ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス、再びチームメートを批判し会長に呼び出される!《ドイツの反応》

バイエルン戦後のフンメルスの発言がドイツで話題となっています。本日のビルトの記事とそれに対するドイツ人の反応を紹介します。






またしてもBVBキャプテンがチームメートを批判

ドルトムントの会長はモッツ・フンメルスを呼び出す。
(注:モッツMotz = 文句、マッツとかけている)

entry_img_639.jpeg


マッツ・フンメルスがモッツ・フンメルスになった。


すでにダルムシュタット戦後もそうだったが、このワールドカップ優勝者は1:5で敗れたバイエルン戦の後で、またしても彼のチームメートを批判した。これはBVBのボスにはちょっと多すぎたようだ!



スポンサーリンク



クラブ会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケはフンメルスを呼び出したようだ。(注:直訳すると業務報告させるといったニュアンス)

20151007044721762.jpeg

この会長はテレビ局のシュポルト1で、“私はそうした事柄は内部で片付けるべき事だと強く思っている。マッツもいつかそう思うようになる事を願っているよ。そしてそうなるようにするだろうね。私がマッツに言うべきことは、彼に直接言うよ。我々は一度話し合わなければならないね。”


またマネージャー・ツォルクもこの守備のボスを注意した。


ツォルクはビルトに対して、“マッツはそのミスに対して、まずは自分の責任を探すべきだ。それができて初めてチームメートから探すべきだね。”

2015100704472591a.jpeg

BVBのボス達が、モッツ・フンメルスにビンタだ!


このドイツ代表は、バイエルン戦で失点の原因となったロングボールに対して嘆いていた。“僕らの戦術は明らかでした。ボアテンとアラバにロングボールを上げさせない事です。彼らがどうして何のプレッシャーを受けずにロングボールを蹴りだすことができたのか分かりませんね。これが致命傷となりました。”


前線の選手に対する批判だ。フンメルスに寄れば彼らはアグレッシブさが十分ではなかったようだ。


しかしこの批判はブーメランとなって帰ってきた。ツォルクは“みんなが再び揃ったらまたこの試合について徹底的に救命しなければならないね・・。”と語っている。


遅くとも、みんながそろってからドルトムントのボスたちはモッツ・フンメルスと真面目に話すことになるだろう・・。






【この記事を読んだドイツ人の反応】ドルトムントファン以外を多数含む



・フンメルスはリヴァプール行きの準備をしているのかもしれない。


・彼はキャプテンだからチームに対して意見を言うべきだ。でもこれはもちろん彼のパフォーマンスに全く合っていない。彼がいったいどういう気持で言ったのか、まあこれからが楽しみだ。


・ボスたちは、フンメルスが公にチームメートを批判した事について、自分たちも公に批判している。馬鹿げている。まるで火に油を注いでいるみたいだ。



・彼は僕達のキーパーに対して何か言うべきだったんじゃないかな。


・彼はキャプテンだから何か言わないと思っているんじゃないかな。


・BVBのボスたちは3試合勝てなかったからって少し神経質になっているんじゃないだろうか。


・でも前線の選手のボアテンに対するプレスは本当にひどかった。彼が責任を前線に押し付けたくなるのも理解できる。僕はドルトムントファンじゃないから中立に見ることができる。


・フンメルスが文句を言ってBVBから去ろうとしている。問題はいつになるかだ・・。


・マッツ!対戦相手が5点も入れるということはそれは守備の問題だ。もしチームが1ゴールしかできないんだったら、それは前線の選手の責任だ。もちろん批判するのは結構だけど、まずは自分からだろう。


・モッツ・フンメルスって考えて編集部でみんなで笑っていそうだね。でも今の状況には合いすぎている。


・チーム内でこんな批判をするのはアマチュアだ。


・マッツは良いキャプテンではない。昨シーズンもこういう事があった。彼は学ばなければならない。


・↑ケールが良すぎたんだ。


・フンメルスは自分を批判するべきだね。彼はここの所良くない。


・彼の妻からの影響を受けているように思える。彼女は本当に間違った事を間違った場所で、間違った調子で発言してしまう傾向があるからね。フンメルスは賢いと思っていたんだけどね。


・僕はバイエルンファンだが、2年前には、彼がバイエルンを去って喜ぶ日が来るとは思いもしなかった。


・マッツ、黙ってまずは自分を見ろ!そして良いパフォーマンスを見せるんだ。


・ロングボールの責任は誰にあるんだ?前線?中盤、守備?フンメルスはまず良く考えるべき。


・彼自信も自分のパフォーマンスに対して良く考えるべきだね。


・彼は結婚してから本当に導火線が短くなってしまったようだ。彼はドルトムントに満足していないようだね。それとキャシーとも。いずれにせよキャプテンの振る舞いではないね。


・フンメルスは夏に移籍しなかった事が失敗だったと気がついだようだ。


・なんて傲慢なんだ。


・フンメルスは正しいよ。でもそれは内部で解決することだ。


・フンメルスは完璧だったからね。





以上です。


このような感じで非常に多くのコメントが集まっていました。やはりこうした批判は良くありませんね。この発言を聞いて、昨シーズンハノーファー戦で清武選手のフリーキックを止められなかったヴァイデンフェラーに対する批判を思い出しました。


それにしてもだからと言って会長がこうした発言をメディア上でする必要もありませんよね。


まあ代表ウィークに入るとネタが減ってしまいますから、メディアもこういった所を取り上げるようになりますね・・。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_8115.jpg

どんぐり
散歩先でどんぐりを見つけました。
[ 2015/10/07 06:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(35)
嫁の責任にするのは違うだろ
イケメンすぎるから女性ファンの嫉妬だろうか・・・
[ 2015/10/07 06:58 ] [ 編集 ]
香川のこといってるのかな!?
[ 2015/10/07 07:03 ] [ 編集 ]
そしてプレッシャーに行かなかったのは香川という
[ 2015/10/07 07:18 ] [ 編集 ]
今回のチームメート批判は責任逃れの感じが強いですね
2回とも単純なロングボールでしかも受け手は1人でした
ミュラーやレバ1人相手にCB2人とGKが何も出来ないなんて貧弱としか思えないですね
[ 2015/10/07 07:48 ] [ 編集 ]
フンメルスのジレンマですね。

ビッグクラブならやらかした選手を「干す」事でやってはいけないミスをしたという自覚を持たせるし、変わりはいくらでもいるというプレッシャーを
与えられるけど、ドルトムントはベンチからスタメンクラスが出てきませんから、「育てる」しかないけどプレッシャーにさらされず
次頑張ればいい程度の話では、勝敗にかかわるミスをしたという自覚が生まれないでしょうね。

そもそも戦術面では守備面での前プレスの事を個人的にはグチグチ言い続けてきたので、勝利の為に細部にこだわり、そこまでやるのが
優勝するチームですから、やり方は確かにまずいですが、フンメルスの言いたいこともわかると同時に
ビッグクラブならチームメイトを公的に批判するのは最もやってはならないことで、これまた干される理由の一つだから、
内部でやっていい事悪い事、の規律を厳格にした方がいいでしょうね。
[ 2015/10/07 07:57 ] [ 編集 ]
そういや、こないだ終了直前にやられたゴールもFKからの放り込みだったな
[ 2015/10/07 08:18 ] [ 編集 ]
おまけがシンプルで吹いたw
…長いどんぐりだな

まあ内部で解決できそうな批判を公に言わなくてもいいよね
内部で解決できそうなら、ね…(長靴形の国を見ながら
[ 2015/10/07 08:19 ] [ 編集 ]
フンメルスが批判とか意外でした。
戦術変更での役割が理解しきれてないまま実行したのもミスですし、トゥヘル、選手全員に問題があったと思うし全ては時間の問題だと思っています。
ただチーム内でやって欲しかったですね。

[ 2015/10/07 08:20 ] [ 編集 ]
うむむ。
フンメルスさんは頼りがいのあるキャプテン!という感じだったのですが。
しかしここ数試合のフンメルスさんは、試合中にブチ切れすぎだなあ怒りすぎだなとは感じていました。
あまりに怒り過ぎて、ソクラティスさんが「ちょっと落ち着けよ」という感じでフンさんを抑えているシーンも有りました。
できればキャプテンとして堂々と冷静に、今のチームを落ち着かせる役になって欲しいのですが。

豆乳とか健康的すぎる食事がアカンのかしらとか思ってしまったり(笑)
[ 2015/10/07 08:39 ] [ 編集 ]
確か昨シーズン、ムヒタリアンが自陣でボールを奪われて倒れ込んだ時、フンメルスが物凄い勢いで走ってきて、ムヒタリアンに激怒してましたよね。。
倒れて痛がっているところを、いきなり突き飛ばしてたので、ビックリした覚えがあります。。

[ 2015/10/07 09:06 ] [ 編集 ]
気になっていた話題でした。モッツ・フンメルス  には笑っちゃいました。
昨シーズンもフンメルスの発言には、キャプテンがこんな事言って大丈夫?って思う事が何度かあったけど、
チームメイトは案外フンメルスの性格を理解してて、あまり気にしていないんじゃないかとも思いますが、、、
落ち着いてるようでも、まだ26歳ですしね

ケールが懐かしいです。

でも、ああいうロングボールからの失点は、今回に限らず多いですよね。
この大敗の後、代表戦でしばらく間があいて本当に良かったって思います。




[ 2015/10/07 09:18 ] [ 編集 ]
まぁ、バイエルンは昨シーズンと比べても圧倒的に強くなっているし
ほぼベンチメンバーでも圧勝してしまうようなチームだ、気にすることはない!
特にこの試合ではいつもと違う布陣でこれまであまり使われてこなかった選手がいきなり本来のポジションと違う起用とトゥヘルの思い切った奇策が裏目に出た試合とも言える
代表ウィークで時間もあるフンメルスも少しは落ち着くだろう

[ 2015/10/07 09:42 ] [ 編集 ]
90分の間に、10本も20本もそういうボールが上がるなら文句言うのも解るが、2、3本上げられただけで2失点もしてちゃ話にならないね
最終ラインからのロングボールを全て防げなどという、不可能なミッションを前線の選手に強いるなんて、責任転嫁もいいところ
相手ボールなのにぼけっとしてた最終ラインやGKに、明らかに大きな責任があるでしょ
プレスがかかって防げるのは、近くに居て、危険なゾーンにいる相手選手へのパスや、そのディフェンダー自身の攻め上がりぐらいで、ロングボールの防止ではない
プレスの目的は、相手にパックパスや横パスをさせ、最終的に、ロングボールを蹴らせて数的・時間的優位のある自陣でのボール奪取に繋げることのはず
まったくおかしな責任転嫁だね
[ 2015/10/07 10:02 ] [ 編集 ]
今期のバイエルンは昨シーズンに比べても圧倒的な勢いがある
ほぼベンチメンバーでも圧勝してましたからね
この負けを気にすることはない!
バイエルン戦ではトゥヘルはいつもと違うフォメに今まであまり試合に出てなかった選手を本来のポジションでないところに置いたりと奇策に走ったようですが機能しなかったってことでしょう
ペップは試合中もトゥヘルが売って出た奇策に対し即反応して選手のポジション変えとかしてたし、それについてトゥヘルはドルトムントの選手への支持が曖昧だった
ペップが一枚も二枚も上だったってこと
代表ウィークもあるしフンメルスも少しは落ち着くでしょう、次に期待してます
[ 2015/10/07 10:03 ] [ 編集 ]
フンメルスの奥さんの話を書いている人がいるけど、何のこと?
[ 2015/10/07 13:52 ] [ 編集 ]
フンメルスの発言はもちろん問題だと思うけど、会長がメディアを利用して選手を攻撃することがあることも問題だと思う
[ 2015/10/07 14:43 ] [ 編集 ]
会長が選手の発言に反応しすぎだと思う。
グロクロの発言にも反応してたし。。。しばらく会長は黙っている方がいいよ。
[ 2015/10/07 15:25 ] [ 編集 ]
ドイツではフンメルスの奥さんが悪妻扱いなのでしょうか?それとも嫉妬なのでしょうか。
個人的には2回同じような事をされたならDFの責任なのでは?と思うのですが…。

代表ウィークで皆離れているのは良いことかも知れませんね。
[ 2015/10/07 15:34 ] [ 編集 ]
この会長、メディアの前で弱気な発言したりとちょっと「ん?」と思うことがある

[ 2015/10/07 15:56 ] [ 編集 ]
管理人
補足です。

フンメルスの妻、キャシーについてですが、

非常に表面的な人柄と、SNSでの軽率な発言、他の代表選手の彼女との喧嘩などで、ブラジルワールドカップで一気に嫌われ者になりました。

元々はバイエルン時代からの付き合いで、ドルトムントまでフンメルスについて来たんですが、フンメルスが有名になるに従って、メディアへの出演が増えたという経緯があります。


管理人は個人的にはあまり興味が無いので、これ以上詳しいことは知りません、彼女の本当の人柄についてはまるで知る由もありませんが、コメントの背景についての補足です。
[ 2015/10/07 16:41 ] [ 編集 ]
こないだの戦い方は中途半端だったよなぁ。
DFラインあげてゲーゲンプレスかけてくなら、全員でしっかりやらなきゃいけなかった。
そう簡単にやらせないバイエルンが上手いわけだけど。
なかなかボールを奪えなくて、しっかりプレス掛けてけないなら、ブロック作って守った方が良かった。
戦況を見守りながらトゥヘルが正しく指示してやるべきだったんだろうけど、たぶんトゥヘルもテンパッちゃってたんでしょ。
次バイエルンとホームで戦う時に同じ過ちを繰り返さなきゃいいんだ。

ただ、バイエルン相手よりも、6-3-1、7-2-1フォーメーションでくる相手からしっかり勝ち点3を奪えるようにするのが先決だろうね。
がんばって。
[ 2015/10/07 17:26 ] [ 編集 ]
あの失点が香川一人のせいだと言ってる奴はただのアンチ
ムヒがボアテングまーくしなきゃいけなかったのもあるしポジションチェンジしたあとどっちがマークにつくかはっきりさせなかった二人とも悪いしミュラーの動きに釣られたピシュチェクも悪い
[ 2015/10/07 17:29 ] [ 編集 ]
どんぐりかわいいでも日本の方がかわいいな
バイヤンに大敗してすぐ代表だから分析もできないしなんか鬱憤もたまるよね
てかこの分析を公開してくれたらおもろそうなんだけどw
正直今回はすべてが裏目に出た感じで監督も選手もすべて悪いってなる
前線3人にして相手に数合わせたら良かったのに一番大事なところ曖昧なままだし真っ先に話し合うところだろうに バイヤンとの試合は初めてでもないのに最初からテンパってる感 
采配選手が揃っていたらもっといい試合だったろうなぁとは思う 
そろそろ得点王とかじゃなくてきちんと機能するCF取って欲しいね 冬の補強に期待したい
[ 2015/10/07 17:51 ] [ 編集 ]
確かハノーファー戦かな、ミキが相手選手とやり合うのをフンメルスが止めに入ったけど、相手に何か言われて結局加勢してた。キャプテン落ち着いてくれって心配になりました。ギュンがインタビューで騒ぐことじゃないと言っていたけど、やや不安です。代表weekって時にありがたいものだなと思いました。
[ 2015/10/07 18:15 ] [ 編集 ]
ギュントアンがモッツとの写真をアップしましたね笑
[ 2015/10/07 19:07 ] [ 編集 ]
トゥヘルの指示も曖昧だったよね。つまり普段やりなれていないから綻びが出る。守備が問題なのは以前からなんだし失点しても攻撃陣が点を取ってきただけ。でも実際トゥヘルになって日が浅いし試合に追われてきたので仕方ないかな。トゥヘルもこれから守備もきっちりやると言ってるし良くなると思う。

フンメルスは少し冷静さを備えた方がいいね。素晴らしい選手だけど結構波があって時々ポカするし。もったいないよね。
[ 2015/10/07 19:21 ] [ 編集 ]
管理人
なんだか今回のタイトルにあります「フンメルス、再びチームメートを批判し会長に呼び出される!」という訳が日本のマスコミにそのまま使われてしまったような気がします。

タイトルを直訳すると「BVBのボスたちが、フンメルスを業務報告させるために連れてくる!」となるのですが、タイトルとしてはちょっと硬くて長過ぎるので、上のように、ボスたち→会長、業務報告をさせるために連れてくる→フンメルスが呼び出されると、というようにかなり意訳しました。


短い文章の場合は誰が訳しても同じようになる事も多いですが、今回は偶然にしては似すぎかなと感じています・・・。管理人
[ 2015/10/07 20:14 ] [ 編集 ]
管理人さん頑張れ。自意識過剰じゃないと思う。
ああ、またパクったなと思ったから。
[ 2015/10/07 20:52 ] [ 編集 ]
どのような意図でフンメルスはこの発言をしたのかわかりませんね。単純に頭に血が上って発言したのなら、意外と情熱的な人なのでしょう。

フンメルスは将来のドイツ代表キャプテン候補でしょうから、この件についてレーヴ監督からお説教されるかもしれませんね。
[ 2015/10/07 20:55 ] [ 編集 ]
失点はチーム全体でカバーするものと思いますので、前線だけに責任があるとは思いませんが…。まさにどんぐりの背比べですね。
勝てないときほど、チームワークを強くして、また立ち向かってほしいです。
[ 2015/10/07 22:11 ] [ 編集 ]
管理人さん、背景まで丁寧なご説明有り難うございます。国内メディアの怠慢と不誠実には辟易しています。

フンメルスは、精神的な波を感じます。
昨年は引退表明してキャプテン譲ってたケールが変わらずよくコメントしていたし、今年はケールが去った代わり(?)にシュメルツァーの割合が増えた気がします。まあ10年選手のドルトムンターというのはあるのでしょうけど、記者陣にフンメルスは不人気、あるいは扱い難いキャラクターと認識されているのかな、と勘ぐったり。

敗戦を前線選手に押し付けるのが自身のDFとしての価値を落としていることに気付いて欲しいですね。連戦連勝中、彼が攻撃参加に上がっている間相棒のソクラティスがどれだけ奮闘してきたか。
トゥヘル監督は攻撃の自由さの延長線上に守備も置いてしまったのでしょうか。決まり事の整理が出来てなかったのが痛いですね。それに進言するのが本職のフンメルスの役割だったと思うのですが。彼のインタビュー記事を読むとしっかりした若者という印象なので、やはり気分屋で未熟なところがあるのでしょうね。成長して欲しいです。
[ 2015/10/08 00:02 ] [ 編集 ]
フンメルスはキャプテンですし、香川によるマンマークでアロンソを無力化する作戦は今回が初めてじゃありませんから、そのプランはわかっていたはずです。仮に香川がアロンソから離れてボアテンクにチェックに行ってアロンソにボールが渡っていたら、もっと精度の高いボールが飛んだかもしれませんし、香川が下がった後のように崩されてたかもしれません。批判されるべきは、対策の対策を用意していなかった監督になるのでしょう。最初からすべて読んでいたペップがすごすぎて、それも酷ですけど。
[ 2015/10/08 03:42 ] [ 編集 ]
いつも興味深い記事と丁寧な翻訳をありがとうございます。
DFBのサイトから動画が見られますが、昨日フンメルスが代表のプレカンに出ていましたね。
この騒動?についても釈明というか、言及していたようです。
終わり間際には「モッツ」がどうのこうのと皆が笑っていたような…。
でもこの部分は(まあしょうもないのか)公式の記事でもあえて字起こしされていなくて
ちょっと気になってしまいました。
あと、前の方のコメントでもありましたけど、ギュンドアンがインスタグラムで
「motzki」と書いていますね。「~ki」というのは愛称みたいなものなんでしょうか。
ともあれ、日本では深夜のドイツ代表選楽しみです。
[ 2015/10/08 14:54 ] [ 編集 ]
実力差はあれどナショナルダービー的なカードで大敗したらイライラする気持ちもわかる。
原因は前線プレスの甘さだけじゃないけどね
監督に関して言えばトゥヘルはかなりペップに心酔してるようだけど、先日ノーベル賞受賞した先生も
いったとうり真似をやっててもそれを超える事はできない。まぁぺっぷの上を行く監督なんて現世に何人いるのか
って感じだけど頑張ってほしいですね
[ 2015/10/08 15:14 ] [ 編集 ]
前線の選手を批判…、フンメルスはこのところイライラを募らせていますね。
失点は前線の選手だけの責任ではないと思いますが、同僚に対して不満を持っているのは明らかですね。
キャプテンを務める人がこういう発言をして、チームの結束に影響が出るのが心配です。

バイエルンと戦うとき、クロップを思い出してしまう。
緻密なやり方より、ヘビメタガンガンのサッカーのほうが、ペップはニガ手そう。
大きな試合でもけっしてビビらないよう選手たちを鼓舞して団結させるのが、クロップは上手でしたね。
…と思っていたら、クロップはリバポへ行きそう。。。
[ 2015/10/09 02:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。