ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

VW排ガス不正でヴォルフスブルクの予算削減か?FCバイエルンを含むドイツサッカー界に大きな影響!!《ドイツ人の反応》


ドイツでもフォルクス・ヴァーゲンの排ガス不正問題は大きく取り上げられていますが、サッカー界に与える影響も大きくなると予想されています。スポーツビルトの記事と、ドイツ人の反応を紹介します




entry_img_640.jpeg

【スポーツビルト】


フォルクス・ヴァーゲンの新しい会長マティアス・ミュラーは、企業のサッカー界への投資を疑問視した。“我々はどんな石ころでも拾って逆さまにして見てみなければならない。”とこのマルティン・ヴィンターコーンの後継者は“フランクフルター・アルゲマイネ新聞”のインタビューで答えた。



それ以前にミュラーは不正排ガススキャンダルにより、コンツェルン全体で節約する事を発表していた。VWに対する罰金の金額は巨額になると見られている。“なので我々は全ての投資をもう一度確認しなければならない。どうしても必要でないものは、削除されるか、延期されるだろう。”
とミュラーはヴォルフスブルクのVW本社で語った。“正直に言うが、苦しみなくしては先にいけないだろう。”


スポンサーリンク



先日その職を退いたヴィンターコーン会長の下で、サッカーは大きなビジネスである事が発見された。ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクは100%フォルクス・ヴァーゲンの子会社である。それに加えて傘下のアウディはバイエルン・ミュンヘンとインゴルシュタットにも関係している。VWはさらにドイツポカールのスポンサーであり、ドイツ内で合計16のプロクラブのスポンサーをしている。


“今の段階では心配する理由はない。”とVfLヴォルフスブルクの会長、クラウス・アロフスはこのインタビューの前に語っていた。発表された予算削減策についてアロフスは“僕は別な方向に行くのではないかと思っている。”と語っている。“非常に差し迫ったテーマだが、これは別な財政面での事に関してだ。”


いずれにせよ、VfLヴォルフスブルクはヴォルクス・ヴァーゲンからの巨額の通しのお陰て2009年にリーガ優勝を果たし、今年はリーガ2位とポカール優勝を達成している。今のところミュラー会長はVfLヴォルフスブルクの事をインタビューでも会議でも直接口には出していない。

2015100717431151e.jpeg




【ドイツ人の反応】


・最近のメディアの扱いはとにかくパニックを誘発させる事ばかり考えているようだ。


・排ガス問題はすぐに忘れ去られるだろう。責任者はうまく逃れるだろう。


・他の車の会社は本当にクリーンなんだろうか?そうは思えないね。


・コンツェルン解体だ!僕らドイツ人はクリーンな環境の為に戦うんだ!ドイツ人として本当に恥ずかしいよ。


・メルケルがなんとかしてくれるだろう。


・VWの持ち主は、他の車も同じように不正を働いていることを願っている。自分たちがうまく行かなかったら他もそうであって欲しいと思っているようだ。


・ミュラー会長へ助言。まずサッカーに関わることを即座にやめることだ。ヴォルフスブルクの最大でも53人ぐらいのファン以外の全てのドイツ人がそれに対して喜ぶだろう!


・みんなVWの社員の給料が高いことに敏感に反応しているけど、サッカー選手の給料に対しては誰も文句を言わない。典型的なドイツ人。


・このスキャンダルの背景には環境保護団体と組んでいるメディアがあると思う。


・全てのVWファンへ。これは詐欺だ。


・ミュラーがサッカーに投資した金額がふさわしいものか調べるのは当然だね。


・確かにVWは社員のリストラを始める前に、ブンデスリーガでのスポンサーをやめるべきだ。オペルだってブンデスリーガのスポンサーする事なく車を売っている。


・VWはミュンヘンにも投資しているからね。どうなることやら。


・VWなんてもう聞きたくない・・・。


・オペルは正直者


・そもそも問題は別な所にあるような気がするんだけど、他にはないのかい?


・↑VWの問題は今は予算削減なんだ。


・なんてこった、僕らの国が・・・。


・なんでドイツではボスやこの不正の原因となった人が逮捕されないの?


・詐欺!!!詐欺!!詐欺!!


・倒産させるべきだ!


・ミュラーは自分の給料についても査定するべきだ。


・ヴォルフスブルクがもうすぐ、少ない予算でやりくりしなければならないって?だったらクラブは変らなければならないね。このVWの一手がどういう影響をもたらすのか本当に興味深い・


・↑FIFA16でもやっていてくれ。


・バイエルンがヴォルフスブルクの選手を買い取ってくれれば問題無い。


・↑いやあバイエルンもVWからお金もらっているから。


・アロフスはVWがクラブの予算を削減しないと思っているようだね。


・VWを処理するのはいいことだ。僕はもう日本車にしか乗っていない。長持ちするしVWゴルフみたいにラジオを特別に追加注文しなくても良い。


・↑でもその日本車が故障したら?修理は?よく考えるんだ。


・ヴォルフスブルクに対する予算が減るって?ヴォルフスブルクよお休み。


・ヴォルフスブルクへの投資はさっさと辞めるべき。






以上です。


コメントにもありましたが、会長が予算削減と言っただけで、まだサッカーに関しては何も発言していないのですが、大きなニュースとなって様々なメディアに取り上げられていました。コメントも非常に多かったのですが、どちらかと言えばこのVWの問題に関するものばかりで、サッカーに関するものはそれと比べると少なかったです。


それにしても16のクラブのスポンサーですから、サッカー界に対する影響は少なからずありそうですね。16のチームには2部とか3部も含まれているのではないかと思いますが、意外とヴォルフスブルクは大丈夫で、他の小さなクラブの予算が削減されてしまうのではないかと心配しています。

それからヴォルフスブルクは金満クラブとして結構嫌われているチームなので、擁護コメントはあんまりありませんでした。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_8144.jpg

紅葉
ドイツは日本のような紅葉はありませんが綺麗な黄色になり10月はGoldener October(黄金色の10月)と呼ばれています。
もう少しで木々の葉も黄色に変わりますね。

[ 2015/10/07 18:05 ] ブンデス事件15 | TB(-) | CM(9)
小さいクラブよりライバルになるクラブから削減しそう
[ 2015/10/07 22:09 ] [ 編集 ]
擁護コメントがないってところで吹いてしまいました。
ドイツ経済に影を落とすような大事になるとユーロが危なくなります。大事にならないといいですね。

あまり関係ない話ですが、負債を負わせて儲ける商売が上手な人達が米のウォール街にいらっしゃいます。サッカーにも関わってきていて嫌な感じです。
[ 2015/10/07 23:24 ] [ 編集 ]
今ヴォルフスブルクに倒れられては困る。
バイエルンくたばれ 脱!1強リーグ


[ 2015/10/08 06:41 ] [ 編集 ]
ブンデス始めドイツにはお世話になっているのだから日本は助けてあげるべき
困った時にこそ手を差し伸べるのが真の友人だよ
[ 2015/10/08 09:51 ] [ 編集 ]
バイエルンが資金不足になりドルトムントにレヴァとゲッツェを売り払うとかになればブンデスは異常に面白くなりそうだけども
[ 2015/10/08 10:56 ] [ 編集 ]
政治も関わる規模の問題だからサッカーへの影響もあるでしょうね。まぁ、メルケル(ドイツ)の東アジアについての言動について、日本人としてはイラつくことも多いので同情はしませんが(笑)
[ 2015/10/08 16:02 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルクは親会社がVWであることと長谷部が昔所属していた程度の認識しか
なかったけどドイツでは嫌われてるのか
だからシャルケサポはドラクスラーの移籍はバイエルンに行かれる以上に嫌だったんだろうなw
個人的には1強状態を脅かして欲しいのでバイエルンよりマシだと思ったけどね
[ 2015/10/08 21:46 ] [ 編集 ]
これこそ自業自得ですね、なんというメガな詐欺行為。アメリカは本気で潰しに行っているのがよく解る。ギリシャの件から凋落は始まっていたんですね。
[ 2015/10/09 13:19 ] [ 編集 ]
この件でのドイツ人のコメ見ると彼等に対する嫌悪感がかなり高くなる
自身の事になると冷静ではいられないんだなぁ
[ 2015/10/09 17:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。