ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBギンター、ドイツ代表監督に批判されるもツォルクが擁護!《ドイツ人の反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の最新ニュースとその記事に対する反応を紹介します。





BVBのスター、マティアス・ギンター


ツォルク、レーヴの批判に反撃



20151014172905111.jpeg


代表監督の批判が怒りをかっている!


ヨーギ・レーヴはジョージア相手での弱々しいパフォーマンス(2:1)の後で、サイドバックのマティアス・ギンターとヨナス・ヘクトーアと特別に批判した。“彼らは自分たちのクラブではより守備的ば動きをするように教えこまれている。マティアス・ギンターとヘクトーアは守備では注目に値するものだったが、攻撃において外からの突破が欠けていた。”と語った。



スポンサーリンク




しかしこのギンターに対しては、BVBからの援護があった。マネージャーのツォルクがレーヴに対して反撃した。“我々のチームでのギンターはこれまで非常に素晴らしいできだ。彼は1ゴールを決め、さらに6アシストを決めている。そして最終ラインまで来ることを何度も成功させている・・・・。”


entry_img_651.jpeg



ボルシアでもギンターは将来的に右サイドで旋風を巻き起こすとされている。そしてさらにアシストを決めてレーヴ監督にアピールすることになる・・・・。






この記事を読んだドイツ人の反応


・ギンターはこれまで新たな役割を本当に良くこなしている。これからもっと良くなるだろうね。


・ギンターはそもそも右サイドバックじゃないよ。それまでだ。弱々しいオッズやユーロ相手に決めても意味が無い。


・↑彼の1ゴール6アシストは8試合での成績だ。いったいディフェンダーで誰がこれより良い成績を収めている?


・彼が若いという事を忘れてはならない。これからどんどん良くなるよ。もちろんラームのようになることを期待すべきではないけどね。



・ギンターの責任ではない。ドイツ代表にはゲッツェ、ロイス、シュルレ、ミュラー、ベララビ、エジル、クルーゼなどがいる。似た選手を集めすぎだ。みんな中央に寄りたがりすぎる。ジョージア戦ではギンターとのワンタッチパス交換はたった1回しかなかった。それによって彼はクロスを放つことができなかった。いったい誰にクロスを上げろと言うんだ?



・レーヴはいったい何をやっているんだ・・・。



・レーヴはただギンターのパフォーマンスに対して評価を下しただけだ。ツォルクはBVBでのパフォーマンスについて意見を行っているだけだ。いったいこれのどこに問題があるんだろう・・。


・↑レーヴ“彼らはクラブでより守備的教えこまれている。”これがただの評価だと思うのかい?


・まあ別にこういう批判は良いけど、だったらミューラについてだって言えたよね。シュルレが最も悪かったとか。いずれにせよシュルレをプレーさせるなんて本当にふざけてるね。監督は自分を批判すべきだ。


・ギンターはブンデスリーガに向いていないよ。代表には当然値しない。


・↑バイエルンファン?ギンターはリーガ6試合、1ゴール6アシスト。キッカー採点2,75だ。アラバは8試合0ゴール0アシスト。採点3,12・・・。



・ギンターとアラバを比べるなんて・・・。



・レーヴのお気に入りのエジルやヘクトーアはどれだけ悪いパフォーマンスをしてもプレーする。ヘクトーアを代表でプレーさせるなんて笑うしかない。


・またレーヴは選手のせいにしてるよ。


・レーヴがドルトムントの選手を好まないことはすでに周知の事実だ。


・ギンターのクロスは盲目的だった。



・ギンターはフライブルクに残っていたほうがもっと成長できただろう・・・。


・ドルトムントでのギンターは本当に良いよ。どちらかというとロイスが問題だな。それにストライカーがいない。これをなんとかしないと僕らは優勝しないだろうね・・。



・僕らはユーロ優勝はしないだろう・・。


・ラームは右サイドでワールドクラスだった。彼ほどの選手は今後出てくることはないだろう。ミュンヘンでもね。





以上です。


レーヴは気に入らない選手を結構批判するんですよね。以前はシュメルツァーを批判していました。


レーヴはグアルディオラのまねをしてラームをボランチで起用したりしいましたが、あんまり自分のこだわりはないように感じることが多いですね。今回のギンターの起用を見ててもそう思いました。まあ才能ある選手が多くいるドイツ代表だと、案外クラブでうまく行っているように起用するのが正解なのかもしれませんが・・。


コメントにもありましたが、一度信頼を獲得した選手は調子に関係なく呼ばれます。その辺がすこし退屈な原因でもあります。いずれにせよユーロでどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。


【おまけ今日のドイツ】

20151014172908f96.jpeg

近所の八百屋で栗を買いました。今日は栗ごはんですね。それにしてもドイツはまだ10月なのに冬のように寒いです。急に気温が下がったので体調に気を使いますね。皆さんもお体大切に。

[ 2015/10/14 17:35 ] ギンター | TB(-) | CM(18)
鼻○○レーヴって嫌い
代表監督としてどうなのよ 前もシュメに謝ってましたよね
学習しない人だなぁ
[ 2015/10/14 17:55 ] [ 編集 ]
レーヴにはガッカリでしたね。
シュールレがスタメンも謎ですし、あの試合でギンターにどうしろと・・・
とにかく珍しくドルトムントの選手が悪く言われても怪我なく戻ってきてくれるのは何よりうれしいです。
できれば、シュメルツァーのバイエルン戦欠場の理由をどこかの媒体でやっていたらアップしていただけると嬉しいです。
マインツ戦も出れるのか一番不安になっているところですし日本に情報がないので・・・

[ 2015/10/14 18:07 ] [ 編集 ]
ギンターのアシスト内容見ればギンターの使い方は簡単だろ、問題はそれをできない戦術。パサーはいるのにな。
[ 2015/10/14 18:13 ] [ 編集 ]
レーブはワールドカップで本職CB4人を最終ラインにならべてた癖に
[ 2015/10/14 18:26 ] [ 編集 ]
ギンターにパスする香川がいないから
[ 2015/10/14 18:36 ] [ 編集 ]
ドイツ代表に香川がいたらギンターも輝くのではないですか。というか香川のようにギンターを使える選手はいないのかな。
[ 2015/10/14 18:49 ] [ 編集 ]
シュメは肉離れ太ももの
マインツ出れるかはまだわからんね
そろそろレーヴ交代でもいいね
シュメがどんだけよくても呼ばないと思うし結局選り好みしてる
まぁ今回レノを呼んだのは良かったけど
[ 2015/10/14 19:13 ] [ 編集 ]
まだ21歳だし、これからです。
何だかんだ本戦のドイツは強いです。
というか日本にギンターが欲しいであります。
[ 2015/10/14 19:42 ] [ 編集 ]
キースリングを呼ばないのは何故?
[ 2015/10/14 19:53 ] [ 編集 ]
お気に入りのムスタフィ試してエムレジャン試してまるで駄目だったのに、無難とはいえ代表で結果を重ね始めたギンターやヘクターを叩くのか
相変わらずどういう精神構造してるんだレーブ
ただでさえ毎回のように監督の気まぐれでコロコロ変わる戦術に選手は付き合ってやってるというのに
単純に代表で求めている仕事の違いをコメントしただけかもしれないけど今までの言動もあるから擁護もできない
[ 2015/10/14 20:10 ] [ 編集 ]
総合力は置いといて良い時の香川の視野とタイミングと精度を持ってる選手は中々おらんでしょ。
[ 2015/10/14 20:21 ] [ 編集 ]
ずいぶん軽率な監督ですね…回りもレーヴに何か言わないと。代表監督が選手追い詰めて何がしたいのでしょう。クラブ批判ぽくもありますが。レーヴのイメージ変わりました。

キースリングを呼ばないのは監督と本人が話し合いをしてそうなったようです。
[ 2015/10/14 20:53 ] [ 編集 ]
ドイツの気温調べたらワロタ
最高気温でも一桁台じゃないですか
毎年こんなもんなんですかね
[ 2015/10/14 22:09 ] [ 編集 ]
ギンターの守備が誉められてることに驚きを禁じ得ないw
[ 2015/10/14 23:52 ] [ 編集 ]
ぶっちゃけアシストの7割くらい香川のおかげ感が・・・w
[ 2015/10/15 04:18 ] [ 編集 ]
この監督はドルの選手だけ叩いてんの?
[ 2015/10/15 04:45 ] [ 編集 ]
クリンスマン時代からのプランをブラジルで実らせた実績は素晴らしいものだけど
ちょっと勘違い気味ですかね?長期政権特有の苦悩がこういう態度で現れてるとしたら残念です
[ 2015/10/15 15:24 ] [ 編集 ]
ドルでのギンターは攻撃は素晴らしいけど
守備に難があると言われてるのに
レーヴがまったく反対の意見なのが不思議w
[ 2015/10/16 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。