ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ロイスは絶望的」ドイツ代表、グループ1位で予選通過を決めるも、ビルト採点は「6」を連発!!採点と寸評 《ドイツの反応》

先週アイルランドに敗れたドイツ代表は、日曜日にジョージア代表と対戦しました。結果に寄ってはグループ3位となり、プレーオフに回るという大事な試合となったジョージア戦、ドイツ代表は苦戦の末に2:1で勝利し、グループ1位通過を決めました。ドルトムントからはロイス、ギュンドガン、フンメルス、ギンターらが先発しましたが、不甲斐ない内容のため厳しい採点となっています。ビルトの採点と寸評を紹介します。




entry_img_647.jpeg


ノイアー 1

気温4度で長い間やることがなかった。本当に震えるような仕事だ。しかし彼が試された時が3回ほどあったが3回とも素晴らしいプレーを見せた。彼がいなければ我々は敗けてしまっただろう。



ギンター 6

熱心だったが真面目過ぎ。前半終了間際にはシュートも試みたが、ブロックされてしまった。考えが遅すぎる。


ボアテン 3


守備では彼がベスト。攻撃でもやる気を見せた。彼の2度のボレーシュートは完全にハズレてしまったが、それによって意欲をそがれることがなかった。

スポンサーリンク



フンメルス 4

前半終了間際のジョージアの最大のチャンスに対してカザイシヴィルに抜かれてしまった。



ヘクトーア 5


彼が自陣ペナルティーエリア内でクリアしたボールはジョージアの1:1へのアシストとなってしまった。58分に一対一に敗れた後で、ギュンドガン(本来はPK)がゴール前で防いでくれたのは彼にとってはラッキーだった。


ギュンドガン 5


守備の一対一では意地の悪さを発揮したが、攻撃では少なすぎた。


クロース 4


我々のスイッチ。サイドチェンジを担っていたが、攻撃において決定的となるテンポを生み出す事はできなかった。

20151012174455b05.jpeg

ミュラー 3

序盤は弱々しいクロスをみせ、ヒールキックでは組み立てを危険に晒した。しかし彼のPKはいつものように信頼の置けるものだった。これが彼のユーロ予選9ゴール目となった。



エジル 4


いつものようにボールをもったらエレガント。そのように彼は1:0となるPKを獲得した。やる気に満ちていたがシュートする勇気が少し足りなかった。


ロイス 6


シュート外しまくりで最悪の罪人!この素早いドルトムントの選手はいつもゴール前で敗れた。絶望的だ。


シュルレ 6


ゲッツェの代役は良く走ったが、ほぼ何ももたらさなかった。68分でようやくシュートしたが、キーパー目の前だった。レーヴはどうして彼を交代させなかったんだろうか・・・。


クルーゼ 2

彼のヴォルフスブルクの同僚シュルレの後釜。すぐにより良い結果を出した。


20151012174454a07.jpeg





以上になります。

普段はブンデスリーガの試合後の採点で取り上げています、ビルトの採点ですが、今回ドイツ代表戦後のものを取り上げてみました。



昨日の試合はジョージアを相手に序盤は圧倒していたんですが、本当にロイスはシュートを外しまくりでした。動きは良くなってきたかな、と思ったんですが・・・。精神面で影響しないかちょっと心配になりました・・。ただシュルレよりは圧倒的に良かったので、シュルレと同じなのは気に入りません。


ギンターは右サイドのペナルティーエリアラインの付近でボールをもらったら、中央のクロースに戻すことしかできませんでした。相手の守備もそれ程きつくなく、スペースはあったのでドリブルで最終ラインまで持って行ってクロスを上げればチャンスになるんですが、一度もそういう動きはなかったです。左サイドのヘクトーアも同様だったのでそこまでは上がらないという戦術だったのかも知れません。中央からその右サイド奥のスペースにボールが出た時は、奥まで走って良いクロスを見せていましたが、あんまりそこにボールは来ませんでしたね。


一応これでも勝った試合なんですが、ビルトの採点は容赦ないですね。普段の採点ではドイツ人は自国民に優しいのではないか、と言った意見もみられますが、代表戦ともなると話は別で、ちょっとでも結果がでないとすぐに批判されますね。


それでもドイツ代表の先発にドルトムントの選手が4人でている事は素晴らしいですね。今後シュメルツァーにもチャンスはあると思います。バイエルンからはボアテンとノイアー、ミュラーの3人だけどいう珍しい事態になっていますが、実はそれがドイツ代表低パフォーマンスの原因だったりして・・。





[ 2015/10/12 17:50 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(22)
凄いもどかしい試合でしたね。
バイエルン目線で言えばレヴァ不足。
ドルトムント目線で言えば香川不足。
の感じでした。
これこらもドイツは少し苦しみそうですね。
でも自力は世界一だと思っているので応援します!
[ 2015/10/12 18:04 ] [ 編集 ]
ロイスの不調ぶりに次の代表戦スタメンはないんじゃないかと心配になるくらい酷かったですね。シュールレはアイルランド戦ですでにだめだな、と思っていたのでなんでスタメンだったのか不思議でした。ロイスはレアル移籍の話がでていましたが、PSMの浮かない顔をみるに本当だったのかなと思いますね。破談になった理由はなんだろう?
その件もあって今後ロイスにはファンから厳しい言葉が出てきそうですね。
ドルのメンバは2試合フルで出場して今週末からはじまる過密日程乗り切れるか不安です。
[ 2015/10/12 18:42 ] [ 編集 ]
ドルのメンツが軒並み悪いのが気になるね。
引きずらないように頼む。
ロイスは無理に試合に出すよりちょっとコンディション調整させたほうがいいんじゃないかな。
[ 2015/10/12 19:25 ] [ 編集 ]
マルコが少し心配です…トゥヘルはマインツ戦でマルコを使いますかね。使って自信を取り戻してほしいです。取り合えずUEROはドイツもポーランドも本選出場が決まったので良かったです。
[ 2015/10/12 19:25 ] [ 編集 ]
アイルランド戦ではフンメルスのミスからどこかで観たような失点をしてましたね。
BVBの選手達は心身の疲労が溜まっているのかな?
[ 2015/10/12 20:25 ] [ 編集 ]
ロイスは酷かった
シュールレはレーヴ監督の頭の中の消去法でスタメンだっただけで本来はミュラーの代役
使う場所によってはまだまだ使い道があるけどロイスは…
代表に向いてないんじゃないかと
今までも代表では実績と言えるほどの活躍はしてないし、そろそろ別な選択も考えて欲しい
[ 2015/10/12 20:32 ] [ 編集 ]
試合中もロイスをさっさと外せとか言われてましたね
ただ、今回は怪我をしなかったことがポジティブな点かな
早く調子を取り戻して欲しいものです
ドイツのためにもドルトムントのためにも
[ 2015/10/12 20:40 ] [ 編集 ]
ヨーロッパは甘くないなあ。ドイツですら研究されて苦戦する。日本はロシアの隣国なんだしUEFAに移籍できないものかなあ。
[ 2015/10/12 21:19 ] [ 編集 ]
ビルトの採点、ありがとうございます。
観ていてとても疲れる試合でしたね。レーヴ監督はシュールレをCFWに置いたまま、あの時間帯まで何の策も講じてないように見えたんですが、どんな考えがあったのか聞いてみたいです。シュールレが自信喪失しないと良いんですが…
ロイスは本当にスランプですね。シュートを打っても全部キーパー正面だったり。こういう不調ってなんかの拍子で脱出できるんだとは思うんだけど、次のマインツ戦で脱してもらいたいです。

ジョージアは負けてしまったけど、とても上手い試合をしてましたよね。素直に感動しました。
[ 2015/10/12 22:04 ] [ 編集 ]
ドイツのメンバー豪華すぎるだろ
[ 2015/10/12 22:47 ] [ 編集 ]
ロイスの移籍がうまくいかなかったのは、免許問題ではないでしょうか?
でもアジアツアーは結果的にドイツでの批判から離れられて、良い気分転換になり、開幕迄には大分調子が戻ってきていた気がしましたよ。でもやはり怪我がきっかけで又調子を落としているという…。ロイス復活はドルトムントにとっても死活問題なので、あまり引きずらないで欲しいです。他の代表選手達も全員無事に帰って、マインツ戦では良い勝利を期待しています。
[ 2015/10/12 23:05 ] [ 編集 ]
ドルトムントの選手全然だめじゃねぇかw
[ 2015/10/12 23:41 ] [ 編集 ]
まあドルトムントの選手を4人も使ってる時点でこうなるでしょ。怪我人多いから仕方ないけど。シュバイニーとケディラ戻ってくるからボランチはこの二人で、クロースが1つ上がる。そうなるとギュンドアンはベンチだし、ゲッツェ復帰すればミュラーと組むからロイスはベンチ。不安定なフンメルスよりスピードあるムスタフィが良い。
[ 2015/10/13 02:30 ] [ 編集 ]
ロイスは前半の動き自体は良かったように思いますが、シュートを打ち上げた場面を見て息が止まりました。
トラップも乱れた場面があって、怪我で調子を落としてしまったこともあるでしょうが、心の面も気になるところです。
フンメルスもこのままチームに戻ってくるのは心配です。
この2戦でレーヴ監督に名指しで2人とも指摘されてしまいましたね。
採点は5でしたが、ギュンドアンは私の目にはエジルと同様に良く見えていたのですが、贔屓目だったのかな。
PKを決めましたがミュラーの出来も大概だった気がします。
ギンターは管理人さんの指摘が正にそれって感じですね。
シュールレを何故あそこで起用するんですかね?よくわかりません。

ゲッツェの怪我が気の毒だし、彼が居ないのはドイツにとって痛手ですね。
バイエルンの選手が少ないのが原因と言われたら、納得してしまうのが悔しいです...
しっかし、ノイアーは味方に居たら本当に頼もしいですね。
[ 2015/10/13 02:39 ] [ 編集 ]
ドルの悪い所を凝縮した試合に見えましたね。中、中、中からのひたすら中狙い
フンメルスはイエロー累積で本戦の初戦欠場確定だから、レーブは今後別のCBの
テストをせざるを得ないから、その選手が上手くボアテングとやれると本戦一戦目までに
証明したらユーロ本戦でのスタメンも安泰ではないでしょうね、とか言うか是非
現れて欲しいですね、フンメルスが成長する為に

ドルのドイツ代表の選手はスタメン安泰でチーム内に競争がない弊害で、しかも
移籍ネタには困ってないからローカル採点も待遇もアンタッチャブルになってて
Twitterとかコメント振る舞いから時々奢りが目に付くことがあるので、こうした機会で
立場は安泰ではないという事で叱ってもらえるのはいいことだと思いますよ。
危機感をもったら成長の為に移籍を考えるかもしれませんが

個人的にエジル4がひでえ気がする
キーパスとかアシスト未遂とか多かったのに
[ 2015/10/13 05:06 ] [ 編集 ]
ロイスは怪我はちゃんと治ってるんですかね。
それかやっぱりメンタルかな。去年も結構シュート外してたけど今年は焦りを感じますからね。なんとか自信を取り戻して香川と攻撃を牽引して欲しいところです。
[ 2015/10/13 09:37 ] [ 編集 ]
ギュンドアンはポーランド戦、素晴らしかったし、今回も悪くなかったよ。
まあ前半に中々点が決まらず、悪い流れになってしまったね…
クルーゼが入ってすぐ逆転したのは良かった。
[ 2015/10/13 09:59 ] [ 編集 ]
確かにロイスは何度かシュートを決められないシーンがあり、それがチームに悪い流れを呼んでしまった部分はある。
まだ調子の悪い状態が続いているのだなあ…と表情を見ていて心が痛くなった。
それ以外は無難にこなしてはいたと思うし、技術の高い選手だから、悪いとは思わなかった。

[ 2015/10/13 10:09 ] [ 編集 ]
ロイスは度重なる怪我で自分にイライラしてるように見える。BVBでスタメン復帰して2戦ドローで連勝止まったことが追い打ちをかけたような...監督がバイエルン戦に間に合わせようとして徐々になじませなかった、急ぎすぎた印象。
[ 2015/10/13 10:57 ] [ 編集 ]
エジルと香川の違いというか共通点がよくわかった試合。

エジルは早くてうまい。ロイスとは合ってる。ギンターとは合わない。
香川のパスはぴったりピンポイントで届くちょうどのパスをだす。
面白かった。

ジョージア(グルジア)の応援に迷彩服の集団がいたのが印象的。
さすが中央アジア。
[ 2015/10/13 13:00 ] [ 編集 ]
別々の代表戦で香川はギンターがギンターは香川がいたらいいなと絶対思ってますね。
[ 2015/10/13 17:05 ] [ 編集 ]
実況の人が別の試合でイエロー累積で本選出場停止は無いって言ってました。(退場は別)なのでフンさんは出場できるはず。

親善試合、香川さんは前半のみでしたね。
ケガなく帰れるようで安心しました。
[ 2015/10/14 03:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。