ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツキッカー、代表戦後に香川を絶賛特集!!《ドイツの反応》

10月8日にキッカー、オンライン版で掲載された香川選手の特集記事になります。






トゥヘルの元でこのカムバックを果たしたBVBのミッドフィルダーが再び花開く!




本当だ:また昔の香川だ!!

entry_img_644.jpeg

もはや疑いはない:香川真司は今正に世界の情勢を見ている。この日本人選手の代表ウィーク中の旅程にはエキゾチックな場所の名前が載っている。ドルトムントのミッドフィルダーはいつものように日本代表として遠征中だ。しかし今回は、ブンデスリーガでの力強いパフォーマンスで再び戻ってきた事で確信に満ちている。



スポンサーリンク



まずはオマーンでシリア戦、そしてテヘランでイラン戦だ。次の木曜日に、香川は再び、スポーツの故郷に戻ってくることが待たれている。(注:おそらくドルトムントだと思うが、木曜日?)彼はドルトムントでの弱々しい一年から、ようやく昔の状態を取り戻し、これまでブンデスリーガ8試合すべてに先発出場し、少ない例外を除いて説得力のあるパフォーマンスを見せている。


一年前はこうではなかった。不運に終わったマンチェスター・ユナイテッドから戻ってきた香川は、目に見える程調子を落としていたが、こういう事は、イングランドのクラブで一軍に入らなかったプロ選手にとっては珍しい事ではない。そして香川はドルトムントとそれにクロップの要求を非常に良く知っていたにも関わらず、長い助走を必要とした。


香川は8月の終わりにシュヴァルツゲルプの一員として戻ってきた。最初こそ力強いパフォーマンスを見せたものの、その後は非常に安定しないパフォーマンスを見せることになった。“僕達みんなにとって、長い間に渡ってフラストレーションがたまる状況でしたね。僕にとっても決して理想的な状況ではありませんでした。”と香川は当時の状況をこう整理した。“僕は自分のベストな状態に達することはありませんでしたし、それについては深く考える事になりました。”


この控えめな日本人はトーマス・トゥヘルの元で再び花開いている。そして彼はもちろん、準備トレーニングをチームと共に終えたことからも利益を得ている。“彼が絶対的なトッププレーヤーであることはすぐに見て取れたね。真司は我々の中盤で重要な役割をはたすべく、特別なクオリティーをもたらしてくれるんだ。”とトゥヘルは共に働いて数日後には賛辞を送っている。“今我々は彼が最高のレベルに達するように、あらゆることを試みるつもりだ。”


この機知に富んだ中盤の演出家は、ミュンヘンでチーム全員とともに沈没してしまった(採点5)。しかしそれでもこれまでのキッカー採点平均点で2.88と非常に力強い数字を残している。香川は多くのアイデア、素晴らしいパスの数々、そして長い距離を走りチームの切り札となる活躍を見せている。芝生の上は勿論だが、飛行機でもそうだ。(注:長い距離をかけている)






以上になります。

キッカーのブンデスリーガ第8節を終えた時点で、最初の香川選手特集記事になります。


キッカーも本当に昔の状態に戻ったと判断を下したようですね。


今回は特集記事になりましたので、ブログのタイトルもあえて“絶賛”にしてみました。寸評で一言褒められることと、やはりこのように特集記事で褒められることでは全然意味合いが違いますからね。


昨日の代表戦でも素晴らしいアシストを見せてくれた香川選手ですが、まずはブンデスリーガ前半戦残り9試合、この活躍をぜひとも続けて欲しいです!


【おまけ今日のドイツ】

IMG_4850.jpg

ドアの飾り
大きめの輪に植物をからめてそこにリボンや卵でデコレーションしていました。かわいい演出ですね。


[ 2015/10/09 17:58 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(24)
昨日の代表戦でのアシストは本当に素晴らしかったです。
久しぶり?に見た気がします。
決まった後のガッツポーズをみると、かなり自信ももてたのでは、、、などと思ってしまいましたが

キッカーの記事のように、今後にますます期待してしまいます!!
[ 2015/10/09 18:25 ] [ 編集 ]
現在、ファイナルサードでのパス成功数がリーグトップらしいしね
プレミアがアザールで、リーガがネイマールという豪華な面子だ
[ 2015/10/09 19:33 ] [ 編集 ]
戦術もポジションも優勝した時とは違うので得点が少ないというイメージが先行しがちですが、今季の香川は安定していていますし、大事な時に起点、アシスト、得点という重要な仕事をしていますよね。
バイエルン戦も守備はよかったし効いていました。守備に追われて攻撃に転じることができなかったのは直前の戦術変更とメンバーが違ったことが大きいのかなと勝手に思っています。今季の特徴であるフンメルスと香川のホットラインは機能しませんでした。これを捨てるのは自分たちのサッカーをしない、と守りに入ったということなのでしょうか。新生ドルトムントはフンメルス、ロイス、香川のコンビネーションが重要なのに…。
代表でも引いて守ってくるアジアでは戦術を変えてIHの方がいいのでしょうか。。。もしくは香川にボールを出せる清武と一緒に出した方が得点力は上がるかもしれませんね。
今年は1年通して目が離せません。そして平均点をもっと上げてほしい。香川の評価がヨーロッパで再確認されることを願っています!
[ 2015/10/09 19:44 ] [ 編集 ]
ドリブル突破からの岡崎選手への股抜きアシスト、もう惚れ惚れした!
あれに反応した岡崎も凄かった。「コレ!こういうのが見たかったんだよ!」って叫んでしまった。
このところはドルでの高レベルなプレーが代表にも還元されていて、いい相乗効果になっていると感じる。
バイエルン戦の直後だったから少し心配だったけど、杞憂だった。リーグ戦再開が楽しみ~!

そうそう、いつも貴重な情報をありがとうございます。タマゴのリースも可愛いね。
[ 2015/10/09 20:01 ] [ 編集 ]
香川の活躍は嬉しいけど活躍すればする程、遠くへ行ってしまうのではないかと不安になる
いつまでもドルトムントの香川でいてくれ!
[ 2015/10/09 20:06 ] [ 編集 ]
現地メディアの傾向も込みでの翻訳。脳内補正無しでドイツの評価を知ることができるので、いつも楽しみにしています。
[ 2015/10/09 20:55 ] [ 編集 ]
今季の香川は精神的にもブレてないですね。
この間のバイエルン戦後もショックは大きかったはずなのに冷静に分析していた。昔の香川というより進化した香川をこれから見せて欲しい。

[ 2015/10/09 20:56 ] [ 編集 ]
正直まだ上のレベルのプレイが出来るはず
[ 2015/10/09 21:02 ] [ 編集 ]
リバポ香川の噂も有るけど、このままドルで活躍して欲しいなぁ。
[ 2015/10/09 21:20 ] [ 編集 ]
「昔の香川、昔の・・・」っていう輩はもう絶滅危惧種にしてやってwww。ドルトムントには今季はこのまま無心で、ドルらしい少年達が遊んでるようなサッカーをして欲しいなぁ。フンメルスやシュメ、ギュンもだいぶ絞ったなぁと思っていたけれど、香川さんはちょっと絞り過ぎに見えるんですが、、、頬こけちゃって(><)。過密スケジュールのせいなのか、ハリル爺の体脂肪フェチのせいなのか。
[ 2015/10/09 21:42 ] [ 編集 ]
香川はまだ100%のパフォーマンスはしていないと思う。前所属時代より体重が5kg多いし、今もフィジカル調整中な感じがしますね。うまくいけばドリブルはもっとキレて繊細になると思っているんだけど、どうかな。今期は2ケタいくんではないかと期待してます。
[ 2015/10/09 23:50 ] [ 編集 ]
配球するにはパス貰わなきゃね、ヤヌザイのように暴走する奴もいるし
選手同士の意思疎通が機能してるのは一部の選手だけだし
日本人選手は戦術理解って意味では今の香川の役割が向いてるよね
本田・清武もそうだし、欧州は運動能力のみの選手が多すぎ
日本人の最低基準でも、押収では高いらしい学問の素養が生きる気がする
[ 2015/10/10 00:18 ] [ 編集 ]
 連覇時の香川よりも今の香川のが優秀です。間違いなくです。彼はかつての彼が持っていなかった色々なものを獲得していますし、より貪欲にプレーしています。たとえば膝より高い位置のボールの扱い、体を当てられた時の対処、ファーガソンの元でプレーしたのは無駄ではなかったと確信してます。トゥヘル率いる新生ドルトムントと共にさらなる成長を期待したいところ。

 ベスト体重は個人差もあり直接関わらなければ専門家でもわからないそうです。これについては我々が論じることではありませんね。
[ 2015/10/10 01:35 ] [ 編集 ]
プレースタイルがちょっと変わってきてるよね
昔はどう見ても真ん中にいるタイプだったんだけど
最近はサイドから切り崩していくこともうまくなったかなと
ぶっちゃけシュートがもっとうまくなれば高いポジションに張り付かせてウイングやらしてもいいんじゃないかと思う
もともと一対一にはめっぽう強いんでね
そうなれば今のアザールとかロイスのレベルには即行くよ
[ 2015/10/10 05:52 ] [ 編集 ]
昔の動画見返すとやっぱり攻撃に切り替わった時に一人だけ上がるのが遅い。
バランスとか関係無い場面でも一人だけ遅いのよね

そこが気に食わないです
[ 2015/10/10 06:21 ] [ 編集 ]
確かに昔と比べるとスピードが遅く、足の振りが重そうなのが気になります。

テクニックは間違いなく一級品だけど、そこに体が付いていかないもどかしさを
感じるというか…(特にドルトムント復帰後から)
体重か筋肉のつけ方なのか分かりませんが、もう少し落とせば持ち味のテクニックや俊敏性が最大に生きるようになると思うし、もっとラクに安定したプレーができるんじゃないでしょうか。
やっぱり今見てて一番物足りないのが、以前はあった突破力というか、仕掛ける事をしなくなってしまった部分なので…
抜群に上手かったシュートが残念になったのも、そこに関係してるように思います。
この前の代表戦でのアシスト(ドリブル)は素晴らしかったので、もっともっと自我を出していって欲しいです。
[ 2015/10/10 08:38 ] [ 編集 ]
もう8試合を戦って、あと9試合ですかー。なんだかあっという間ですね。あとは全勝を期待したいですー(笑)
ブンデスリーガで十分満喫していますけれど、クロップの様子も気になりますし、せめて対日本人選手のカードはリバプール戦はチェックしてみようかなーなんて思っています。
[ 2015/10/10 11:49 ] [ 編集 ]
>ベスト体重は個人差もあり直接関わらなければ専門家でもわからないそうです。これについては我々が論じることではありませんね。

もちろんそうですね。体重を減らすべきだ、と主張したいわけではないです。
DFが追うのを諦めてしまうようなキレキレのドリブルをしていたことを考えると、以前と5キロも違えば感覚はかなり違うだろうなと素人目線で思っただけです。(ファンとしてあれがもう一度みたいという希望ですね)まあ香川選手本人は、以前と同じにはできないしするつもりはない、試行錯誤してくと言っていましたけど。私も今の方がプレーの幅が広くなったし優秀だと思います。どのように進化していくか楽しみですね。
[ 2015/10/10 14:59 ] [ 編集 ]
そりゃ以前と違ってタダのトップ下の役割じゃなくなったんだから
タスクが増えてプレイの幅は広がったってことでしょ
香川に今与えられてる仕事は以前のような華やかさだけではないからね
[ 2015/10/10 15:30 ] [ 編集 ]
管理人様…いつも丁寧で公平で正確な翻訳ありがとうございます(^o^)まさに「匠の技‼︎」…ですっ♪
香川選手の調子が悪いと自分も具合悪くなるほど⁈真司クン大好きなので、今シーズンは嬉しくてなりません…(*^_^*)

センスの良いおまけ写真もとっても楽しみです。今回も素敵っ‼︎
[ 2015/10/10 16:07 ] [ 編集 ]
香川の体重って何キロなんだろう。身長も体重も表記がバラバラでどれが正しいのかな。
ただ去年よりは痩せてますよね。最近は顔も細くなってる。
[ 2015/10/10 16:29 ] [ 編集 ]
記憶ってのは美化されるもんだよね。
まるで全盛期の香川はミスもせずにスーパープレイを連発してたかのように語る奴の多いことまぁ。
[ 2015/10/10 16:59 ] [ 編集 ]
確かにいつだったか身長が伸びててびっくりした。香川は楽しそうにプレーしているなっていう時ほど結果が出ますよね。彼はイメージという言葉をよく使うけれど、イメージとフィジカルがばっちり合っていたのが優勝時で、今再びその「ばっちり合う」に近づいているように見える。最高に達したときファンタスティック4で大爆発してほしいと思う。
[ 2015/10/10 18:21 ] [ 編集 ]
管理人様、いつもありがとうございます!回り回ってここにたどり着きました。記事楽しみにしています!
[ 2015/10/11 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。