ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙が香川の特集記事を掲載!「BVBの小さな魔法使い!」《ドイツの反応》

今日のルーア・ナッハリヒテンに香川選手の特集記事が掲載されましたので早速紹介します。






まるで最高のシーズンの時のようだ。


香川真司:BVBの小さな魔法使い!


entry_img_679.jpeg

ドルトムント:5:1で勝利したアウグスブルク戦では勝者となったオバメヤンとマルコ・ロイスに対してブンデスリーガがひれ伏した。しかしこの日曜日はこの二人の攻撃陣の影に隠れてもう一人の黄色と黒の選手が輝いていた。

香川真司は2014年8月にボルシアに戻ってきて以来最高のプレーを見せたのだ。


スポンサーリンク



ハットトリックを決めたピエール・エメリック・オバメヤンは控室へと戻る通路で踊った。スタジアムには歓声が響き渡っていた。オバメヤンの数メートル先では2ゴールを決めたマルコ・ロイスがインタビューに答えていた。これは香川真司にとっては気づかれずにスタジアムから去るには絶好のチャンスだった。この日本人もこの試合のスターだったのだ。


彼の2:0と3:0のアシストは彼の最初のBVB時代を思い出させるものだった。彼は無名のお買い得選手としてブンデスリーガの対戦相手の守備陣を切り裂いたのだ。それはまるで彼がボールに魔法をかけたかのようだった。そしてこの試合のアディショナルタイムに彼はもう一度5:1を決めたオバメヤンをアシストし花を添えた。それはこの編集部にとっても採点で「1」に値する活躍だった。“シンジは再び昔に戻ったよ。”とBVBのスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクも満足そうに語っている。



長い助走期間



香川は14ヶ月前にマンチェスターから戻ってきた後で長い助走期間を必要とした。イングランドの工業地帯では彼の軽やかさが失われてしまったのだ。この26歳は新鮮さと軽やかさを取り戻すために試行錯誤していたのだ。この日本人は昨シーズン公式戦で、6ゴール、10アシストと16のスコアポイントを記録していた。これは決して悪い成績ではないが、このテクニックのある選手にとっては全くふさわしい成績ではなかった。


今シーズンは彼にできる事を示している。ポゼッションに重きをおいたボルシアのスタイルは香川に明らかに合っているようだ。“彼は本当に高レベルでプレーしているよ。”とツォルクは日曜日に語っている。“シンジはそれほど多く得点していないけどその分多くアシストしているね。彼は僕らにとって本当に重要な礎石となっているよ。”


また彼が残した数字もこのスポーツディレクターにとっては十分なようだ。彼は今シーズンこれまでに5ゴール8アシストを記録している。チームではオバメヤン(25ポイント)とミキタリアン(18ポイント)だけが彼よりも優れた数字を残している。


小さな魔法使いが再び戻ってきた!

201510260724391b2.jpeg




以上です。


香川選手の大活躍という事で、ドイツで掲載された記事を取り上げています。2日過ぎて目新しさは減ってしまったかもしれませんが、まだ幾つか記事がありますので、のんびり取り上げていきたいと思います。


【今日のドイツ語】

Lass das mal den Papa machen , der Papa macht das gut.

ラス・ダス・マル・ディン・パパ・マッヘン。
デア・パパ・マハ・ダス・グートゥ。

(訳:パパに任せろ!。パパがなんとかするさ!)


昨日チームでソクラティスの契約延長が発表されましたね!これはうれしいニュースです。というわけで彼のテーマソングをどうぞ!

2015102718051321a.jpeg





彼が実際に歌っています。



こちらが元ネタ。「Stromberg シュトロームベルク」というドイツコメディ映画のテーマソング

テーマソングの題名は、上に書いたとおりですが、この場合は「父ちゃんに任せろ!父ちゃんがなんとかするから!」。歌詞のパパというのは勿論父ちゃんのことですが、ソクラティスの“パパ”とかけています。





ラス・ダス・マル・ディン・パパ・マッヘン!!!

皆で歌いましょう!
[ 2015/10/27 18:25 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(25)
パパ面白すぎwww
しかし見た目おっさんすぎるわ
今ドルトムントで対人最強のCBだな
これからも楽しみだ
[ 2015/10/27 18:38 ] [ 編集 ]
パパ歌下手やなぁww

ソクラテスはとても「堅実な」DF。華やかさはないけれど、その堅実さは絶対にチームに必要な要素。そしてそれはフンメルスという「攻撃的な」DFと組み合わせることでさらに良くなる。パパが評価されるドイツはやはり見る目がある。
[ 2015/10/27 19:13 ] [ 編集 ]
香川は何回復活するんだ
活躍するたび言われてるな
[ 2015/10/27 19:17 ] [ 編集 ]
香川選手がボールを持つといつもワクワクしてしまうのは、ドイツ人も同じなんでしょうね
好調な時のプレイは本当に楽しいです

パパも好調で、プレイもとても力強いんだけど、どこかおちゃめな感じがしますね
動画で何を言ってるのかわからなかったのですが、理解できました
元ネタがあるんですね

bvbは魅力的な選手が多いですね
[ 2015/10/27 19:19 ] [ 編集 ]
久々の♪パパマッヘンw無表情すぎw

そんなことより、記事の修飾語がポエムじみていて、香川選手への最大の賛辞を送ろうと文章を推敲している記者の頑張りが感じられます
前ドルトムント全盛期もキッカーなどで詩的な表現が多用されていて、それを思い出しました
いつも面白い記事ありがとうございます、良い時も悪い時も、ドイツ現地の情報をいち早く教えて頂けることに感謝しています
[ 2015/10/27 19:23 ] [ 編集 ]
ま、まだルーアナッハリヒテンの信用は自分の中で回復してないし(にやけた顔で)

ソクラテスは単独で危険なカウンターを止めてしまいますからね
本当にこのチャント通りだと思います
そんなCBが契約延長してくれて最高です



[ 2015/10/27 19:26 ] [ 編集 ]
パパひどい棒読みwww
言わされてる感が半端ない!!
[ 2015/10/27 19:38 ] [ 編集 ]
やっぱりRNは前所属時代を基準に今まで採点していたみたいですね。
[ 2015/10/27 19:54 ] [ 編集 ]
管理人ありがとうございます。
パパは本当にたのもしいですよね。
小競り合いになったとき、いつも早くパパ来て!って思いながら見てますww
[ 2015/10/27 20:02 ] [ 編集 ]
おおお! 元ネタの情報、ありがとうございます。
動画を見た時、ソクラティスさん、一体なにやっとんの!???!? とか思ってたんですよ!
元ネタの情報を教えていただいてやっとわかりました!!
[ 2015/10/27 20:04 ] [ 編集 ]
管理人さん、お疲れ様です。
小さな魔法使い、ですか…
いや、香川はそんなに小さくないですよね?
ドイツ人は平均身長が高めなのかな⁇
[ 2015/10/27 20:26 ] [ 編集 ]
ソクラテスの顔完全にムヒタリアンのパパ(父親)じゃん
[ 2015/10/27 20:30 ] [ 編集 ]
この歌そういうパロディ的な意味だったんですね!ずっと気になってました(笑)ありがたや
[ 2015/10/27 20:40 ] [ 編集 ]
昨年香川がBVBに戻ってきたときクロップやツォルクは「自信を取り戻し、以前のように戻るには1年くらいかかるものだよ。焦らず待ってあげてね。」みたいなことを言ってましたよね。
今シーズン、ほんとだった!と感心しております。監督、ダイレクターもさすがプロですね。
[ 2015/10/27 20:59 ] [ 編集 ]
パパwww
BVBだとフンメルスのが評価されてるみたいだけど、私見ではパパの方が安定感があると思う。
[ 2015/10/27 21:05 ] [ 編集 ]
どんな記事を読んでも嬉しいのは衰えませんねw
香川には感謝です!
流石にポカールでは完全に休んで欲しいですし他の選手も大分フィットしてきたのでドンドン試して欲しいです。
関係ないのですが、最近、香川が得点してもチャントが聞こえないのですが、放送で聞こえないだけなんでしょうか?
管理人さんはドイツ在住でらっしゃるので何か知っていたら教えて貰えたら嬉しいです。
多分、日本では気にされてる人も多いと思います。
[ 2015/10/27 21:56 ] [ 編集 ]
ヒュー!クールだぜ!
[ 2015/10/27 21:59 ] [ 編集 ]
ドルのパパは、熱い男。
ワールドカップの時のことが思い出されます。
香川真司がドルトムントに戻ってからも、いい感じで熱いシーンがあった。
棒読み(?)みたいな歌も、ちょー笑える!

日本でのスポーツ新聞では、久しぶりに香川真司の活躍が大きく取り上げられました。
すごく嬉しく眺めながら、今日、ランチタイムを過ごしましたよ。

管理人さん、いつもありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたしますね。
[ 2015/10/27 22:04 ] [ 編集 ]
この動画をずっと前にみたことがあって、何を歌っているのか(何かとなえているのかとも・・・)気になっていたので、ここで知ることができて嬉しかったです。
岡崎が「ブンデスで一番手強いディフェンダー」と言っていましたね。
[ 2015/10/27 22:33 ] [ 編集 ]
パパ延長良かったですね。
パパはシュメ以外、クリーンすぎる選手が多いドルトムントの中で、まずい時は流れを
止めるために必要以上に痛がり演技するときがあったり、数的不利でも
何か?って感じでカードもらって止めたり本当に素晴らしいCBですよね

フンメルスは組み立てできる素晴らしいCBですが、前プレスがーと言ったり少し
子供っぽい部分がまだ残ってたりするので、それと対比してるパパのえげつなさは
流石に素晴らしいディフェンダー陣がそろっていた当時のミランにサブといえど
いただけはあるな、といつもニヤニヤしてしまいます。
負けてたら、ドリブルでつっこむという悪い癖はパパにもありますが

トゥヘルがEl遠征メンバーについて突っ込まれたときに、スボよりベンダー優先だったので
スボの移籍が決まってるのでは?と日本では推測されてるのですが、今回の
パパの突然の延長でそれが当確なのかなあ、と複雑でもあったり。
フンメルスの更新を予定していて給与格差がでるから、その前にパパの更新を
もってきただけだといいのですが
[ 2015/10/27 22:41 ] [ 編集 ]
>昨シーズン公式戦で、6ゴール、10アシスト

これで本来の香川の出来じゃない!って言われるんだからすごいやな。このときの香川よりも苦戦してる選手はたくさんいるだろうに。
[ 2015/10/27 23:18 ] [ 編集 ]
パパかわいいな
[ 2015/10/28 09:05 ] [ 編集 ]
香川選手のチャントは、
前BVB時代本当にセンセーショナルな活躍だったこと(Jリーグからわずかな移籍金で、彗星のごとく現れファンタスティックなプレー)香川選手が決勝点をあげて勝利するパターンが多かったこと
それで毎回のように歌われていたんだと思う。
今はオバメヤンやロイスなども本当にサポーターを魅了するプレーをするから、香川だけ歌うっていうのは少し不自然なのかもしれませんね。元々ドイツは個人のチャントを歌う文化じゃないらしいですし。
でもアウクスブルグ戦では試合終盤、部分的に客席からチャントが聞こえたらしいです。今後香川選手の圧倒的なプレーで2-0で勝利とかあったら全体で歌われるかもしれないですね。
[ 2015/10/28 09:36 ] [ 編集 ]
なにげなく元ネタの方から先に見てしまったので、その後でパパの動画見たら吹き出してしまったw
[ 2015/10/28 12:08 ] [ 編集 ]
元々個人のチャントは歌わないらしいよ元々

ただ以前の香川がすごすぎて歌われてただけかな

今はすべての選手が不調と好調の波が激しいから
チャントを歌いづらい(笑)

ずっと好調なのはオバメヤンぐらいじゃないかな
[ 2015/10/28 17:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。