ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、ガバラ戦の守備を批判!試合後インタビュー 《ドイツの反応》

トゥヘルの昨日のガバラ戦後のインタビューを西ドイツアルゲマイネ新聞より紹介します。






ドルトムントはガバラに対して3:1で勝利した。しかし試合序盤に失点しなかった事は幸運であった。トゥヘル監督はそれが気に入らない。


entry_img_670.jpeg


トゥヘルさん、あなたは3:1で勝利したガバラ戦での守備をどう説明しますか?



トゥヘル:我々は守りは悪かったですね。全てのエリアでそうでした。攻撃陣の攻守の切り替えもそうですし、普通の一対一でもそうでしたね。我々は最初5,6分は良かったのですが、その後で糸が切れてしまいましたね。一対一では度胸が足りず、注意力も足りませんでした。相手が先制しなかったのは本当に幸運でしたよ。そうなっていたらもっと難しくなっていたでしょうね。

スポンサーリンク



あなたはガバラの試合序盤のチャンスをものにしなかった事を喜んでいますか?


トゥヘル:そうなっていたらとても難しい状況になっていたでしょうね。対戦相手に対してあのようなゴールチャンスを許してしまうことで、相手が勝利を信じる事にもつながってしまいますからね。そのことは避けたかったですが、うまく行きませんでした。ここで勝利するのは簡単なことではないですから、そういう意味で相手に対する敬意は持っていますよ。我々が簡単に先制して、まったく危険のない試合となることは予想していませんでした。しかし結果はそうなったのでそれに対してはすごく満足しています。


20151024053128f41.jpeg

あなたのチームはヨーロッパリーグでどうしてそんなに(相手の)プレッシャーを受けるのでしょうか?


トゥヘル:もちろん緊張感がブンデスリーガと、K.O試合のある他の大会とでは違う事はあるでしょうね。それはどちらかと言えば普通の事だろうと思います。でも緊迫した状況を期待してはいけません。ブンデスリーガでは何度かそうなりました。上手く行った時もありましたが、そうでなかったこともあります。マインツ戦の時のように最初のチャンスを譲ってしまった時なんかは、ほんの少し運が必要になりますね。逆に我々が優れている場合は、最初のゴールが多くの安心感を与えてくれます。


今回はベストメンバーを送り出しましたが。


トゥヘル :他の選手を起用するということについてもよく考えました。でも先発が期待されていた彼らをプレーさせた事を嬉しく思いますよ。そうでなかったらもし失敗しても他の選手をプレーさせたためだと言われてしまっていたでしょうからね。間違いの責任を他に押し付けてしまったかもしれません。でも今回は失敗を分析するのは簡単です。もちろん失敗に対して言い訳はありません。我々は今回の事を軽く見てはなりませんし、そうして良い理由もありません。それは我々の目指す所ではありませんし、我々はそれに取り組むでしょう。



オバメヤンは素晴らしかったですね。


トゥヘル;彼は本当に輝いていましたね。最初の2ゴールを決め、さらに3点目を加えて、チームを安全な勝利へと導いてくれました。彼のハングリー精神、影響力、そしてゴール前での危険性はお手本のようですね。そういった意味では彼は他の選手にとっても指標となりますね。他の選手も彼の後に続く事を期待していますよ。でもオバがフィールド上にいて本当に良かったですね。今の状態の彼は代えのきかない選手です。彼は我々が持っていない何かを持っていますね。

entry_img_658.jpeg


彼には支えが欠けているようですが。


トゥヘル:ゴール前で危険な影響力を持つヘンリク・ミキタリアンがいない事に気付かされることになりましたね。マルコ・ロイスはまだちょっと彼のフォームを探している段階です。我々はみんな、彼が状態(ゴール前での危険性)を取り戻すのを助けるつもりですよ。我々の攻撃陣にはそれが必要ですからね。香川真司は時間とともに常に良くなりましたね。我々はそれによって様々なポジションからゴールを決める力があります。


20151024053127e3b.jpeg





以上です。


最後のインタビューを読むとやはりファンタスティック4には得点を期待しているような感じですね。ロイスの調子が良くなれば、香川選手の得点のチャンスが増えると思います。次はシュメルツァーが戻ってきますからそうした意味でも期待しています。

次節の相手のアウグスブルクは昨日のヨーロッパリーグで勝利しましたね。どちらも中二日ですし、そういった条件面での差はあまりありませんね。もちろんBVBの勝利を期待します。


※皆様大変多くの温かいコメントありがとうございます。元気がでました。これからも今までのようなペースで続けていきますので今後もどうぞよろしくお願い致します。おまけも続けますよ!


【おまけ今日のドイツ】

20151024054658179.jpeg


ベルリン大聖堂の内部
大変豪華で素晴らしい装飾でした。一見の価値がある大聖堂です。観光名所が多く点在するベルリンですが、ここもルートに入れることをお勧めします!

[ 2015/10/24 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(10)
そういや冒頭はギンターMOMでいいわと思った。左から華麗にくずされてたし、フンメルスェだったし。
ただ、その後ギンターも華麗に抜かれてホフマンが守備でいいフォローしてるなあ、と思ったり。
トゥヘルは過密日程だから、という理由をつけてブロック作って後は前でカウンターしてきてという
戦術をチームに覚えさせるいい機会かもしれませんね。

フンメルスあたりが嫌がるかもしれませんが、20代前半で優勝した時みたいにずっと走れるほど若くは
ないんだし試合中にずっとプレス守備ではなくて、毎試合3点、5点とか取って勝つことより、過密日程で勝ち点3を取る
為には試合中に適当にボール回していく賢さがこれから役に立つ日が来るはずですから。

管理人さんは図太くいてください。海外発送してるから楽天アフィとか入れてドイツからショッピングするのもいいですよ!
[ 2015/10/24 07:03 ] [ 編集 ]
管理人さんの元気が戻って良かったです。
記事は守備の部分は初めて読みました。
トゥヘルの言う通り本当に少しのミスが相手を調子つかせる原因になる典型でしたね。
フンメルスは何であんなにボーっとしてたのか気になりますし疲れならアウグス戦はサブでも良い気がします。
絶対にまた連勝を最低でもシャルケに勝つまでしなければならないので守備の集中に期待します。
[ 2015/10/24 08:13 ] [ 編集 ]
シュメが先発に戻ればSB香川なんて事から解放されそうですね。
[ 2015/10/24 08:16 ] [ 編集 ]
管理人様、いつもありがとうございます。元気が出て良かったです。私はまだまだサッカー通ではありません。寸評に一喜一憂してましたが、そんな風にとらえたらいいんだ!と思いました。スポーツ選手は、勝つ時もあるし負ける時もあります。でもそれは自分の力をではどうすることもできませんよね。どんな時も応援し続けていきたいと思います。
動画も有難いです。うちはスカパー観られないので。ブンデスリーガは、いつも遅れてBS1。カメラワークが日本人向けなのでとても観やすいです。
良いシーンは何度も繰り返し観て、スローで観てみたりと…やっと選手と名前が一致。ドルトムント大好きです。
[ 2015/10/24 09:13 ] [ 編集 ]
ロイスが復活してくると、相性いい香川にとってもいいことだからね。香川も、ゴールが決まれば他のプレーにもいい影響がでるから。トゥヘルはやっぱりこの4人にかなり期待してそうだね。
[ 2015/10/24 10:37 ] [ 編集 ]
いつも楽しみに読ませていただいています
私は香川選手のファンですが、良い評価はもちろん、厳しい評価や記事も日本のメディアのフィルターを通さないそのままの訳で紹介してもらえて感謝しています

トゥへルのコメントはいつも率直ですね
守備の修正に期待しましょう
[ 2015/10/24 10:39 ] [ 編集 ]
今日も記事お疲れ様です
いつも楽しみに見させて貰ってます
おまけもドイツのこと知れて楽しいです
色々な記事みるのは楽しいですが無理だけはせずにあくまでも趣味の範囲で、管理人さんの負担が大きくなりすぎないようにしてくださいね
応援してます!
[ 2015/10/24 14:33 ] [ 編集 ]
管理人様いつもお疲れ様です。

「現地の記事をそのままの温度で紹介する……」というスタンスは貴重だし、ありがたいです。
このサイトの良さの1つだと思います。

更新を楽しみ待ってますので、無理のない程度に頑張って下さい。

おまけ今日のドイツも良いですよね~
ドイツに行きたくなります。
[ 2015/10/24 16:39 ] [ 編集 ]
ドルトムント愛が感じられる素晴らしい記事を毎度ありがとうございます、ドルトムントの最新情報はここでいつもお世話になってます!
[ 2015/10/24 16:46 ] [ 編集 ]
トゥへルは選手を酷使しないといいながらフンメルスとパパを酷使しすぎ。代表もフルで使われてまったくろくな休みをとれてない。
スボをハブっているようだけど、ベンダーとともにローテーションにいれて休みをとらせなきゃケガしてしまうよ。
ベストなパフォーマンスであればフンメルスはすばらしい結果をだすのだから。前から薄々思っていたけどトゥへルはやっぱりクロップ時代の選手を出来る限りの使わないようにしてるんでは? 
ゲーゲンプレッシングもそうだし、クロップの遺産のおかげなんて口ではいってるけど、クロップ色を早く取り除きたかったんだと思えるわ。
バイヤンに完敗したのもドルのメンバが代表でレーブに批判されたのは結果的によかったかも。トゥへルにはいいクスリだわ。
ガバラ戦ではその修正が垣間見れたようだし、あとはセットプレイで得点をあげるスボを早く試合に出すようにしてくれれば、ドルはもっと良くなる事間違いないわ!
[ 2015/10/25 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。