ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベッケンバウアー、5失点のビュルキを辛口批判!ビルト記事とドイツ人の反応《ドイツの反応》


10月5日のビルトに掲載された記事なのですが、ベッケンバウアーが5失点したドルトムントのキーパー、ビュルキを強烈に批判しています。2日たった今日、ビュルキがスイスの新聞で「メディアの批判が強い事に驚いている。」と発言するなど、一層話題が大きくなってきましたので、この記事とそれを読んだドイツ人の発言を紹介します。





すでに200年前に学んだことだ・・・


フランツがビュルキの失態を切り裂く



entry_img_641.jpeg


バイエルン戦ではよりによってドルトムントのナンバー1キーパーのロマン・ビュルキがBVBのユニフォームを着てから最も悪いプレーを見せた(採点6)


0:1の場面ではビュルキはペナルティーエリア付近でボールをクリアしようとした。しかしミュラーの方が素早くボールを押し込んでしまった。

スポンサーリンク



そして休憩後たったあ20分でビュルキはレヴァンドフスキーに対してジャンプし、レヴァンドフスキーは無人のゴールへのシュートを決め1:3と試合を決定づけるゴールを決めた。


さらに55分の大失態では、マリオ・ゲッツェが3メートルの距離からゴールを決めたが、ビュルキは思いやりがありすぎた。


スカイの解説者であるフランツ・ベッケンバウアーはビュルキに対して、“これは200年も前に学んだことだ。もしゴールキーパーが飛び出すんだったら、彼はボールに触れなければならない!!3失点目も同様、もっとセンセーショナルだった。”




201510051831085ca.jpeg

この記事を読んだドイツ人の反応


・まあビュルキだけのせいではないよね。でも不安定な印象を残してしまったな・・。


・なんとも悲しいパフォーマンスだった。


・悪いけど今のブンデスリーガでこのようなパフォーマンスは見せてはならないよ。これは少なすぎる。バイエルン相手には予想はできたけどね。でもこんな守備はあり得ない。トップクラブにはふさわしくない。


・皇帝がいつも正しい。それにビュルキはこの2失点で悪かっただけじゃない。クロスに届かなかったり・・。


・僕はベッケンバウアーがすでに200年前に習得していた事はもちろん知っていたよ。


・ちょっとなんでビュルキが獲得されたのか謎だな・・。僕はビュルキがフライブルクの守備陣の不安定要素だと思っていたからね。ヴァイデンフェラーとビュルキを交換するなんて悪いジョークだ。


・僕は皇帝がすでにキーパーでプレーしていた事は知らなかった。本当に彼はどこにでも口をだすね。


・↑彼はいつも質問されるから答えるしかないんだよ・・。


・これは実はフライブルクでもやっていたんだよね。でもドルトムントはちょっと離れすぎているから知らなかったのかも・・。


・フランツがいつも正しいに決まっている!


・皇帝はいつも正しい!


・↑勿論だ。


・ヴァイデンフェラーはどうだろうか?


・序盤のドルトムントは良かったんだけどね。


・ベッケンバウアよ、200年前のゴールキーパーはまったく違うプレーをしていたんだ。キーパーはフィールド上どこでもボールを手で触ってよかったんだよ。そしてレッドカードもなかった。今では直ぐに退場だけどね。発言する前に調べるべきだ。


・トゥヘルはこの日確かに良くなかった。でもフランツはいつも辛子を投入する必要はない。


・ベッケンバウアーがもう年を取っていたのは知っていたが、まさか彼がそんなに(注:200才)年をとっていたのは知らなかった・・・。


・↑フランツは皇帝だ。彼はローマでの試合にも参加していたんだ。


・いったいベッケンバウアーは何歳なんだ?


・僕はランゲラックが見たかったなあ。


・フンメルスがもっと早く動くべき。彼はいつも観察しているだけだから。


・このような試合ではヴァイデンフェラーがゴールを守らなければならない。彼は経験も豊かだし、バイエルン戦では100試合に出場しているように感じられる。ビュルキは若すぎるし、限界だ。


・フランツは正しい。ビュルキの遠足。ゲッツェが2メートル前にフリーになるなんて思いもしなかった。本当だよ。彼はブンデスリーガにふさわしいか疑問だ。


・ビュルキのせいにするのは間違っている。守備が悪すぎた。


・ビュルキはフライブルクでは何度もペナルティーエリア内でおかしかった。


・皇帝は本当にこう言ったのかい?僕は彼はFIFAの過去について心配したほうがいいと思う。きっとビュルキのパフォーマンスよりももっと悪いのが出てきそう・・。


・まあ確かにベッケンバウアーみたいに、誰もがなれるわけじゃないからな。


・僕もベッケンバウアーがこんなに老人だとは思わなかったなあ。


・ビュルキは本当に弱点だね。


・またフランツか。彼も自分のキャリアでひどいプレーしたのに・・。



・ベッケンバウアーの言っていることは正しい。本当にキーパーとディフェンスが連携できていなかった。






以上です。


ベッケンバウアーに対するコメントを中心に取り上げました。中には真面目にコメントしている人もいましたが、“彼はいつも正しい”といういうのはドイツ人のなかでもネタのような扱いになっていますね。


これとは別にビュルキ本人はこうしたドイツメディアの報道に驚いているようで、“皇帝は何を言っても許されます。これは彼の権利です。”、“ドルトムントでの反応はちょっと違いますね。以前もミスはしていましたが、こんなに大きな反応はいまだかつて経験したことはありません。”とスイスの新聞で語っています。


ちょっと騒ぎが大きくなってきましたので取り上げてみました。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_8148.jpg

近所のワイナリーで売られているフェーダーヴァイサー(期間限定品)
発酵途中のワインのことで、甘くて飲みやすいのですがアルコールはバッチリ入っているので、お酒に弱い人がジュース感覚で飲み過ぎると危険です。

[ 2015/10/08 06:02 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(15)
確かに軽率なミスも多かったけどバイエルンに合わせたのが全てだと思う。
シュメも居なかったから仕方ないのかも。
だけどこんな事は二度とゴメンだね。
[ 2015/10/08 06:20 ] [ 編集 ]
急造守備陣との連携不足もあるしちょっと慌ててしまったのもあるのかな。ドルはやっぱり注目度が高いしプレッシャーも全く違う。バイエルンは別格としてもドルも相応のプレイを求められるんだろうね。
[ 2015/10/08 07:00 ] [ 編集 ]
三失点目の対応はアカンかったわな
[ 2015/10/08 07:35 ] [ 編集 ]
ベッケンバウアーはともかく、ビュルキはまだ若く経験をつんでほしい。
スイスの新聞はドイツで普通に読めるのでしょうか。
[ 2015/10/08 08:05 ] [ 編集 ]
ビュルキはなんか浮足だってましたね。

GK大国だからねドイツは厳しいでしょうね。
シュテーゲンもやばいな、でもバルサがいらないならドルは全力で行くべきとか思ったこともありますが、
レノもドル戦で処理ミスってましたね。

難しい処理ですがノイアーはサラリとやってるし、暇なの?GKの仕事だけでは暇なの?と突っ込みたくなりますが、
ノイアーがGKに取っては逆に悪い見本になってる気もします。なんでできないの?と言われる原因になってるというか。

あと、管理人さんにノイアーのデジカメで裏切りものーとか言ったけど、翌日家族が
ソニーのデジカメ買ってて、デジカメの方で一眼レフと同じ値段だったので、なんでノイアーと同じの
買わなかったのかおそろいなのに、と内心思ったのは内緒。
[ 2015/10/08 08:53 ] [ 編集 ]
まあほぼ同じようなDFラインとGKの間のボールをあれだけミスれば明らかにその辺の連携や対策に問題があるのは明らかだけど。
[ 2015/10/08 09:00 ] [ 編集 ]
 私はビュルキを擁護しません。あの二つのロングボールは彼の仕事でした。ベッケンバウワーは普通のことを言っています。
とはいえ、失敗は誰でもします。特に彼は若くて経験豊富でもありません。ノイアーだって若い頃に何度もこうした失敗をしていますし、カーンもやってます。失敗を恐れてゴール前でシュートを放たれるのを待っているよりは失敗したほうがいいでしょうね。
 都合良くAマッチ期間ですので気持ちを切り替えて、また同じ状況になったとき上手く対処できるように準備すればいいだけです。
[ 2015/10/08 09:43 ] [ 編集 ]
バイヤン相手に、どこが悪かったとか誰のミスとか言っても仕方ないね!ハハッ!
そういう気分になってきました。

メディアも煽り過ぎ~、シーズンはまだまだ試合が残っているんだから、次のマインツ戦やダービーでどう立て直すかに期待。
そんなことより国際試合で代表選手達が怪我しないよう、彼らの無事と健闘を祈ろう!ワインを片手にな!
[ 2015/10/08 09:49 ] [ 編集 ]
本来は優勝争いしなければならないクラブだからねドルトムントは
フライブルクの時とは情況も違ってくるからビュルキも面食らったのでしょう
[ 2015/10/08 10:37 ] [ 編集 ]
まぁ確かに「おいおい…」ってシーンが多かったけど、これまでの試合でビュルキ様様な場面も何度かあったのも事実なんだから、いつまでも彼を責めて欲しくないですね。まだ若い選手だし、バイエルン撃墜を狙える唯一のチームとしてドルトムントが多方面から期待されていた事を考えると、ちょっとナーバスになり過ぎていたのかもしれませんし。
ホームでのバイエルン戦では汚名返上に期待します!
[ 2015/10/08 11:47 ] [ 編集 ]
ビュルキがダメだと言ってもバイデン兄貴の劣化具合も悲しくなるぐらいだし...
まあ今回は相手がノイアーだったわけだし、余計ミスが目立ったのかも。
こうなったらカシージャスかデヘア辺りに土下座して来てもらうしかないね。
[ 2015/10/08 12:21 ] [ 編集 ]
まぁ川島かな?って思ったシーンが何回も有ったし
この試合に限っては評価が低いのは仕方ない
[ 2015/10/08 13:25 ] [ 編集 ]
ビュルキに限らずDer klassiker にふさわしいパフォーマンスではなかったのは間違いない
[ 2015/10/08 15:17 ] [ 編集 ]
まずかったシーンはありましたね、全員だけど。ビュルキは批判にとまどったようだけど、ドルトムントにいればそれくらい当たり前なのかな。気持ちが圧倒されてると感じました。ブンデス2年目、BVBの公式戦10試合目なので、経験を積んで見返してほしいです。
[ 2015/10/08 16:55 ] [ 編集 ]
明らかに緊張してたからな。
屈辱をバネにして欲しい
[ 2015/10/08 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。