ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

中国の玩具会社、シュヴァインシュタイガーをナチス兵隊フィギュアのモデルに!!ビルト詳細記事、画像付き《ドイツの反応》

昨日のビルトの記事で、中国の玩具会社からシュヴァインシュタイガーそっくりの兵隊フィギュアが発売されたと取り上げられました。ナチスに関係しているということでこのニュースがドイツ各メディアで取り上げられましたが、管理人が購読しているドレスデンの地元紙ザクセン新聞にまで取り上げられるほどになっています。


ドイツでこれを一番最初に報道したビルトの記事を紹介します(ビルトのコメント欄は閉鎖中でした・・・他でコメントが見つかりましたら後で紹介したいと思います。)





香港


いったいこの中国の玩具会社は何を考えていたんだろうか?


201510231848475d2.jpeg


我々のサッカー界のヒーロー、バスティアン・シュヴァインシュタイガーをナチの兵隊にするなんて・・・。


スポンサーリンク



entry_img_669.jpeg

201510231848507eb.jpeg
上、シュヴァインシュタイガー、オリジナル。下、シュヴァインシュタイガーに似ているフィギュア。中国の会社によれば似ているのは偶然らしい。



香港のDiDという会社がインターネットで“バスティアン”という名のフィギュアを発売した。ハーケンクロイツのマークがついたファンタジーのユニフォームに見を包んだ兵隊だ。大きさは1:6で約30センチ、そして2キロの重さだ。さらに鋼のヘルメットと短剣もついている。



ナチス兵隊の顔は-明らかにシュヴァインシュタイガーだった。このナチ・シュヴァイニーは約108ユーロで予約できる。


ヨーロッパでは中国と提携しているオランダを通して販売されるようだ。このフィギュアは取り扱い会社の説明によると、“このフィギュアはナチ国防軍の食料部隊”であるようだ。


20151023191610cfc.jpeg


このワールド・カップの英雄がナチ・フィギュアになった背後には誰が潜んでいるのだろうか?


中国は日本国籍を持つ、タクヤ・ウメザワをDiDの社長として連れてきた。このナチス・フィギュアの他にも第一次対戦中の兵隊のフィギュアやスターリンのフィギュア、またジェムズ・ボンドのコピーフィギュアなどが発売されている。


ビルトはDiDの香港社員であるパトリック・チャンとの接触に成功した。彼は“我々はサッカー選手をモデルにしたフィギュアは一切販売していません。‘バスティアン’がシュヴァインシュタイガーに似てしまったのは完全に偶然です。”と語った。


彼の説明:“このフィギュアは典型的なドイツ人をモデルにしています。我々はドイツ人はみんなこういう顔をしていると思っているんです。それに‘バスティアン’という名前はドイツではよくある名前です。”と語っています。



しかし法的にその中国の会社の言い分がまかり通ることはないだろう。メディア専門弁護士であるウルリッヒ・アメルングはビルトに対して:“これはシュヴァインシュタイガー個人の肖像権を傷つけるものだ。誰もが自分に対して肖像権を持っている。ハーケンクロイツをつけた国防軍として使うことは名誉毀損に値するだろう。それはおそらく6桁から7桁の損賠賠償金となるだろうね。”

20151023184851be8.jpeg

ではドイツ代表のキャプテンはこれに対してなんと言っているだろうか?


質問に対してシュヴァインシュタイガーも彼の事務所も何も答えたがらなかった。ビルトの情報によると、このスター選手はこのフィギュアの販売に対してすでに法的措置を取ったそうだ。






以上です。


コメント欄の炎上を恐れてか、コメント欄は閉鎖されています。(ビルトの記事にはいつもコメントできるようになっているんですが・・。)
しかしナチがテーマという事で多くのドイツ人の反感を買っているのではないかと想像します。

このフィギュアかなり良く出来ていますね・・・・。巷にあふれる劣化コピーではなくて、かなり精巧に作られているような印象で、顔は明らかにシュヴァインシュタイガ-に見えます。


ドイツ人の反応を見かけたらそれも取り上げてみようと思います。

201510231848469a2.jpeg
購読している新聞の記事



【おまけ今日のドイツ】

20151023185452119.jpeg

ドレスデン中央駅でイタリア物産展が開催されていました。サラミや生ハムが美味しそうでした。
[ 2015/10/23 19:20 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(8)
これググると第一電材(DiD)てとこ引っ掛かるんだが思いっきり日本の起業なんだが…ただ、取扱商品見るとケーブルとかなんだけどこのウメザワさんて方勘違いで記事にのっけられてませんかねw

一応中国本土、香港に支社有るみたいですが大衆紙ビルドですからどうなんですかね?どうなんですかね?
[ 2015/10/23 19:45 ] [ 編集 ]
ドイツと中国は持ちつもたれつの関係のくせにそもそも中国のメーカーに期待してる方が間違ってるんじゃね?というのが日本人の感想だな。
日本人社長はどうせフィギュア制作のノウハウ持ってて、中国はそのノウハウが欲しかったんだろうし。

シュバイニーはユナイテッドに行ったからプレミア人気の高い中国で一番身近な顔として
モデルになっただけだろうね。
[ 2015/10/23 19:54 ] [ 編集 ]
今までフィギュアというものをちゃんと見たことがなかったんですけど、
写真を見ると服や帽子などを着せ替えたり、物を抱えられるように肘を曲げられるってことですかね?
だとしたら凄く細かく出来てるんですね。それにしても、おもいっきりシュヴァインシュタイガーですね。
[ 2015/10/23 20:37 ] [ 編集 ]
マスメディアはドイツ国防軍とナチスを切り分けて報道してあげてほしいところです。意図的に同じものとしているのかもしれませんが。
[ 2015/10/23 22:01 ] [ 編集 ]
ちょっと春日に似てて笑った
[ 2015/10/23 22:16 ] [ 編集 ]
しかし、名前くらい変えれば良いのに。
宣伝費ケチろうとしたら莫大な金額請求されちゃったりしてw

まぁなんだ、社長の名前でツイとか検索は止めてさしあげろwww
[ 2015/10/24 08:08 ] [ 編集 ]
こういうフィギュアをどんな人が買うんですかね。
[ 2015/10/24 09:21 ] [ 編集 ]
DiD Corp
でググって出てくる方の会社でしょ
日本の企業ではないと思うけど
[ 2015/10/24 11:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。