ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー「香川が日本人初1試合3アシストを達成!」ベストイレブンにも!日本人+BVB選手採点まとめ《ドイツの反応》

早速キッカーを購入しましたので、日本人とBVB選手を中心にまとめました。

ルーアナハリヒテンの採点と寸評西ドイツアルゲマイネの寸評と採点はこちらです。




entry_img_676.jpeg

【今週のベストイレブン】

ウジャ
オバメヤン
ベララビ
香川
メメディ
シュテンデラ
ガルチア
フェスターガールト
ラングカンプ
コルプ
ヤールシュタイン

20151026181926116.jpeg

スポンサーリンク



【今週のベストプレーヤー】


ピエール・エメリック・オバメヤン


トーマス・トゥヘルが、オバメヤンはチームに多くの物を与えてくれる、と語る時、彼はオバメヤンの得点率ばかりを考えているわけではない。でも得点率だけをみてもこれは本当に注目すべきだ。日曜日のアウグスブルク戦でハットトリックを達成したことで彼は今シーズン13ゴールとなったが、BVBの歴史において、10試合目にして13ゴールを達成した選手はまだいない。これまでの記録は1965/66シーズンにローター・エメリッヒが記録していた11ゴールだった。そのシーズン、エメリッヒが合計31点で得点王となっている。オバメヤンは今シーズン最低でも20ゴールすると公言し、中には生意気だと受け取った人もいたが、彼は言葉以上の結果を出している。

2015102618261567a.jpeg


【スコアランキング】

香川選手が8ポイントで7位に。アシストはコスタの11アシストに次いで2位。1位はオバメヤン。


201510261827476bd.jpeg


【記録チェック!】

ドルトムント対アウグスブルク 5:1

ドルトムントはシーズンをまたいでホームで9試合連続で最低2ゴールをあげている。こうした記録は1994年の3月から10月にかけてヒッツフェルト監督の記録している。当時はホーム10試合連続で2得点以上を記録した。


アウグスブルクにとってはブンデスリーガで4点失点以上を記録した4度目の試合となった。そのうち3回はボルシアドルトムントが相手で、後の一回はバイエルンである。


香川真司はブンデスリーガにおいて1試合3アシストを記録した初の日本人選手となった!

201510261823017b2.jpeg



【日本人採点まとめ】



香川 1.5
大迫 5
酒井 4.5
清武 3.5
長谷部 4
武藤 3.5
原口 4.5
山田 3


【ドルトムント対アウグスブルク 試合詳細】



・ドルトムント採点


ビュルキ 3、ギンター 2.5、ソクラティス 3、フンメルス 3.5、シュメルツァー 3、ベンダー 3、ギュンドガン 2.5、香川 1.5、ロイス 2、カストロ 2.5、オバメヤン 1.5

・アウグスブルク採点

ヒッツ 3、マックス 4.5、クラヴァン 4、ブラッカー 5.5、フォイルナー 4.5、エスヴァイン 5、バイヤー 4.5、コーア 5、ク 4、トロコフスキー 5、ボバディア 3.5


・審判 グレーフェー 3


全体的に手堅いパフォーマンスだったが、3:1の場面ではボバディアのオフサイドを見逃し、それが少しパフォーマンスに傷をつけた。


・試合 2

激しい前半はエンターテイメント性抜群だった。後半は少し試合の勢いが落ちた。



・試合分析

ドルトムントの機動隊がアウグスブルクに対して解決不可能な問題を引き起こした。両チーム共にヨーロッパリーグ3日後の試合となったがBVBはすぐに彼らの力を示した。非常に早い段階で相手を攻撃し、試合の舵をとり、テンポを高く保った。アウグスブルクはゴタゴタしてしまい、一度もそこから逃れることができなかった。守備においては香川、ロイス、オバメヤンに対して、相手を伴走する以上の事はできなかった(ブラッカー、フォイルナー)。

アウグスブルクには攻撃性と正確性が賭け1ダースものだらしないパスを出した。酷いミスが必然的に“不十分”なフェスティバルを引き起こすことになり、早い段階で3:0とされてしまった。オフサイドポジションからの得点がわずかに希望を与えた。前半と比べてBVBの攻撃陣はスペースを見つけることができず、守備もゆるくなっていた。しかし試合終盤にボルシアは再びギアを一段階上げた。


・まとめ

ドルトムントはこの激しい前半のためまったくもってふさわしい勝利を手に入れた。


・マン・オブ・ザ・マッチ

オバメヤン

このガボン人は2試合続けてハットトリックを達成した。オバメヤンは引き続きゴール前での冷静さを発揮し、思いのままにゴールしている。


【ガバラ戦キッカー採点】


ドルトムント選手

ヴァイデンフェラー 3、ギンター 2、ソクラティス 3、フンメルス 5、パク 5、ギュンドガン 3、ヴァイグル 2.5、香川 3.5、ホーフマン 4、ロイス 4、オバメヤン 1.5

201510260725023bc.jpeg




以上です。


とりあえず、キッカーからまとめました。

今後の予定ですが、今日中に香川選手の残りの寸評をまとめて更新したいと思います。その後明日にかけて香川選手をタイトルに持ってきたビルトレビュー記事や、香川選手を絶賛するツォルクのコメントなどを紹介したいと思います。

ルーアナハリヒテンの採点と寸評西ドイツアルゲマイネの寸評と採点はこちらです。


【おまけ今日のドイツ】

CIMG2930.jpg

ドレスデンにあるオペラ歌劇場
バルコニー席から撮った様子です。装飾が豪華で特別良い気分になりますよね。ドルトムントが勝った今の管理人の気持ちです。

香川選手すごいですね。初の日本人、、どんどん記録を作ってほしいです。
キッカーベストイレブンは本当に嬉しいです
[ 2015/10/26 19:12 ] [ 編集 ]
管理人様…いつもありがとうございます。真司クンのおかげで今週は月曜から張り切って…カラまわっております。アシストは3つともタダのアシストではなく、凄ぉいアシストでしたっ‼︎幸せ気分です。
お忙しいとは思いますが、丁寧で誠実な管理人様の翻訳を頼りにして楽しみに待っております…今後ともよろしくお願いします。
[ 2015/10/26 19:18 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
香川選手、キッカーのベストイレブン3回目だなんて、これ、凄いことですよね!
[ 2015/10/26 19:31 ] [ 編集 ]
どのアシストも素晴らしいプレーでしたが
あえて、あえてなんくせをつけてみるならば
どれも、完全に相手を格下と認定したプレーですよね。上相手にはできるかってとこです。

ひとつ目はターンした後、離れるドリブルではなく相手側に切れ込んでいく
オメーよりキレもスピードもあるよ文句あるかってプレーだし
二つ目も完全に狙ったオサレヒールで
3つめに至ってはオラオラキープで4人惹きつけて、どフリーな味方にパス。
弄んでる形でした。
次にバイエルンにも同じようなプレーでやり返せれば言うこと無いのですが。
[ 2015/10/26 19:34 ] [ 編集 ]
オーバメヤンは怪我も少なく仕事をサボらずスタミナも有りチームプレーヤーでありながら決定力があって、なにより人柄が良い。本当に最高!
[ 2015/10/26 19:50 ] [ 編集 ]
オーバメヤンのベストイレブンが初!?
すごく意外でした
レヴァとミュラーのあおりを受けていた一番の被害者なのかも…
[ 2015/10/26 19:51 ] [ 編集 ]
管理人さん!おめでとう!w
香川選手!Dortmund!おめでとう!

ツォルクとトゥヘルにコメント見たい!w
[ 2015/10/26 20:25 ] [ 編集 ]
現地の一言ネタ含め、いつも楽しみにしています。ありがとうございます。

[ 2015/10/26 20:48 ] [ 編集 ]
今まで3Aしたことなかったのか。連覇時にしてるかと思ってました。
続報も楽しみです。
[ 2015/10/26 21:27 ] [ 編集 ]
忙しい中で沢山の記事のアップありがとうございます!
ドルトムントが大勝して香川も活躍して本当に記事を読むのが楽しくて仕方ありません!
アシスト3って本当に珍しいし凄いですよね。
でも昨日はアシストもですけど香川のスタミナが化け物クラスになってる事にも驚きました。
どんどんチームと共に成長してますね!
これからが更に楽しみです!
[ 2015/10/26 21:32 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます
活躍すると明るい気持ちになり生活に活気が出てしまう!
きっとドルサポたちもこんな毎日なんでしょうねー
チームの成績に一喜一憂w
サッカーが生活の一部です!
[ 2015/10/26 21:57 ] [ 編集 ]
香川これでシュート打てたら全盛期越えるな
[ 2015/10/26 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。