ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シャルケファンがドルトムントとのダービーをボイコット!!BVBファンの反応《ドイツの反応》

シャルケのウルトラスが、11月8日に行われるレヴィーアダービーのボイコットを呼びかけています。それに対するBVBファンの反応をルーアナッハリヒテンのFacebookページよりまとめてみました。その背景については同じくルーアナッハリヒテンの記事から要点をまとめました。






【ルーアナッハリヒテンより要点まとめ】

entry_img_652.jpeg


・シャルケのウルトラスが11月8日にドルトムントで行われるダービーに対してボイコットを呼びかける。


・ボイコットの主な理由は、シャルケファンのチケットの数が減らされた事、そしてシャルケファンのスタジアムまでのルートが制限された事など。



・現在シャルケの98のファンクラブがこのボイコットの呼びかけに賛成(注:ボイコットに直接参加)している。クラブのホームページ上では400のファンクラブの名前が上げられている(注:400のクラブがボイコットに理解を示している)。

スポンサーリンク



・2014年のダービーでは35件の犯罪が起こり、そのうち9件が暴力沙汰だった。2015年は119件に増加、そのうち51件が暴力事件。


・ウルトラスは駅前で行進を行う権利を主張している。


・そのため警察が以下の措置を取ると判断

 ▶シャルケファンへのチケットを4000席に制限
 ▶シャルケファンのために直接スタジアムまで行くバスを用意(ルート制限)
 ▶チケットを売る際に個人情報を照会
 ▶問題のあるグループは排除


・シャルケはこのドルトムント警察の措置に遺憾の意







478.jpeg

【それに対するBVBファンの反応】



・ダービーに青い奴らがいないのか・・・


・クールだ!!BVBファンのための席が増えるんだから良いことだ!


・本当にこういうのはどうでも良いいね。個人情報の照会のいったいどこが問題なんだ。別に気にしないよ。


・↑問題はチケット買う人みんなに疑いがかけられているという事だ。これは良くない。


・↑その通り。


・↑僕は自分の住所を聞かれたからって犯罪の疑いがかけられているなんてこれっぽっちも思わないよ。僕もこのような試合では安全でありたいからね。


・本当にそうだね。何よりも安全面が大事だよ。


・自由が大切だ。そのうち国籍を調査するんじゃないか?


・気に入らないならボイコットするがいい!!


・これで発炎筒の煙も見られないだろう・・・本当に彼らがゲルゼンキルヒェンに残るなんて悲しいよ・・・(注:おそらく皮肉)



・普段からマナーをきちんとしていれば良いだけの事だ。簡単なことなのに。


・じゃあシャルケから来る連中は少ないんだね!!!!ハハハ


・ファンが来ても来なくても、どうせ負けるんだからどうてもいいじゃないか・・・。



・安全が一番大事。


・彼らのマナーが良ければこんな事にはならないだろう。でもこうしたボイコットは本当にくだらないね。こうした条件を受け入れるべきだよ。


・自分が信じられないけれど、お前らがいないダービーなんてダービーじゃない!!ああ何を言っているんだろう!!ハハハ


・これは幼稚園よりもひどいね。ほんとにだんだん恥ずかしくなるよ。


・おそらくファンクラブの連中は何か思い当たるフシでもあるんだろうね。やましいことが。


・そろそろクラブが警備にお金を払う時代がやって来るだろうね。警察は足りなすぎるから。


・多くの親子がこんな馬鹿げた連中のために不安にならなければならないなんてあり得ないよ。


・来たくないなら来なければいいさ。君らが来なければその分ドルトムントファンでスタジアムは埋まるだろうね。


・彼がやってることは本当にくだらないことだ。


・みんなの安全のために個人情報を紹介することは全く問題じゃない。暴力沙汰は本当にやめて欲しい。でもダービーに青い奴がいないのもちょっとまぬけな気がするね。


・BVBスタジアムはこのゲルゼンキルヒェンの破壊者達を喜んで諦めます!!


・このウルトラスの日頃の行いが良けれこんな事にはならないんだ。


・青い奴らは家でおとなしくしているべき!!!!



・僕らだけでダービーの勝利を喜ぼうじゃないか!!!

201410171815062dc.jpg





以上です。


このウルトラスの主張は、要は、自分達に好きにさせろ、そうでないならボイコットしてやる、という事なので、BVBファンの多くはボイコットを歓迎していました。


日本では席数を減らされた事に対する抗議と報道されてようですが、個人的には、むしろ駅前での行進の制限や個人情報の照会などの措置などに反対しているように感じられます。


実際の所は、もう警察の力では限界なんだと思います。昨年はブレーメンの警察がハンブルクとのダービーのために周りの州の警察に応援を要請し、その金額をクラブ側が負担しニュースになりました。


まあドルトムントの過激な人たちも似たようなもんなので、アウェーの試合でどうなるかその辺も見ものですね。いずれにせよ安全にサッカーを見に行けるようになってほしいものです。51件も暴力沙汰があるなんてやっぱり恐ろしいと思ってしまいますね・・・。



【おまけ今日のドイツ】

20151015052234714.jpeg

気温が低く寒いドイツです。
お鍋の材料を揃えて早く食べたいです。魚が好きなので海鮮系にしたいです。




[ 2015/10/15 05:53 ] ブンデス事件15 | TB(-) | CM(10)
ファンクラブ400以上もあるのかすげー
[ 2015/10/15 06:16 ] [ 編集 ]
発煙筒持ち込み禁止のはずなのにどのスタジアムでも普通に発煙筒たいて火事かよ?画面が見えないじゃないか、
みたいな事やらかしてる品行方正なドルファンがいうのもねえ。
[ 2015/10/15 08:26 ] [ 編集 ]
安心安全が第一だと思いますけど51件って凄いですね。
スタジアムに入れなくても外を練り歩きそうですね。
そっちの方がタチ悪い感じですが・・・
友人がレヴィアダービー行くので巻き込まれないか心配です。
何事も無ければいいのですが・・・
[ 2015/10/15 08:29 ] [ 編集 ]
いよいよリーグ戦も再開され、ダービーも楽しみです。(内田選手いないのが残念ですが)
代表戦での疲れも心配ですが、先月末からは停滞気味だったので、またがんばってほしいです。
シャヒンの復帰はどうなんでしょう?フェイスブックに動画があがっていましたが、順調そうに見えましたが、、早く復帰してほしいです!!

そちらは、かなり寒いようですね。管理人さんも風邪などひかないよう、気お付けてくださいね。
お鍋美味しそうですね。魚の種類は豊富なんですか?(鮭、鱈、などはありますよね、、)
[ 2015/10/15 09:46 ] [ 編集 ]
>問題のあるグループは排除
本音はここが気に入らないのだろう、過激なグループほど声も大きいでしょうから実際よりも大きな反発として受け取られるはずです。

そういえば、BVBとバイヤンのCL決勝もロンドンでやりあってましたね。フーリガン相手にしてきた英の警察は慣れた対応でさすがでした。
[ 2015/10/15 10:05 ] [ 編集 ]
彼らウルトラスもドイツの国内リーグが荒れ放題だった過去の時代から現在の
興隆に至るまでの経緯を知っているはずなのに何故変わろうとしないんでしょうかね
クラブ愛を錦の御旗に好き勝手やるなんて最早サポーターとは言えないと思いますが…
[ 2015/10/15 10:11 ] [ 編集 ]
今のシャルケじゃドルトムントには勝てないし
[ 2015/10/15 16:40 ] [ 編集 ]
ドルサポもドルサポだから一概に自業自得とは言えないよなぁ
他クラブのサポにケチをつけるならまず自分のとこを掃除してからじゃないと
[ 2015/10/15 16:51 ] [ 編集 ]
※今のシャルケじゃドルトムントには勝てないし
シーズン最初のドルなら負ける気しなかったけど
これからはちょっとわからんよ
[ 2015/10/16 16:10 ] [ 編集 ]
ダービーは毎年恒例なのに犯罪件数だけ増えたらなんらかの処置は必要。
でも今回は身元照会だけでもよかったのでは?
[ 2015/10/20 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。