ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発ドルトムント、2:0でマインツに勝利!!寸評と採点【西ドイツアルゲマイネ・ビルト】《ドイツの反応》

ドルトムント全選手の寸評と採点の第2弾になります。

第1弾はこちらです。



entry_img_657.jpeg

【西ドイツアルゲマイネ新聞】



ビュルキ 2

彼は素晴らしい反応で3度も失点を防いだ。そのうち二度は武藤嘉紀からのもので(6.60.)、33分にはジャイロのフリーキックを指先で阻止した。


ギンター 3

この右サイドバックにとっては試合の立ち上がりは痛みをともなうものとなった。開始4分に彼は膝を負傷したのだ。手当を受けて戻ってきた後では方向性を失い、武藤にクロスを入れさせてしまった。彼はマインツのパブロ・デブラシスをいつも止めることができず、そこに割って入ることもできなかった。しかし62分には香川真司に夢のパスを出した。しかし日本人はそのチャンスをものにすることができなかった。


フンメルス 2.5

彼は今日も文句を言っていたが、今回は審判が相手だった。彼は36分のコーナーキックの判定に対してだった。このキャプテンは守備では素晴らしく一対一のほぼ90%で勝利した。しかしミスがまったくないというわけでもなかった。彼はヘディングでのクリアをミスし、それによってコーナーキックになってしまった。


ソクラティス 3

この激しいドルトムンダーは今回はしばしばセンセーショナルにボールを奪ったが何度か小さなミスを犯した。何度かペナルティーエリア付近でファールを犯し、そのフリーキックが相手の得点となるところだった(32.71.)。後半に入ってからは武藤との一対一に敗れてしまったが、マリがチャンスをものにすることはなかった(67.)。


スポンサーリンク



パク 3.5

ブンデスリーガで最初のスタメン。それもよりによって元クラブのマインツで。彼はあまり積極的でなく、ミスをしないためだけに努力していた。それによって多くの横パスと短いパスばかりとなり、89分になってようやくペナルティーエリアに顔を出した。しかし彼はフリーだったがカリウスに敗れた。


ヴァイグル 3

一番走った選手。中盤で多くの穴を埋め、それだけにとても価値が合った。しかし試合のハイライトは他のチームメートに寄るものだった。


ギュンドガン 3

彼は開始7分に70メーターのパスからチャンスを演出した場面は素晴らしかった。しかし時々疲れているようにも見え、いつものように目的が定まっていなかった。彼はBVBの中盤の絶対的な操縦者ではなかった。


ミキタリアン 2.5

長い間彼は力強いパフォーマンスを見せることがなかった。開始10分にはイエローカードをもらい多くのパスは対戦相手に渡ってしまった。しかし1:0の前の場面では、マインツのニコ・ブンゲルトが計画している事を先読みし、ボールを奪い先制点の起点となった。試合終盤では数多くのカウンターの起点となり、2点目はオバメヤンからのアシストを自ら決めた。


香川 4

63分に渡って彼には目立つシーンがなかったが、その後マインツゴール前にフリーで現れた。しかし押し込もうとしたボールはそれてしまった。


ロイス 3


彼はもっとできるだろう。彼はほぼ7週間ぶりとなるゴールを18分に決めた。いずれにせよ彼は二つ目のチャンスをあっさり無駄にしすぎた。急ぎすぎたPKはカリウスに防がれてしまった。その後はほぼ見どころはなかった。


オバメヤン 2

彼は今シーズン初めてゴールを決めなかった。記録はこれでクラウス・アロフスと分け合わなければならなくなった。しかしこのストライカーは決定的な役割を果たした。彼は賢いパスで2点ともアシストしたのだ。まずは18分にマルコ・ロイスを発見し、その後は83分にミキタリアンだ。それに加えてPKも獲得した。しかしロイスはそれを外してしまった。試合終盤には一級品のカウンターチャンスを外してしまった。




201510170624086ce.jpeg

【ビルト】



BVB

ビュルキ 2

ギンター 3

フンメルス 4

ソクラティス 3

パク 4

ヴァイグル 3

ギュンドガン 3

ミキタリアン 3

香川 4

ロイス 3

オバメヤン 2



マインツ


カリウス 2

ベントソン 3

ボロジンスキー 5

ブンゲルト 5

ベル 4
 
バウムガルテン 4

ラツァ 4

マリ 3

デ ブラシス 3

ジャイロ 4

武藤 4

クレメンス4








以上になります。


いやあそれにしてもマインツのプレスはなかなか激しかったですね。走行距離もマインツの方が長かったと思います。


今日はいつもとは違う戦術で臨んだトゥヘルでしたが、2:0という結果には満足しています。あのPKが入っていればもっと楽になったのでしょうが、まあ4試合勝てていなかったのでまずは結果が大事ですね。ロイスに代わってベンダーを投入するなど、リードを確実に守る姿勢が見られて良かったと思います。なんかリードしていても攻め急いでやられる心配がありましたからね。

それから西ドイツアルゲマイネ新聞の採点者が変わりました。今までは一人の人が採点していたのですが、これが一時的な変更なのかどうかは現時点では分かりません。採点の傾向は変わるかもしれませんね。

ルーアナハリヒテンの採点と寸評はこちらです。合わせてご覧ください。
とてもじゃないですが試合を観ての採点とは思えないですね
そもそもなせ香川にボールが入らなかったのかもお分かりでないようですしね
パクより評価が低いなんて気の毒としか言いようがないですよ

そんなに香川が嫌いなのかなぁ
[ 2015/10/17 07:52 ] [ 編集 ]
流石にパクより低いのはわけわからないw
それだけ期待値が高いってのもあるんだろうけどね
[ 2015/10/17 08:48 ] [ 編集 ]
パクもそうですが、よくなかったギュンが3で香川が4はおかしいですね!
この新聞、選手個人の採点までする意味があるのかなぁと思ってしまいます。
[ 2015/10/17 09:24 ] [ 編集 ]
一点目も二点目も重要な役割してたのに採点4はどうなのよw
[ 2015/10/17 09:43 ] [ 編集 ]
しょうみ香川が4ならパクは4,5くらいの出来だったんだがなぁ……
「ミスをしないためだけに努力していた(ミス多発)」って評される人と「目立たなかった」って人で前者の方が評価点高いとか謎でしかないだろw
後この新聞は、ギュンドガンのロングパスのチャンス演出には触れてるのに香川のオバメへのアシスト未遂や「どれだけプレスに走り回ってたのか」には触れないんだな。

私の中だと香川3.5でパク4が妥当。
フンメルスも3かなぁ。
そうなるとビルトの採点の方が香川4だけどもまだ腑に落ちるな。
[ 2015/10/17 09:43 ] [ 編集 ]
ある意味ビルトは結果主義なので分かりやすいですね。こっちの方が納得出来ました。地元紙は明らかに偏った見方をしてるので突っ込みたくなるんですよ。香川が良かったとは言えなくても単独最低点にするほど悪くもないですからね。点数そのものよりチームの中での付け方がどうなんかなという感じ。
[ 2015/10/17 11:24 ] [ 編集 ]
香川が嫌いというか要求が高いんでしょうね
まだまだ出来るだろ!っていう感じ
[ 2015/10/17 12:18 ] [ 編集 ]
香川よりパクの採点が良いのに笑ってしまったww
[ 2015/10/17 12:21 ] [ 編集 ]
>リードを確実に守る姿勢が見られて良かったと思います。
>なんかリードしていても攻め急いでやられる心配がありましたからね。

管理人さんに同意です。
ベストゲームじゃなかったけど3ポイントgetが素直に嬉しいです。
[ 2015/10/17 12:31 ] [ 編集 ]
遅くて試合見れなかった…
海外のサポの反応見る限りでは香川よりギュンドアンのほうが目立ててなかったような印象ですが採点は香川のほうが低いんですね
まぁ勝てて良かったです。
[ 2015/10/17 12:40 ] [ 編集 ]
誤審でpkもらえたのになんでおばめに 蹴らせないんだ取ったのもおばめ
ロイスより安定してうまいのに
前もロイスは決めたけど触られてた
記録更新できたと思うと残念
なんでもロイスっていうは見ててげんなりする
[ 2015/10/17 12:44 ] [ 編集 ]
本当に試合を観て採点してるのか疑問にねります。
香川はそんなに悪くはないどころか良かったと思いますし、パク、ギュンより採点悪いのは何か違うと思います。
まあでも勝って良かったですし続けていきたいですね!
[ 2015/10/17 13:02 ] [ 編集 ]
パクがボール持った時の判断の遅さが気になるなぁ
香川とフンメルスが消えちゃってた要因の一つだと思うし
まだ馴染んでないからなら改善されていくだろうけど、、
[ 2015/10/17 13:31 ] [ 編集 ]
パクから香川にパスが入らなかったのが痛かったね
香川は左を捨ててからボールに触れるようになってきたけど、遅かった
武藤はもっと評価が高くても良いと思うんだけど、ソクラテスに力で勝つのは日本人的に衝撃過ぎた
武藤に憧れて将来武藤みたいな人が増えれば日本は大きく変わるだろうな
[ 2015/10/17 14:14 ] [ 編集 ]
ギンターたたかれてたから、ギンターのパスを外したのが心象悪かったんじゃ?
香川のキーパスはキッカーとかデータサイト以外は注目もしてないけど、
1本外すと大騒ぎ~

バイヤン戦といい、後ろの守備が弱いから香川に前プレスだけやらせてたたかれる
、トゥヘルも二点目とるまで変える度胸もないのに評価は低いままとか。
アジア人だから下働きしてればそれでいいんだよ~でしょうかね。

ドイツ代表でドルの選手が通用してないのは、普段見逃されてるこの辺
にあると思うんですが
[ 2015/10/17 15:56 ] [ 編集 ]
 今回はしっかりと勝ちきったことが全て。前回大敗してますから、今回はチームの勢いを維持する為に負けられない戦いでした。失いかけた自信を引き留めたBVBが次の試合でどんなプレーをするのか楽しみです。回復が遅れていたロイスが良い動きをしてゴールもあげたことも大きなポイントではないでしょうか。
 香川に関しては猛暑の中東で試合して戻ってきてすぐですし、体が重いのは仕方ないでしょう。普通ならば試合に出さないところですが、香川の控えはいませんからね。
[ 2015/10/17 17:19 ] [ 編集 ]
他より良くても評価が他より悪いのはそれだけ期待してんだろうなぁ~と。
「えーそこ見てたのかよ!?」みたいなパス出してゴールに繋がる、全盛期バルサのティキタカの中心にいるようじゃないとドイツメディアは香川を評価しないのでは?と
スタメン以外がドルサッカー出来ないのが大問題なんですけどねぇ。
[ 2015/10/17 17:37 ] [ 編集 ]
そしてわざと誇大されて日本のメディアがこぞって取り上げるというね。

しかしこれは酷いですね、記者名が明記されているなら記者名も載せて下さいね。
[ 2015/10/17 18:34 ] [ 編集 ]
オバメと香川選手は黒子になりましたね。特に目立たなかったから低めはわかるけど、4なのか....と思いました。40度のオマーンから0度のドイツに帰ってきての試合だったので、交代はよって思いながら見ていました。ロイスが得点できて良かった。
[ 2015/10/17 18:42 ] [ 編集 ]
ドルはロイスのチーム
優勝は永遠に出来ない
[ 2015/10/17 20:05 ] [ 編集 ]
香川は決定機を外したのが低評価だったのでしょうか。
あれは入ったと思いましたもの。過去にも決定機を何度か外しているので、その悪い印象が残っていたのかもね。
ロイスはしばらく左サイドで進めてほしいな、ムヒが左サイドだと香川とかぶっていまいちなんだよね、特に4231の時。プレスも香川とロイスとオバメのコンビが一番いいわ。
パクの攻撃&守備フォローを香川とロイスで、ギンター守備フォローをムヒがしているようにみえたけど良かったと思う。
[ 2015/10/17 23:37 ] [ 編集 ]
連戦となると近年、香川は消えてしまう試合があるね
昔ほど体力回復が早くないのか?
[ 2015/10/18 18:26 ] [ 編集 ]
試合見なおしましたが、香川は代表から中2日なのにかなりキレてたと思うんですけどね
ロイスとのワンツーでのアシスト未遂やオバメへのアシスト未遂とか見てたら調子良いのを感じたので、この評価にはびっくりしました
アシストがどちらかでも決まってればだいぶ違ったんでしょうかね
あの一本外しただけでここまで下がるか…って感じです
63分まで目立たなかったという寸評にも驚きました
アシスト未遂は見てなかったのでしょうか

まぁ、香川はもっと出来て普通ということで低くなっているということにしておきたいと思います(笑)
[ 2015/10/19 08:11 ] [ 編集 ]
香川がアタッキングゾーンにいても消えてる時間が多いしワンツー以外ではチャンスを作れてない
ムヒが前、香川は下がり目の方がうまく行ってる
[ 2015/10/20 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。