ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表W杯優勝者「BVB好調は香川のおかげ!」と語る!《ドイツの反応》

元ドイツ代表で1990年にワールドカップで優勝し、バイエルン・ミュンヘンやシャルケでプレーしたオラフ・ト-ンは、現在スポーツチャンネルSport1で解説者を務めていますが、ドルトムント好調の原因について以下の記事のように語りました。Sport1のサイトの記事になります。また記事が短いので後で発見した新聞の寸評を掲載しました。





【Sport1.de】


オラフ・トーンが再び強い力を取り戻した香川真司について語る!


トーン:BVBの勢いは香川のおかげ!


entry_img_680.jpeg


Sport1の専門解説者であるオラフ・トーンは香川真司がボルシア・ドルトムントの成功の原因だと述べている。



スポンサーリンク



Sport1の解説者であるオラフトーンによると、ボルシア・ドルトムントの現在の勢いの原因は、トップストライカーのピエール・エメリック・オバメヤンだけでなく、再び強い力を取り戻した香川真司にあると語っている。


この中盤の選手は、5:1で勝利したアウグスブルク戦において3ゴールをアシストしており、ここのところ再び最初のドルトムント時代のような状態になっている。


“アウグスブルク戦では何よりも香川真司の事が気に入ったよ。彼は中盤でイルカイ・ギュンドガンともよい調和をみせているね。”とSport1のテレコム試合分析コーナーで語った。




【トランスファーマルクト】


ユーザー投票でベストイレブンとベストプレーヤーに!


トランスファー・マルクトのユーザー投票によって第10節のベストイレブンが選ばれた。BVBの香川真司は4回目のベストイレブン選出となり、5:1となったアウグスブルク戦ではアシストをして勝利へ導いた。今節のベストプレーヤー

20151028040723c62.jpeg



【フスバール・トランスファー】

ベストイレブン+今節の“渦巻き”に選出!


今節の渦巻き


香川真司:BVBに復帰してから数ヶ月の間、この日本人は驚くほど弱々しいパフォーマンスを見せていた。昨シーズンの後半戦は少しずつ良くなっていたが、ようやくきちんと点火したようだ。5:1で勝利したアウグスブルク戦でも香川は再び喜びあふれるプレーを見せた。稲妻のように素早い方向転換、確かなパス、そして数々の創造的なプレー等、香川は輝かしいパフォーマンスを見せた。




【Gibmichdiekirsche】

ドルトムント機関誌 香川採点 1.5


この日本人の偉大なプレー。アウグスブルクの守備陣はこのドリブルキングを制することができなかった。そして3つのアシスト(21.33.90)。2:0の場面ではサイドから力強く中央へと入り、3:0の場面では素晴らしいヒールパスでアシストを決めた。チャンスはあったが、惜しくも彼自身によるゴールはならなかった。

201510260724391b2.jpeg





以上です。


寸評などをまとめました。記事ではオラフ・トーンのコメントが少ししか引用されていませんでしたので、実際の所、そのテレビ番組内でどのぐらい香川選手に言及したのかは分かりませんが、記事はこのような見出しで出されていました。


それからベストイレブンの寸評がありましたので追加しました。


明日スポーツビルト等で新たな記事がでるかもしれませんが、そうでなかったら香川選手関連は次の更新あたりで最後になると思います(部分的な記事があと2つぐらいあります)。

さてそうこうしている間にポカールが近づいてきましたね。相手はパダーボーン、と非常に注目のカードとなりました。その理由は最近パダーボーンの監督にスカイ解説者として、またCLに優勝するなどして選手としても非常に人気があったエッフェンベルクが就任したからです。彼が就任してからパダーボーンは勝っていますから侮れませんね・・。


【おまけ今日のドイツ】

CIMG2993.jpg


CIMG3020.jpg


ドレスデンにある公園で秋の散策をしました。
紅葉が綺麗で清々しい気分になりました。
[ 2015/10/28 06:07 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(12)
一人ではチームを支えるのは無理で誰がでてもある程度選手に共通意識が出てきたことが一番じゃないかと。
ちょっと前まではその辺の意識にずれがあって、バランス壊してたのをトゥヘルがうまく修正して来たことが一番褒められるべきでしょうね

それより、急に持ち上げてくるのもうさん臭いと思える位になってしまった。
サッカーの戦術ではドイツは緻密なのに、マーケティングは下手だよね。ずれてるというか。
イングランドあたりは、アジアといってもエリアでどれ位違うかまで把握してて香川を利用しまくってたけど
ドイツって下手だよね。でもイングランドと違ってきちんとサッカーさせてくれて日本人としてはとてもとてもありがたい。
だから、サッカー面で支援してくれて、ブンデスのコンテンツを広げようとするなら、香川は十分協力すべきだも思うけど、
肝心のドイツがものづくりはうまいけど、売るのが下手っぽくてズコーっと感じることが多い。

というかマーケティング面におけるどんくささが逆にドイツの特徴なのかな、とも思ったり。
その真逆が某国だったりいろいろうまくいかないものですね。
[ 2015/10/28 07:14 ] [ 編集 ]
今週は本当にドルトムント、香川の記事が多くてビックリしますねw
管理人さんも本当にお疲れ様です!
楽しく読ませて貰っています!
また今日のポカールはT.O.して最低でも香川、オーバ、ギンターは休んで貰いたいですね。
毎週のようにこんな良い記事で溢れるシーズンにこれからもなったら最高です!
管理人さんは大変ですけど(^^;
[ 2015/10/28 07:25 ] [ 編集 ]
管理人さん翻訳感謝です!
紅葉の時期ですねー。
日本は気温が安定しない日が続きますが、ドイツではいかがなのでしょう?
管理人さんも体調にはお気をつけてくださいー。
[ 2015/10/28 08:03 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとう。
[ 2015/10/28 08:35 ] [ 編集 ]
ここまで褒められるとさすがに戸惑います。

パダーボルンの情報を読んで不安になってきました。
キルヒと再会だな、というのほほんとした考えしかなかったです。
管理人さんは本当にサッカーがお好きなんですね。
ポカールは1部のチームが結構敗れてて大変なことになってるので、気を抜いてちゃいけないですね。

以前、細貝選手とニクラスくんの記事をこちらでも紹介されてましたが、
その細貝選手のインスタグラムをもうチェックされましたか?
ニッキーくんの写真を投稿してて、本人か定かではないのですが、ニッキーくんが日本語でコメントしてました。
この二人の関係を見ると涙腺が緩くなります。
投稿は一週間も前のことなのですが、「お気に入りの記事」と仰っていた記憶があるのでお伝えせねばと。
既にご存知であれば申し訳ありません。
[ 2015/10/28 10:01 ] [ 編集 ]
香川がんばれ
[ 2015/10/28 10:13 ] [ 編集 ]
エッフェンベルクといえば、フィオレンティーナで日本人が大活躍する漫画を思い出す
タイトルは忘れた
[ 2015/10/28 10:33 ] [ 編集 ]
ドイツ人と結婚して、向こうの監督とかになったらおもろい。
[ 2015/10/28 15:25 ] [ 編集 ]
管理人様たくさんたくさんありがとうございます。夢のようデス…
でも…昨日から「真顔のパパ・マッヘン♪」が読経のようにアタマの中を駆け巡っております…面白すぎましたっ‼︎
[ 2015/10/28 17:08 ] [ 編集 ]
>選手としても非常に人気があった

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
ドイツ人ってヒールが好きなのかな?
[ 2015/10/28 20:34 ] [ 編集 ]
マンU移籍前の香川が必要以上に美化されていて、良いプレーをしても「想い出の中の、あの頃の香川」と比較されて評価されにくい香川がかわいそうになる
当時、点こそ取っていたものの試合中消えていることも多く、プレー自体の質も結構波があって、むしろ今のほうが安定して機能しているのに
今季の多くの試合では、すでに当時の香川と比肩しうるだけのプレーは十分していたと思うんだけど、点を取らないとドイツメディアは「戻った」と見なさないのだろうか
とはいえ香川のプレースタイル自体が変わったから本当に「戻る」ことはないのだけれども
[ 2015/10/28 20:53 ] [ 編集 ]
ドレスデンは89年夏以来行ってませんがまた東ドイツ地域を旅したいな~
[ 2015/10/28 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。