ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ユーロ予選】ペルシー、オウンゴールでオランダ予選通過できず!!ビルト記事とドイツ人の反応《ドイツの反応》

オランダ、チェコに2:3で敗れる


オランダのユーロ大会の夢潰える

20151014063805603.jpeg

今回はスタジアムにオレンジ色のかつらを見ることができない。そしてフランスへと行く多くのキャンピングカーも・・・。


ワールド・カップ3位のオランダが1984年以来初めてユーロ大会に出場しない事が決まった。それも最も簡単な予選グループにおいて。


すでに予選通過を決めていたチェコに対して2:3と恥ずべき敗戦を喫したことで、この歴史的な敗退は完璧なものとなった。

スポンサーリンク



オラニェ(オランダ語でオレンジ)はサッカーの奇跡を信じていた。負傷していたキャプテンのロッベンは、“僕たちはできることをやらなければいけないね。つまり勝利だ。その後で(通過できるように)祈って蝋燭に火を灯す事になるだろう。”と語っていたがそうはならなかった。


ブリント監督率いるこのチームはアムステルダムで闘志全開でやってきた。オランダのエル・ガージが開始一分に大きなチャンスを獲得したが、ものにすることができず、前半が終了間際にはファンからはブーイングが巻き起こった。その時点でホッフェンハイムのカダラベクとスラルがチェコのために2得点をあげていたのだ。



開始43分にチェコのズーヒーがレッドカードで退場になったときには僅かな希望が残されたかに思われた。しかしよりによってスーパースターのファン・ペルシーがヘディングでオウンゴールを上げてしまった(66分)・これによってほぼ敗退が確定した。その後シャルケのフンタラー(70分)とファン・ペルシー(83分)が続けて得点したが、試合をひっくり返すことはできなかった。

entry_img_650.jpeg


オランダが敗退。これによってトルコでは大きな歓声が沸き起こった。アイスランドに1:0で勝利したトルコは3位の中でも最高の成績だったために直接フランス行きが決定した。この価値あるゴールを決めたのはポルディの同僚であるガラタサライのイナン・セルツクだった。89分にフリーキックを決めたのだ。トルコは62分に元ブンデスリーガのゲェクハンが悪質なファールで退場しており、一人少なかった。



20151014063808fe0.jpeg

ドイツ人の反応


・僕は悲しいよ・・・。


・僕も今泣いている所だ。オランダのいないユーロなんて想像できない・・。


・本当に残念だ。誰がトルコを相手に戦いたい?本当に退屈だよ。オランダは伝統国なのに。本当に残念。


・トルコにおめでとう。別にオランダに対する悪意はないけどね。でも僕達も予選は良くなかったからな・・・。


・ロッベンの事を考えると悲しいよ。


・本当にオランダなしは残念だ。


・まあこれでロッベンはバイエルンに集中できるな。


・8年前のようにトルコがやってくるのか・・。


・オランダなし・・。


・オランダなしなだけですでに退屈だよ。アルバニアとかスロバキアがいらなかった・・・。


・↑試合みたの?オランダはアルバニアよりももっと退屈だったよ。


・残念本当に残念。オランダ戦はいつも楽しかった。


・まあ自分たちの責任だね。節約して勝てるほど甘くはあないからね。


・私は悲しいわ・・。


・でもオランダは本当にふさわしくなかったね。本当にひどかったよ。年寄りは何の力にもならなかったし、若者は本当に良くはない。



・正直に言うけど、オランダは本当にユーロに出たかったの?


・でも10人のチームに勝てないんだから自分達のせいだね。トルコおめでとう。


・なんてこった。本当に残念だ。オランダとの対戦を楽しみにしていたのに。



・まあ気を落とさず、また頑張ってくれ!


・良くわからないんだけどなんでトルコはプレーオフじゃないの?


・↑トルコのポイントが各グループの3位の中では一番良いんだ。


・トルコの最後の1分でのゴールは良かったね。尊敬する!


・トルコに勢いがついたら面白くなるな!


・チェコおめでとう!!







以上です。


やはり強豪のオランダが出れないのは寂しいと感じるドイツ人が沢山いました。プレーを見ていないのでなんとも言えませんが、世代交代がうまく行っていないような感じでしょうか・・。

でもやっぱりユーロはレベルが高いですね。今回から参加国が16国から24国に増えるようなのでレベルの低下を心配する声もありますが、それでも予選を通過できなかったのはオランダにとっては痛いですね・・・。


管理人がシュトゥットガルトに住んでいた時にドイツワールドカップがあったのですが、シュトゥットガルトの街中がオレンジ一色になったのを今でも覚えています。

そのオランダがでないのはやはり寂しいですね・・。


いずれにせよユーロは楽しみです!!


【おまけ今日のドイツ】

DSC01385_convert_20151014064804.jpg


DSC01386_convert_20151014065036.jpg

2006年のワールド・カップ
シュトットガルトにやってきたオランダサポーター。
とっても懐かしいです。
[ 2015/10/14 06:50 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(12)
代表戦は難しいですよね。ドイツでさえ苦しんでましたからね。日本もシンガポールに引き分けて批判されましたが相手が格下でも簡単に勝てる時代ではないですね。オランダがいないのは残念です。
[ 2015/10/14 07:29 ] [ 編集 ]
ブラジルワールドカップ前の日本との親善試合の後半
若手主体になった途端精彩を欠いてたのも予兆だったのかも
世代交代失敗か
[ 2015/10/14 07:44 ] [ 編集 ]
オランダ敗退か・・

チーム状況も詳しく知らないがこの前はデパイとペルシが揉めていたし、ペルシはこのチームから居なくなる時期かもしれないね
[ 2015/10/14 08:00 ] [ 編集 ]
オランダはせっかくの1人退場のハンディを活かせないほどダメでした。
予選敗退は妥当だと思います。
が、日本代表もイランとの親善試合で現在の弱さをもろに露呈してしまいましたね。
こんなに弱くなるとは思わなかったので衝撃でしたがオランダもユーロ予選で躓くことを考えると仕方ないのかもしれないとも思います。
残念な1日でした。
[ 2015/10/14 08:07 ] [ 編集 ]
またチェコか
オランダって昔からチェコと拮抗した試合しては負けるよね
[ 2015/10/14 09:48 ] [ 編集 ]
トルコ応援してたんで個人的には嬉しかったけど、やっぱりオランダがいないのは寂しいね。
つい今しがたアルゼンチンがベネズエラにドローだったし、これからどんどん勝利の条件が複雑化していきそう。
[ 2015/10/14 11:12 ] [ 編集 ]
トルコ行って不貞腐れてたペルシがやらかしたのか。
しかもその因縁のトルコが本戦出場とは。なんというかロッベン気の毒だな
[ 2015/10/14 12:18 ] [ 編集 ]
RVPはクラブでも上手くいってないし、代表もユーロ負けちゃったしフラストレーション溜まりそう。

まだ老け込むには早い年齢だけどこのまま消えそうな予感してきた
[ 2015/10/14 13:58 ] [ 編集 ]
欧州羨ましいです。W杯へ向けて準備する前にユーロのような本気で戦えるハイレベルな戦場があることで、新しいチームの戦術を熟成させ、時には不適格な指導者や選手をふるいにかけることができます。日本代表はW杯本戦まで強豪と本気で戦う場所がほとんどないのでチーム作りが難しいんですよね。

オランダの結果は予想できたもので驚きはありません。アイスランドが結構良いサッカーをしているので注目してます。
[ 2015/10/14 14:00 ] [ 編集 ]
オランダはポッドが別の所ならよかったですね。トルコで何があったか知らないけど干されてるペルシがオウンゴールしてトルコに帰るとか嫌でしょうし。

でも個人的にはアイスランドとチェコが勝ち残ってうれしいですね。ロシツキーが怪我がなければ本選出場できるし。
アイスランドは数年前に日本と親善試合して、お客さんがアイスランドの選手のハンドスプリングスローの方に魅了されて
またやって―とおねだりした結果お疲れだったのにも関わらず、やってくれる(お客さんの声かけと一緒に)という謎の一体感が
あったとてもさわやかなチームでしたのでうれしいです。(ドイツからは規制されて見れないかもかもしれませんが、youtubeには動画が残ってました)
[ 2015/10/14 16:05 ] [ 編集 ]
トルコでベンチのペルシーだっけ
モチベ上がらないのかもね
[ 2015/10/14 18:03 ] [ 編集 ]
試合観てたがチェコが純粋に強かったね
[ 2015/10/15 06:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。