァー「より責任のある役割を担いたい!」バイエルン戦直前インタビュー②《ドイツ人の反応》

シュメルツァーのインタビューの続きになります。インタビュー①はこちらを御覧ください。




entry_img_633.jpeg


あなたは直接対決ではたいていロッベンを相手にプレーしましたね。彼は負傷していますから恐らくあなたの相手はキングスリー・コモンではないかと思います。



そうですね。正にそれがバイエルン戦での難しい所ですね。いったい誰が相手となるのかが分かりませんから。左利き?右利き?それとも対応がある意味不可能なミュラー。ベンチを見てみると、本当になんでこんなトップ選手がベンチに座わなければならないんだろうって不思議に思いますよね。



たとえば元同僚のゲッツェですね。


彼が僕らのチームでプレーしていた時は、みんな彼がいつか世界最高の選手になると思っていました。僕らは彼をすごく評価しているんですよ!僕は彼がバイエルンでこんなに試合に出ないなんて想像もしませんでしたよ。でも僕らにはその背景は分かりませんからね。


スポンサーリンク



これまでのドルトムントのバイエルンの試合はある意味、戦いの文化みたいでした。よく考えられたミュンヘンに対して、激しくセンセーショナルな攻撃を見せるドルトムント。今でもそうでしょうか?


今の僕たちはポゼッションに取り組んでいることでバイエルンのスタイルに似ていますね。そこに近づいていると思います。でもそれぞれのポジションで選手がやるべき事に関しては明らかな違いがありますね。


さらなる共通点としては、バイエルンはこの夏中国に行きました。そしてBVBはアジアツアーを行いましたね。それによって市場を拡大しましたね。



僕は10年ここにいますが、今と当時を比べるとまったく別な世界だと言わなければならないですね。それでも家族的な雰囲気はそのままですが。クラブもチームもタイトルを手にしたことで成熟したんです。ちょっと大人になったんです。


自分でもそう感じますか?


そうですね。今ではより責任のある役割を担いたいと思うようになりました。


どんな所で?


もしトレーニング中に、ちょっと調子のすぐれないような選手がいたら、面倒を見たりしています。何かあったのか聞いてみるんです。怪我をしている選手もチームの一員だと感じることは大事ですからね。僕らの一番大きな目的をいつもはっきりさせる事は大事ですね。もし誰か一人がその事を忘れてしまったら、そうならないように僕が面倒みたいと思います。


20151003164542208.jpeg

あなたはより高いパフォーマンスを発揮していますが、代表入りはありそうですか?


もちろん来年の夏のユーロには出たいですね。2012年のユーロには参加しましたけど、試合には出ませんでしたから。それは僕が叶えたい夢の一つですね。でもその前提となるのはチームで継続してパフォーマンスを発揮することです。それは十分にわかっていますよ。


あなたはワールド・カップ前の最後のキャンプでメンバーから外れてしまいましたね。それ以来レーヴ監督からの招集はありませんね。連絡は取っているんですか?



いいえ、それ以来監督チームからの連絡はありません。でもそれは必要な事ではありません。


あなたの代表でのキャリアはどちらかと言えば不運でした。あなたはレーヴ監督から2回も公に叱られましたね。3年前には、あなたにはダイナミックさとテンポが欠けていると言っていました。でも新たなサイドバックを作り上げることはできないと。


それは僕の中では済んだことです。監督はその発言に対して僕に謝罪しました。長い間代表チームにはいませんが今でもつながりがあると感じていますし、多くのチームメートと連絡を取り合っています。今のところ良いシーズンを送っていますし、パフォーマンスを発揮してそれが報われるといいですね。




以上です。

シュメルツァーもいつの間にか若手の面倒を見るような選手になったんですね。今まではグロースクロイツばかりが目立っていましたが、キャプテンのフンメルをはじめ、チーム内での役割は確実に変わってきているんだなあと感じました。

さて明日はいよいよバイエルン戦ですね。できれば勝って欲しいですが、とにかくしっかり守って4ポイント差を広げられないようにしてほしいです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0478.jpg

移動遊園地内のジェットコースターの建物
お祭りには移動遊園地が欠かせません。
[ 2015/10/03 17:15 ] シュメルツァー | TB(-) | CM(10)
シュメッレ!
シュメルツァーは大好きな選手の1人です。物静かで、優しそうだけど、試合中はしっかり責任を果たすところ、献身性がすごいところ、そして香川選手を自宅に泊まらせてくれるところなど、良い所を沢山挙げることができます
今シーズンはPSMの時から、物凄いクォリティのクロスをバンバン上げて、試合終了間際でも全速力でサイドを駆け上がってくる彼の姿を見ると、怪我しないで!と祈るような気持ちで見ています
本当に良いシーズンを送って欲しいです、こういう選手が試合で結果を出して報われることをいつも願ってます
[ 2015/10/03 17:38 ] [ 編集 ]
香川もだいぶ役割が変わってる気がしますね。
ヴァイグルが球を散らすときに、チラっと
香川の方を見て指差した先に散らすとき
球の捌きかたで一目置かれてるんだなぁと。
[ 2015/10/03 19:58 ] [ 編集 ]
いつも良記事ありがとうございます。しかも早い!
シュメさんって意外にしっかりしてるというか、堅実な大人なんですね。香川選手の入団当時、一番世話をしてくれたのは、ケビンさんでもギュンさんでもなくシュメさんだったという話も聞きます。実はF4やフンメルスら89年組より一つ年上、学年で2こ上だったんですね。白人に珍しい童顔で若く見えますが(ヒゲそったらもっと若くなるでしょう)。
顔面偏差値の高いドルトムントですが、来日時はシュメさんもロイス、フンメルスに劣らぬ女性人気だったとか。「やっぱりレオ様に似てる」という声が飛んでたそうです。(もちろんあのレオ様でもあのレオ様でもありません。)
[ 2015/10/03 20:02 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにのぞかせてもらってます

シュメルツァー、昨季は怪我明けということもありなかなかコンディション上がらないのかな?って思ってたけど、体重が5キロも減れば体もキレが出るのも頷けますね。
正直昨季は「あれ?こんなに顔丸かったかな?」っていつも思ってたので。
フンメルスとシュメルツァーと香川の相互理解ってのは、今季すごいなと思ってます。
今季はシュメルツァーが左サイドでもの凄い高い位置にいることがありますが、守備のときには全力で最終ラインまで戻ってくれるし、彼のプレーの献身性は本当にドルトムントを支えてると思います。
グロクロも日本の雑誌で語ってましたが「その献身さゆえに怪我がちなのが残念」、今季は今のところ大きな怪我もないですし、このままキレキレな彼を見られると嬉しいですね
[ 2015/10/03 23:09 ] [ 編集 ]
シュメさんはそういや、香川が急遽ドルに戻ってきた初日?に家に泊めてくれたそうですね。
ホテルじゃなくてありがたいねー、でも新婚の家かよと日本ではつっこまれてましたが。

私は偏見の塊なのでそうしたバイアスがかかってるのか、シュメがお疲れの時には香川が頑張ってシュメのカバーして守備してるのは
何とも思わないんですよね。
[ 2015/10/03 23:36 ] [ 編集 ]
今の出来なら代表選ばれそうだけどね
[ 2015/10/04 02:10 ] [ 編集 ]
香川選手復帰の際、車で迎えに来てくれたのもシュメルツァー選手でしたよね。
昔、ギュンドアン選手が免停の香川選手を自分の車で練習に連れて行った話が最近また話題ですが、実はこの二人が仲良くなる前に香川選手の身の回りの世話を焼いてくれたのはシュメルツァー選手でした。掲示板では「執事かよっ」ってコメントをよく見かけました。(笑)
[ 2015/10/04 02:47 ] [ 編集 ]
バイエルン行き御一行にシュメさんがいなかったという情報を見て不安しかないのですが。。。やっぱり左サイドに彼がいてこその安心感なんです。

今回のインタビューを読んでますます好きになりました。
[ 2015/10/04 05:41 ] [ 編集 ]
シュメルツァー、怪我ですか?
バイエルン戦にいなかったらどうなるのか、、、心配です。

もう10年もドルトムントにいるなんてすごいですね
ミキタリアンとも話している姿もよく見かけるし、やさしくて面倒みもいいんでしょうね。

香川選手の記事にも出ていましたが、今年は選手全員、食事をはじめコンディション維持の意識がとても高いようですね。
やはりトウフェルの影響でしょうか
[ 2015/10/04 09:26 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございます。
シュメのインタビュー、素晴らしいですね。もともとやさしくてマメだなと思っていましたが、
それは意識している部分もあるのだと分かりました。
ゲッツェに対しても気遣いを忘れない言葉になっていますね。
早く良くなって、またいいパフォーマンスを見せてほしいです。
[ 2015/10/07 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。