ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVBフンメルスとシャルケ・ヘヴェデスがファンにメッセージ ダービー特集③

※この記事は本日17時半頃アップした記事を2つに分けて再編集したものです。少々長過ぎましたので読みやすい長さにしました。

前回の記事では、昨日ブンデスリーガが報道した、内田選手と香川選手の記事を紹介しましたが、今回は同じ新聞が掲載したダービーの記事を紹介します。この新聞では共にワールドカップ優勝に大きく貢献したBVBのフンメルスとシャルケのヘヴェデス両選手のメッセージを取り上げています。




10314640_886916854651727_5452239966031134742_n.jpg

フンメルスとヘヴェデスがレヴィーア・ダビーを前にファンにアピール

エッセン:ブラジルでは彼らは一緒にチャンピオンになったが、土曜日にはそれぞれのチームで対戦相手となる。シャルケのキャプテン、ベネディクト・ヘヴェデスとBVBのキャプテン、マッツ・フンメルスの二人がダービーを前にしてファンに対してあるアピールをした。


ライバル?そうだ。暴力?いいえ:マッツ・フンメルスとベネディクト・ヘヴェデスはブラジルでのワールドカップのタイトルをドイツに持ち帰った。両選手は土曜日にレヴィーア・ダービーで対戦する。

「色では分かれている。ドイツのために一つになり、暴力には断固反対。」というのがこのBVBとシャルケの二人がソーシャルネットワークで広がっている共同のアピールの内容だ。

以下全文を掲載する。

親愛なるファンへ、今から11週間前は僕らは一緒に君らのためにフィールドに立っていた。そして今度の土曜日、残念な事にベニー(ヘヴェデス)がまた負傷で出られないけれど、再びそれぞれのチームの一員として再会する:

全てのボール、全てのツヴァイカンプフ(一対一)、全てのゴールチャンスにおいて戦うであろうレヴィーア・ダービーのライバルとして。

 だけど、この芝生の上での戦いが90分にわたってどんなに腹立たしい事だったとしても:

暴力だけは、フィールド場やフィールド外でも、スタジアムへの行き帰りにおいても、あってはならない。ボール以外のものを蹴る者は対戦相手だけでなく、同時に僕たちのチーム、僕たちのファン、そして友人や同僚をも蹴る事になる。

一緒にダービーを本来のあるべき姿にしよう。世界中で最も熱いファンをもったドイツで一番大きなフットボールの祭典に!!



スポンサーリンク


これは同じ新聞が同じ日に取り上げた記事です。記事というよりはそのまま紹介という感じでしょうか。

また、この記事に対するコメントです。




・このようにして、本当のサッカーファンを勝ち取るんだ。残念ながら催涙ガスや暴力を起こすフーリガンに対しての答えだね。

・このアピールはスーパーだね。スポーツにおいていつもこうなる事を望むよ。お互いフェアに互いの能力を測る。フィールドの上で対戦相手に彼らも僕らと同じ人間だと言う敬意を払わないとね。

・こうでなければならないよ。

・この二人のなんて素晴らしい事だ。これにケヴィンとユリアン(ドラクスラー)が加わればもっと素晴らしいかっただろう。フェアで暴力のないダービーを

・残念なのは、みんながこれを読むわけではないだろうって事。そしてこれを実行する人はもっと少ない。
 幸運な事に80年代みたいにひどいものではなくなったけど。

・他の選手も一緒にやるべきだね。素晴らしい言葉だ bvb ー ブルー




長くなりましたが、レヴィーア・ダービーは地元ではこのように取り上げられています。このダービーは注目度は抜群なのは事実なのですが、やっぱりどこも自分のチームの試合がより重要ですから、他の地域までダービーの話題を取り上げるという事は、あんまりありません。

さて、ここでブンデスリーガがなぜあのようなビデオインタビューを行ったのかという事に触れてみたいと思いますが、ドイツでは、第一にアジアのファンを狙ったマーケティング戦略の一環と見られています。

しかし、フンメルスとヘヴェデスの記事やファンの反応などをみると、ダービーをより健全な物としてアピールしたいという、ブンデスリーガ側の意図も感じられます。暴動によって無観客試合などになることは、結果として収益面で大きな打撃を受けますし、スポンサーも非協力的になってしまいます。また安全でない所には人が集まりませんからね。

日本では、ダービーとはとにかく激しい物で、多少の暴動も付き物、の様に報道されているかも知れませんし、ドイツでもファンフォーラムではまだまだお互いに嫌っていますが、もしかしたら、今が変化の時期なのかなと感じましたので、このように取り上げてみました。

それから、昨日シャルケのファンを装って、シャルケのファンフォーラムに潜入しようと試みたのですが、ガードが固くて入れませんでした。

サイトに登録して、パスワードと名前を手に入れたのですが、承認されるまでにまだ時間がかかるとの事。残念ながらまだ承認されてません。いったい何か調べているのでしょうか。BVBファンは入れない様になっているのでしょうか.....というわけで、シャルケファンの反応をお届けする事が出来ませんでした。

いずれにせよ、今日の試合楽しみです!!

前回の記事 内田が香川の帰還を喜ぶ!ダービー特集②



おまけ
IMG_4378_convert_20140927164313.jpg

今日のビルトにおいても、ダービーが取り上げられましたが、内容は両方のボスのインタビューで、お互いに健全なダービーを目指すという物でした。(もちろん彼らは暴動が起こって収益が下がる事を最も恐れている訳ですが。)
ビルトにしては煽りがなかったのが印象的だったので付け加えます。

ちなみに今日のトップ記事では、国会議員が会議中にスマートフォンでプレイボーイの写真を見ていた事がでかでかと取り上げられていました。

ツイッター
https://twitter.com/ichliebefussbal
[ 2014/09/27 18:51 ] メディアの反応まとめ | TB(-) | CM(7)
No title
オチが秀逸でしたw

いつも興味深い翻訳記事を挙げていただいて楽しませてもらってます!
ウッチーが子供がシャルケのユースで・・・発言とか、シャルカーのみなさんはどんな気持ちで受け取ってるんだろうなと想像します。。。
試合後も楽しみにしてます!
[ 2014/09/27 19:57 ] [ 編集 ]
No title
シャルケファンのサイトに潜入ワロタw
覗ければファン同士の密度の濃いやり取りが読めそうですね
[ 2014/09/27 20:34 ] [ 編集 ]
No title
潜入調査に期待w
「おい、黄色と黒の奴が混じってるぞ」とかエスパー並に察知されそうw
[ 2014/09/27 20:50 ] [ 編集 ]
No title
いつも楽しく読ませてもらってます。
書き込みはすまいと思ってたのに最後が面白すぎてあああw
これからも楽しい記事楽しみにしてます。
[ 2014/09/27 22:00 ] [ 編集 ]
そうかね?
暴力やスキャンダルが有ってこそサッカーと言う低層民用のセクシーエンターテイメントが
成り立つと思うけど。
こんな方向性は、サッカーの本質を奪っていると思うな。
[ 2014/09/27 23:15 ] [ 編集 ]
潜入トライ有り難うございます、先の記事でシャルケフォーラムに言及した者です
チェック厳格なんですね、アンチの荒らし警戒でしょうか
今頃お祭り騷ぎでしょうね
ドル目線で見ると内田は本当に嫌なSBでした
[ 2014/09/28 09:40 ] [ 編集 ]
No title
私個人は人が興奮しすぎて暴力に及ぶのは見たくないので、
クリーンな試合を心から望みます。
いつか生で見に行ってみたいですしね!
[ 2014/09/29 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。