ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長「クロップが選手を引き抜くことはありえない!!」《ドイツの反応》

本日のビルト日曜版で、クロップ元監督のリヴァプール移籍に関するインタビューが掲載されましたので紹介します。





ビルト日曜版インタビュー


クロップがBVBのスターを引き抜く事はありますか?



entry_img_646.jpeg


ユルゲン・クロップがリヴァプールの新監督になった。ドルトムントでもクロップフィーバーが巻き起こった。ファン、クラブ、友人たち皆が、クロップのイングランド行きを誇りに思っている。


スポンサーリンク



BVBボスのハンス ヨアヒム・ヴァツケはビルト日曜版に対して:“これは彼とリヴァプールに対しては素晴らしい事だね。僕は最終的にはそれほど驚きはしなかったよ。そうなったことに対しては。すでに聞いていたしね。”


しかし:イングランドでは最初の噂が広まっている。クロップがBVBのスターをイングランドに誘うのではないか、という事だ。ロイス、フンメルス、ズボティッチ、もしくはギュンドガンが“トレーナー・パパ”のために、リヴァプールの赤いユニフォームに袖を通すというものだ。BVBはそれを心配しなければならないだろうか?



ヴァツケは確信している。答えはノーだ。“僕はそれに関しては100パーセント確かだけど、我々の背後でそういった事が起こることはあり得ないね。それにユルゲンはBVBに損害を与えるような事は絶対にしないだろう。そうなるにしては我々の関係は密接すぎるし、多くの事を共に体験しすぎているからね。”


つまり:移籍があるとすれば、全ての関係者の賛成があってのみという事になる。

今後もクロップとBVBの密接な関係は続くだろう。そしてリヴァプールは新たに数百万人のドイツのファンを獲得したことだろう。

ヴァツケ:“リヴァプールはいずれにせよドルトムントに類似しているよね。ドルトムント中がリヴァプールの成功を願っているよ。”

201510111747577ca.jpeg

この伝説的なアンフィールド・ロードのスタンド席へ:“我々はすぐにでも飛んでいって試合を見るつもりだよ。僕は彼らがいつチェルシーと対戦するかすぐにチェックしたんだ。残念な事に、その日は我々の試合がブレーメンであるけどね。でも引き続き、次の機会を計画しているところさ!”


クロップがリヴァプールで、ドルトムントでの7年間と同様のセンセーションを巻き起こすことに関して、ヴァツケには疑いがない。“彼ならできるよ。それに対しては改めて話す必要もないね。僕は彼が我々の下での成功と同じようなストーリーを描くと信じているんだ。”


もしちょっとした問題があるとすれば:難しい“スカウス”の方言だ(リヴァプール地方の方言)。ヴァツケは笑って:“彼の英語は非常に良いし、その方言もきっとものにするだろうね・・・”と語った。






以上です。


イングランドではBVB選手の引き抜きが噂になっているようですが、ドルトムント会長のヴァツケがはっきりと否定しました。管理人もクロップがBVBを弱くするような事はしないと思います。トゥヘルの下で出場機会があまりもらえない教え子をクロップが引き取りたい、という事はあるかもしれませんが・・・。6番での出場機会が圧倒的に少ないベンダーあたりが候補に上る可能性はあるかもしれませんね。


それにしてもクロップのリヴァプールは楽しみですね。プレミアリーグに、あのプレスが広まることはあるのでしょうか?ぜひともやり遂げて貰いたいですね。




[ 2015/10/11 17:55 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(21)
これは頼もしい

[ 2015/10/11 18:42 ] [ 編集 ]
そりゃそうでしょ、と言うかクロップを見続けてるドルサポなら誰も心配すらしてなかったんじゃない?
リバプールのファンが勝手に舞い上がってただけだね。
[ 2015/10/11 19:37 ] [ 編集 ]
香川の名は出てないのか・・
[ 2015/10/11 19:49 ] [ 編集 ]
うーん…これはあくまで、ドルを出し抜いたような行為をクロップはしないってことですよね?
フンメルスは以前環境を変えたいと発言していましたし、ギュンドアンも今年移籍寸前までいきましたよね
彼らが移籍を希望して、じゃあとクロップが手を上げた場合、むしろドル側から優先的に交渉権が与えられるのでは…?
[ 2015/10/11 20:43 ] [ 編集 ]
引き抜きの話は多分マスコミの作り話じゃないかな
現実的には多分引き抜かれても一人かそこらだろうね
優秀な監督たちがチームを移っていった時に元にいたチームから選手連れていったことはまれだもんね
[ 2015/10/11 20:54 ] [ 編集 ]
イングランドでクロップが人気なのは嬉しい。ドルの試合を見る英国人も増えそうですね。
そしてリヴァプールの試合を見るドルサポも。
まあ引き抜きは難しいですよね。それでも今後も移籍の噂は続きそうだけど。
[ 2015/10/11 21:22 ] [ 編集 ]
バイヤンから抜いて
[ 2015/10/11 23:19 ] [ 編集 ]
断言はできないだろ、ギュンドアンも候補に挙がってるし
フロントの意向はころころ変わる
[ 2015/10/12 01:34 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメントにあるように出番の少ないベンダーはあるかもしれませんね
あとスボティッチも出番が少ないし出る可能性もあるかも
さすがにドルトムントを愛してたクロップが主力の引き抜きはしないでしょう
[ 2015/10/12 01:40 ] [ 編集 ]
※香川の名は出てないのか・・

クロップと香川、香川とマンウとの関係で
一番に名前が上がってたはずですけど
[ 2015/10/12 01:55 ] [ 編集 ]
何で香川の名前が出てないとかで心配している人がいるか分かりませんね
ムヒの名前もオバの名前もないでしょ
つまり上の4人は元々クロップのリバプール関係なしに移籍の噂があった選手
スボの場合は今期出番が少なくてマインツから連れてきた経緯もあってクロップが再び引き抜くんじゃないかと噂されている選手
[ 2015/10/12 03:36 ] [ 編集 ]
つまりゲッツェがリバプールにいくのか
[ 2015/10/12 03:53 ] [ 編集 ]
フィルミノ売ってゲッツェだろ。
さらにスボ獲れれば、かな。
来期はもうちょっといじれるが、
今季を最低でもEL圏内で終えるのがノルマ。
[ 2015/10/12 05:52 ] [ 編集 ]
※何で香川の名前が出てないとかで心配している人がいるか分かりませんね

いやイギリスメデアでは
一番に出てますよw
[ 2015/10/12 06:16 ] [ 編集 ]
サポーターの遊びに会長が出てきてびっくりしたw。ドルの選手でタラレバ話、単純におもしろかったけどな。リバポ人達、ドルの選手よく知ってて嬉しいな、なんて思ってわwー。
[ 2015/10/12 08:26 ] [ 編集 ]
スボティッチとベンダーは可能性あると思う。
両者ともマンUが候補リストに入れたこともあったし。
[ 2015/10/12 08:30 ] [ 編集 ]
案外ゲッツェはホントにあるかもw
ドルにはファンの感情的にもどれなそうだし。
「どう?」くらいの声はかけるかもね。

ゲッツェにもそんなに悪い話しじゃない。
[ 2015/10/12 12:38 ] [ 編集 ]
>僕は彼らがいつチェルシーと対戦するかすぐにチェックしたんだ

レッズの対戦相手といえばマンUだろうに、チェルシーで草
まあクロップvsファンハールよりはvsモウリーニョですよね
[ 2015/10/12 20:54 ] [ 編集 ]
俺もそう思う。
クロップ自体がドルトの伝説の一部、ドルトにケンカ売るようなことはしないでしょ
[ 2015/10/12 21:34 ] [ 編集 ]
2017年までの契約なんだから、ギュンは今冬か来夏には間違いなく出ていく。オーバメヤン、ミキタリアン辺りも。ドルトムントは選手を引き抜かれる側だし。
[ 2015/10/13 02:25 ] [ 編集 ]
最近の流れを見るにフンメルスが危ない気がする
[ 2015/10/13 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。